前田利英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田利英
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元禄2年3月17日1689年5月6日
死没 宝永5年2月15日1708年4月5日
改名 長十郎(幼名)
墓所 群馬県富岡市の長学寺
官位 不詳
主君 徳川綱吉
上野国七日市藩
氏族 菅原姓前田氏
父母 父:前田利広、母:三浦安次の娘
養父:前田利慶
兄弟 利慶利英
養子:利理

前田 利英(まえだ としふさ)は、上野国七日市藩の第5代藩主。七日市藩前田家5代。

略歴[編集]

第3代藩主・前田利広の次男。

元禄8年(1695年)、兄で先代藩主の利慶が死去、もしくは病に倒れたときに家督を継いで藩主となったと言われている。元禄13年(1700年)、将軍・徳川綱吉御目見した。宝永5年(1708年)1月頃から病に倒れる。嗣子がなく、一族(祖父利意の外孫でもあり従弟にあたる)の利理を養嗣子として迎えて、2月15日に七日市陣屋で死去した。