比佐昌平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
比佐昌平

比佐 昌平(ひさ しょうへい、1884年明治17年)3月3日[1] - 1941年昭和16年)11月23日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)。

経歴[編集]

福島県石城郡湯本村(現在のいわき市)出身。早稲田大学政治経済科卒業。

1924年大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬。対立候補は星製薬社長の星一であったが、「薬は星、政治は比佐」のキャッチフレーズで勝利を収めた。

以後、当選回数は6回を数え、第2次若槻内閣第1次近衛内閣陸軍参与官を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、20頁。
  2. ^ 『官報』第4482号、昭和16年12月15日

参考文献[編集]

  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。