風の松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風の松原

風の松原(かぜのまつばら)とは、秋田県能代市海岸に面した約700万本のクロマツによる砂防林のことである。760haの全域が保安林に指定されている。林内には、サイクリングコースやジョギングコースが設けられ、市民の憩いの場にもなっている。

概要[編集]

「風の松原」という名称は、1987年市の公募により決定した。東西幅1km、南北総延長14km、約760haの面積にクロマツ約700万本が松林を形成している。この東京ドーム163個分の面積の砂防林は日本最大であり[1]、日本五大松原にも数えられている。内部には1周2kmのトリムランニングコース、健康づくりの道、散策路が設けられているほか、いこいの広場、アスレチックなどがある。学校行事の駅伝大会などで利用されるほか、散策イベントなどのレクリエーションが行われている。また、バードウォッチングやきのこ狩りも楽しまれている。

歴史[編集]

風の松原内の小庭園と池
風の松原内の大森稲荷神社

古くから能代の海岸は砂による家屋や農地の埋没、米代川の閉塞などの被害を受けてきた。

  • 江戸時代初頭 冬の季節風による飛砂で、農地などに大きな被害が出た。
  • 1670年 野代(能代)の医師、長尾祐達が防砂を提唱する。
  • 1711年 廻船問屋の越後屋太郎右エ門、庄屋の村田久右エ門の自費によりクロマツの植栽が始まる。以後、篤志家による植栽が断続的に続くが、気象害や住民が燃料に用いるなどにより定着せず荒廃した。
  • 1797年 郡方砂留吟味役、栗田定之丞が久保田藩内のクロマツの植栽を開始。
  • 1833年 能代木山方、賀藤景林が植えたクロマツが76万本となる。
  • 1858年 賀藤景林の子、景琴が植えたクロマツが30万本となる。
  • 1912年 ハマナスの採取により松原が衰退する。
  • 1921年 後谷地で国営造林事業開始。林区署が植林を計画、着手する。
  • 1987年 市の公募により愛称が「風の松原」に決定する。
  • 1989年 日本三大松原に風の松原らを加えた日本五大松原サミットが開催される。

生息生物[編集]

風の松原はクロマツを主体とする砂防林であるが、規模と密度から多様な生態系を形成している。

マツクイムシによる被害[編集]

  • 冷涼な地域には拡大しないと考えられてきたマツクイムシの被害地は年々北上。1999年には、風の松原にも被害木が発見されるようになった。
  • 2009年現在、防除が行われているものの、膨大な面積のため、全てに手は回らず、被害が深刻化しつつある。

イベント[編集]

  • 風の松原を守る市民ボランティア大会

参考資料[編集]

  1. ^ ふるさと小紀行[能代市・はまなす展望台]地域を一望、憩いの場|秋田魁新報電子版(2017年8月4日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]