遠慮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠慮(えんりょ)は、江戸時代刑罰の一つ[1]で、武士僧侶などに科せられた[1]。基本的に、自宅での籠居(ろうきょ)を命じたもの[1]。夜間のひそかな外出は黙認された[1]。他者の出入りを制限しない点で、逼塞などと異なる。自主的に行う意味合いが強く、公に申し付けられる場合は「慎み」となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉『遠慮』 - コトバンク、2018年11月12日閲覧。