前田利弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 利弘(まえだ としひろ、1929年昭和4年)2月24日[1] - )は、昭和期の華族子爵)。

経歴[編集]

加賀前田家第16代当主前田利為侯爵の三男として生まれる[1]1933年3月5日大聖寺前田家当主の前田利満メキシコに永住することとなり隠居したため、同年4月1日、利満の母・亀子の養子となり子爵を襲爵した[1][2]

学習院高等科慶應義塾大学経済学部を卒業し、安宅産業に入社した[2]1952年、設立間もない日本航空に入り、ニューヨーク支店、マドリード支店などで勤務後、社員教育の主任教官となり後進を指導した[2]

旧藩主家当主として首都圏在住の加賀市出身者の郷友会「東京加賀江沼のもん会」名誉会長を務めている[2]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、536頁。
  2. ^ a b c d 『月刊北國アクタス』2016年9月号、『加賀藩支藩の末裔が守る「前田家のDNA」』。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
前田利満
子爵
大聖寺前田家第3代
1933年 - 1947年
次代:
華族制度廃止