前田孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 孝(まえだ つこう、1872年7月12日明治5年6月7日[1] - 1937年昭和12年)11月17日[1])は、明治から昭和期の神職華族男爵)。

経歴[編集]

加賀藩重臣前田対馬守家第11代当主前田孝敬の子として生まれる[1]1887年2月1日、父の死去により家督を継いだ[1]1900年5月9日、父孝敬の明治維新における功績により男爵に叙爵された[2]

1912年5月31日から1936年8月31日まで加賀藩前田利家を祀った尾山神社の第2代宮司を務めた[3][4]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、542頁。
  2. ^ 『官報』号外、明治33年5月9日
  3. ^ 『尾山神社誌』
  4. ^ 『人事興信録』第10版 下

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、人事興信所、1934年。
  • 尾山神社社務所編『尾山神社誌』、尾山神社社務所、1973年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』下巻、社団法人霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
前田家(対馬守家)初代
1900年 - 1937年
次代:
前田孝行