松平清方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 清方(まつだいら きよかた、元禄10年1月9日1697年1月31日) - 享保9年1月24日1724年2月18日))は、上野国館林藩の世嗣。初代藩主松平清武長男正室前田利直の娘(酒井忠真の養女)・須和。官位は従五位下靱負佐、内蔵頭。第3代将軍徳川家光の曾孫で甲府藩主・徳川綱重の孫。第6代将軍徳川家宣の甥。

甲府藩士・越智吉忠(松平清武の初名)の長男として生まれる。伯父・綱豊(のち家宣)が将軍家世子となったため、父の吉忠改め清宣(のち清武)も松平姓を与えられて幕臣となる。その後、宝永4年(1707年)に館林藩主となった。清方も同年、大叔父で第5代将軍の徳川綱吉に拝謁した。家宣が将軍職を継いだ後の正徳元年(1711年)には叙任している。しかし、享保9年(1724年)に家督を継ぐことなく父に先立ち28歳で死去した。代わって、尾張徳川家支藩の高須藩から武雅が養子に迎えられて嫡子となり、同年に清武が没すると家督を継いだ。

正徳6年(1716年)に7代将軍・徳川家継が死去した時、父・清武は次期将軍候補に挙がったが、高齢かつ他家に養子に出ていることが理由で、支持を得ることができなかった。清方は年齢的には問題がなかったが、候補者にはならなかった。

清武・清方父子の死により、家光の男系子孫は断絶した。