前田利隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
前田 利隆
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年11月11日1690年12月11日
死没 延享元年12月20日1745年1月22日
改名 又三郎(幼名)、利隆
別名 弾正(通称)
戒名 太龍院殿恵天日洽大居士
墓所 富山県富山市長岡の長岡御廟
官位 従四位下、出雲
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
越中富山藩
氏族 加賀前田氏
父母 前田正甫:高日月氏
養父前田利興
兄弟 主税、利興、帯子、采女、利由、蘭子、逸子、利隆、空眠、家子、満子、利郷、為子、利寛
正室:なし
側室:久我(金子氏)、久衛(山田氏)、豊瀬(岡本氏)、音瀬(小毛利氏)、秀濃(須川氏)、照穂(堀氏)、多室(中川氏)
利幸、隆子(前田利道正室)、利嘉、幸子(藤堂高雅正室)、利教利与、芸子(前田長教室)、梶子、利完、栄子、紀忠利躊、尉子、利桓

前田 利隆(まえだ としたか)は、越中富山藩の第4代藩主

生涯[編集]

元禄3年(1690年)11月11日、第2代主・前田正甫五男として富山で生まれる。宝永2年(1705年)11月27日に元服する。宝永3年(1706年)8月21日、兄で第3代藩主の利興から150人扶持の知行を与えられる。享保9年(1724年)6月に兄・利興の養子となり、兄が7月18日に隠居したため家督を継いで第4代藩主となる。

しかし、自らが寵愛する藩士だけを重用し、頻繁に加増を繰り返したりして財政難を招き、借金倹約令、年貢取立ての強化、享保16年(1731年)の銀札発行なども効果は無かった。延享元年(1744年)12月20日に死去した。享年56。跡を長男利幸が継いだ。