渡辺海旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国士舘の設立を協議する有志 前列左から頭山満野田卯太郎渋沢栄一徳富蘇峰、後列左から花田半助、渡辺海旭、柴田徳次郎[1]

渡辺 海旭(わたなべ かいきょく、明治5年1月15日1872年2月23日) - 昭和8年(1933年1月26日)は、東京・浅草出身の学僧。浄土宗の僧侶。社会事業家。阿雷狂史・壺月と号す。

略歴[編集]

明治32年(1899年)、浄土宗留学生として12年間ドイツへ留学。帰国後は大正大学東洋大学教授を歴任し、芝中学校校長をも務める。社会事業に尽力し、生涯独身で通した。新仏教同志会創設に関与。

また、カルピスの名付け親でもある。

高楠順次郎を補佐して『大正新脩大蔵経』の出版にあたった。

親族[編集]

主著[編集]

著作集[編集]

  • 『壺月全集』上下(壷月全集刊行会、1933年)

論文[編集]

評伝[編集]

  • 前田和男 『紫雲の人、渡辺海旭 - 壺中に月を求めて』(ポット出版、2011年)
  • 西村実則 『荻原雲来と渡辺海旭 ドイツ・インド学と近代日本』(大法輪閣、2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 田中健介 『柴田徳二郎伝』(PDF)、9頁。2011年6月5日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]