川端玉章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川端玉章

川端 玉章(かわばた ぎょくしょう、天保13年3月8日1842年4月18日) - 大正2年(1913年2月14日)は、明治時代に活躍した日本画家。本名は滝之助。東京美術学校の教授を勤め、川端画学校を開設するなど後進の育成に努め、美術学校の同僚だった橋本雅邦と並び評された。

経歴[編集]

『四時ノ名勝』1899年(三の丸尚蔵館)
『丹頂鶴と青竹図』(長府毛利邸)

京都高倉二条瓦町で、蒔絵師左兵衛の子として生まれる。父は三井家に出入りしていたため、同家へ丁稚奉公に出る。11歳の時、三井高喜(出水家)や三井高弘(南家)らに絵の巧さを認められ、高喜の紹介で中島来章に入門。一方で、画論を小田海僊に学ぶ。1867年慶応3年)江戸に移住[1]。1872年(明治5年)高橋由一に油絵を学ぶ。同年三井家の依頼で、三囲神社に「狐の嫁入り」扁額を描く。この絵は現存しないが、これが玉章の出世作となる。1882年(明治15年)第一回内国絵画共進会、1884年(明治17年)第二回で銅賞。1889年(明治22年)岡倉覚三(天心)によって東京美術学校円山派の教師として迎えられる。

1890年(明治23年)東京美術学校教授に就任、主に写生を受け持った。逸話として学校に出勤する前に、10枚、15枚と絵を描いてくることを自慢の種にしており、手は馬鈴薯のように丸々と太り、顔にはあばたや大きな斑点があったから「がんもどき」などと学生に渾名つけられていた。円山派において巧みな筆技をもっていた玉章は「腕の画家」であり、絵画を一種の技術と考えていた。この点、同時期に日本画の指導をしていた橋本雅邦とは全く逆の立場にいたと言える。これを証明する事実として、玉章はある展覧会に出品する壁画の柳を学生達の前で描いた。その時筆に墨をつけ一間ばかり飛びながら線を引き、何かぽんぽん付け加えると青柳がすぐでき上がってしまい、まるで「曲芸」を見ているようだと学生達は述べている。

1896年(明治29年)6月30日帝室技芸員[2]、1897年(明治30年)古社寺保存会委員、1898年(明治31年)日本美術院会員、文展開設以来審査員を務める。1910年(明治40年)川端画学校を開設。1913年(大正2年)、長く患っていた中風のため死去[3]。東京都港区高輪2丁目の路端(墓所のある正源寺の脇)と、東京芸術大学の中庭に、顕彰碑が建てられている。なお、孫の川端実は洋画家。

栄典[編集]

門下[編集]

  • 島崎柳塢
  • 高橋玉淵
  • 田平(大谷)玉華
  • 田中頼璋

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款・印章 備考
草花図 紙本著色 額装1面 164.9x86.6 三井倶楽部 款記「玉章/寫」/「源玉章」白文方印・「子文」朱文方印 玉章前半生の作か
四時軍花図 絹本油彩 額装1面 43.1x68.3 秋田県立近代美術館 第1回内国勧業博覧会出品作か 款記「端玉章製」/「源玉章印」白文方印 現在確認される唯一の油彩作品。
ナイアガラ瀑布図 絹本著色 額装1面 32.0x58.0 広島県立美術館 款記「米国/名与/久羅/瀑布/玉章寫/真」/「玉章」白文方印・「子文」朱文方印
唐人お吉 絹本著色 額装1面 60.1x36.7 平野政吉美術館 款記「玉章寫」/「玉章・子文」白朱文聯印
墨堤春暁 紙本著色 1幅 267.5×161.5 東京藝術大学大学美術館 1890年(明治23年) 第三回内国勧業博覧会二等妙技賞 款記「玉章」/「□」朱文方印
桜に鶏 絹本著色 1幅 173.3×69.7 東京藝術大学大学美術館 款記「玉章」/「川端玉章」白文方印・「字日子文」白文方印
栗鼠に葡萄 絹本著色 1幅 126.9×56.0 東京藝術大学大学美術館 款記「玉章」/「□」朱文方印
山村行旅図 三の丸尚蔵館 1892年(明治25年)
海の幸図 絹本著色 1幅 82.4x146.0 山種美術館 1892年(明25年)頃
玩弄品行商図 1幅 97.2×142.1 東京国立博物館 1893年(明治26年) シカゴ万国博覧会 (1893年)
桃李園・独楽園 絹本著色 六曲一双 静嘉堂文庫 1894年(明治27年) 第4回内国勧業博覧会妙技二等賞
四時ノ名勝 額装4面 166.4x84.9(各) 三の丸尚蔵館 1899年(明治32年) パリ万国博覧会 (1900年) 吉野春雲」(春)、「寝覚新緑」(夏)、「碓氷峠錦楓」(秋)、「厳島密雪」(冬)の4面。元は屏風絵として制作されたが、完成直前に屏風形式では美術部門での出品が認められないのが判明したため、急遽額装に変更された。
犀川真景図 絹本著色 1幅 43.5x71.2 山種美術館 1901年(明治34年)頃
山澗僻邑 絹本墨画 1幅 173.3×81.0 京都国立近代美術館 1902年(明治35年)
溪山秋趣 絹本著色 1幅 山種美術館 1906年(明治39年)
山水人物図 紙本墨画淡彩 襖4面 167.0×104.0 広島県立美術館 1908年(明治41年)
山水図 1幅 281.8×120.3 東京国立博物館 款記「玉章寫」
老樹水禽図 1幅 137.3×68.4 東京国立博物館 1912年(明治45年)

著書[編集]

  • 玉章画集 画報社 1902.5
  • 玉章画集 美術書院 1911.3
  • 玉章画集 古稀号 画報社 1911.7
  • 玉章画譜 川端画学校出版部 1906-1911
  • 秋津百景 榛原直次郎 1916
  • 玉章翁遺墨集 巧芸社 1931
  • 川端玉章の画手本 グラフィック社 1979
  • 習画百題 芸艸堂 1995
  • 川端玉章付け立て画手本 東方出版 2002

脚注[編集]

  1. ^ 『川端玉章翁略年譜』など多くの文献では、1年早い1866年(慶応2年)に江戸に来たとしている。しかし、『平安人物志』慶応2年版では四条東洞院西在住とされ、三井家の史料に玉章がお供をした三井高喜が慶応3年に江戸勤番に出たとしているので、慶応3年が正しい可能性がある(塩谷(2007)p.293)。
  2. ^ 『官報』第3901号、明治29年7月1日。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)p.9。
  4. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。

参考文献[編集]

  • 塩谷純 「川端玉章の研究(一)~(三)」『美術研究』第392,399,401号、東京文化財研究所、2007,2010年
  • 斎藤全人 「特集―1900年パリ万国博覧会出品作(四) 川端玉章「四時ノ名勝」について―当初の屏風形式から探る制作意図―」『三の丸尚蔵館年報・紀要』第17号(平成22年度)、2012年3月、pp.80-69

関連項目[編集]