前田利物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田 利物
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦10年1月17日1760年3月4日
死没 天明8年9月27日1788年10月26日
改名 虎次郎(幼名)、利物
戒名 覚成院殿通峯紹玄大居士
墓所 石川県加賀市の実性院
官位 従五位下、美濃
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利道、母:円成院
養父:前田利精
兄弟 利貞、利精利物、元三郎、利寧利以利行利幹
正室:前田利幸の娘・桐陽院
側室:梅芳院(前田氏)
利純利竜利之、卯、瓊(清光院)
養子:利考

前田 利物(まえだ としたね)は、加賀大聖寺藩の第7代藩主。

生涯[編集]

宝暦10年(1760年)1月17日、第5代藩主・前田利道の三男として大聖寺で生まれる。天明2年(1782年)8月21日、第6代藩主で兄の利精が不行跡により強制隠居となり、兄の嫡子である利考も幼少のため、兄の養子となって家督を継いだ。利精の時代の悪政を改めるために尽力したが、凶作が相次いで藩財政が悪化し、しかも利物自身も天明8年(1788年)9月27日に29歳で死去した。利考が養子として跡を継いだ。