松平頼儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平頼儀(愛媛県歴史文化博物館蔵)

松平 頼儀(まつだいら よりのり、安永4年11月12日1775年12月4日) - 文政12年8月25日1829年9月22日))は、江戸時代後期の大名讃岐国高松藩の第8代藩主。官位従四位左近衛権中将、讃岐守。

第6代藩主松平頼真の長男。母は側室・即就院(中山氏)。正室は前田重教の娘・藤(前田治脩の養女)。継室は池田治政の娘・晴。子に松平頼該(長男)、松平頼胤(次男)、松平頼顕(三男)、本多忠民(四男)、倫(松平頼恕正室)、粲(井伊直亮正室)、娘(板倉勝明正室)らがいる。

生涯[編集]

寛政4年(1792年)、叔父の第7代藩主頼起の跡を継いだ。当初は緊縮財政を行っていたが、次第に奢侈に傾き、藩札の乱発により物価高騰と紙幣の価値低下(インフレーション)を起こした。また、殖産振興策にも失敗し、更に江戸屋敷が火災に遭ったり、屋島神社(讃岐東照宮)造営の建築費を支出するなどした結果、江戸・大坂の商人からの借財が50万両以上に達し、藩財政が破綻状態に陥った[1]。そのため、東浜の海岸一帯を埋め立てて問屋街を造ったり、「讃岐二白」と呼ばれる製塩と製糖の産業育成を行うなどした。就任中、16回の旱魃に遭う。文政4年(1821年)、婿養子の頼恕に藩主を譲り、隠居した。文政12年(1829年)死去。

脚注[編集]

  1. ^ 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』東京堂出版、2009年