湘南海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湘南海岸(しょうなんかいがん)は、神奈川県茅ヶ崎市から鎌倉市にある海岸。 広義には、湯河原町から藤沢市の江の島を経て横須賀市の自然海岸があるすべての沿岸地域をSHONANと呼ぶ。

古くから日本を代表する海水浴場が開け、サーフィンの好ポイントとして全国的に有名である。四季を通じてデートスポットとしての賑わいも見せる。なお、湘南海岸に沿って国道134号が通っている。

江ノ島と湘南海岸

景観[編集]

江の島を境に東西で景観が大きく異なっており、どちらの地域を訪れるかにより印象が大きく異なる。

江の島より東側(鎌倉市側)は、山が海岸付近まで迫っているため砂浜が狭く、稲村ヶ崎小動岬といった岩礁も目立つ。海岸沿いには国道134号や江ノ島電鉄線が延びている。

それに対し江の島より西側(藤沢市、茅ヶ崎市側)では海岸沿いに山がなく、広い砂浜が、相模湾沿いに湾曲しながら長距離にわたり続いている。海岸沿いには防風林としてクロマツの松林が設置されている。海岸沿いを走る国道134号は防風林の陸側を走るため、海岸からほとんど見えない(同様に、国道134号からも海岸はほとんど見えない)。尚、海を眺める道としては砂浜沿いにサイクリングロードが藤沢市湘南海岸公園から茅ヶ崎市中島迄通じており、サイクリング・ジョギング・散歩をする住民が多い。茅ヶ崎海岸では沖合の姥島(烏帽子岩)が変化を与える。

どちらの地域でも西側を望むと、海岸と共に富士山を中心に、左に箱根伊豆、右に丹沢の山々が見える場所が多く、この景観を題材とした写真や絵画もよく制作されている。

名数指定[編集]

湘南海岸を舞台にした代表作[編集]

沿岸の自治体[編集]

関連項目[編集]