足立文太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
足立文太郎
Buntaro Adachi.jpg
生誕 1865年8月1日
日本の旗 日本静岡県伊豆
死没 (1945-04-01) 1945年4月1日(79歳没)
日本の旗 日本京都府
国籍 日本の旗 日本
研究分野 解剖学人類学
研究機関 京都帝国大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 日本人脈管の研究
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞1930年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

足立 文太郎(あだち ぶんたろう、慶応元年6月15日1865年8月1日) - 1945年昭和20年)4月1日)は、日本解剖学者、人類学者。軟部人類学、とくに日本人を対象とした解剖学研究の先駆者。

静岡県伊豆出身。東京帝国大学医科大学卒業後、1899年からドイツストラスブルク大学に留学、帰国後第三高等学校教授を経て、京都帝国大学医学部教授となり、解剖学を担当。の異常の統計学的研究のほか、諸民族の体臭耳垢についての遺伝学的・組織学的研究などが知られる。1925年定年退職後、大阪高等医学専門学校(現:大阪医科大学)の初代校長を務めた。1930年帝国学士院恩賜賞を受賞。女婿に作家の井上靖がいる。

外部リンク[編集]