阿部昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿部 昭あべ あきら 1934年9月22日 - 1989年5月19日)は日本小説家

二男の阿部龍二郎TBSテレビ編成制作本部編成局編成部長。

来歴・人物[編集]

海軍軍人阿部信夫の息子として広島県広島市白島(現中区白島)に生まれ、父の転勤に伴い、1935年春から神奈川県藤沢市鵠沼に育つ。

1935年12月に、市内の鵠沼海岸下鰯に転居。1939年、片瀬乃木幼稚園(現在の湘南白百合学園幼稚園)に入園。1941年、藤沢第一国民学校(現在の藤沢市立藤沢小学校)に入学。新制の藤沢市立第一中学校に1期生として進む。神奈川県立湘南高等学校では石原慎太郎江藤淳の一学年下だった。東京大学文学部仏文科に進んだが大江健三郎はほぼ同期、大学時代は学生演劇に熱中するかたわら、後のチェリスト堤剛安田謙一郎の家庭教師を務めた。1953年8月、鵠沼松が岡に転居。

1959年に大学を卒業してラジオ東京(現在のTBS)[1]に入社し、ラジオやテレビのディレクターとして活躍。勤めのかたわら小説を書き続け、1962年に「子供部屋」で文學界新人賞を受賞。1968年に処女短篇集『未成年』を刊行。

1970年、短篇「司令の休暇」で注目を集める。1971年、TBSを辞して専業作家となり、翌年辻堂東海岸へ仕事場を設け、自宅から自転車で通う。1973年、『千年』で毎日出版文化賞受賞。1976年、辻堂東海岸に一家転住。同年、『人生の一日』で芸術選奨新人賞受賞。芥川賞候補になること6回(芥川賞史上最多記録)。

1歳から生涯住み続けた湘南や、鵠沼(1976年まで在住)を舞台にした作品が多い。小説のモティーフは、敗戦後に権威失墜を味わった元軍人の老父や、知的障害を持つ兄や息子など自らの家族に関わることが多く、私小説の系統を引いていて、「内向の世代」の作家である。短篇小説の名手として知られ、評論集『短編小説礼讃』(1987年岩波新書)も反響を呼んだ。『言葉ありき』などのエッセイ集も評価が高い。また、プロ野球では阪神タイガースファン兼阪急ブレーブスファンだった[2]

1989年5月19日12時30分、辻堂東海岸にて55歳の若さで病死(急性心不全)。墓所は夢想山本真寺(浄土宗 神奈川県藤沢市鵠沼海岸)。

全8巻の『阿部昭全作品』(福武書店)と全14巻の『阿部昭集』(岩波書店)がある。

著書[編集]

  • 『未成年』文藝春秋 1968 のち角川文庫
  • 『大いなる日』講談社 1970 のち文庫、「大いなる日・司令の休暇」講談社文芸文庫
  • 『司令の休暇』新潮社 1971 のち中公文庫 
  • 『阿部昭集』(新鋭作家叢書) 河出書房新社 1972
  • 『あの夏あの海』河出書房新社 1972
  • 『日日の友』河出書房新社 1972 のち中公文庫
  • 『千年』講談社 1973 のち文庫、「千年・あの夏」講談社文芸文庫   
  • 『無縁の生活』講談社 1974 のち文庫、「無縁の生活・人生の一日」講談社文芸文庫 
  • 『人生の一日』中央公論社 1976
  • 『子供の秘密』河出書房新社 1976
  • 『過ぎし楽しき年』新潮社 1978
  • 『阿部昭全短篇』上下 講談社 1978
  • 『子供部屋』集英社 1978
  • 『父たちの肖像』中央公論社 1979 のち講談社文芸文庫 
  • 『海からの風』作品社 1980
  • 『言葉ありき』河出書房新社 1980
  • 『こんなものひろった』婦人之友社(小さいえほん) 1981
  • 『大きな木の下で』婦人之友社(小さいえほん) 1981
  • 『みやげの小石 随筆集』作品社 1981
  • 『十二の風景』河出書房新社 1981
  • 『散文の基本』福武書店 1981
  • 『まどろむ入江』福武書店 1982
  • 『単純な生活』講談社 1982 のち文芸文庫  
  • 阿部昭全作品』全8巻 福武書店 1984
  • 『緑の年の日記』福武書店 1984
  • 『変哲もない一日』河出書房新社 1984
  • 『水の優しさ』福武書店 1985
  • 『短編小説礼讃』岩波新書 1986
  • 『阿部昭18の短篇』福武書店 1987
  • 『エッセーの楽しみ』岩波書店 1987
  • 『短篇小説を語る 対談集』福武書店 1987
  • 『父と子の連作』福武書店 1988
  • 『挽歌と記録』講談社 1988
  • 『猫に名前をつけすぎると』福武書店 1990 のち河出文庫
  • 阿部昭集』全14巻 岩波書店 1991-92
  • 『未成年と12の短篇』福武文庫 1994

脚注[編集]

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ&コミュニケーションズ
  2. ^ 文藝春秋デラックスNo.37(1977年5月1日発行)「テレフォン・アンケート/有名人ごひいきチーム一覧」より。