聶耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聶 耳
Nieer.jpg
基本情報
生誕 (1912-02-14) 1912年2月14日
出身地 Flag of the Republic of China.svg中華民国 雲南省昆明市
死没 (1935-07-17) 1935年7月17日(23歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

聶 耳(じょう じ、ニエ アル、拼音: Niè Ěr、原名:聶 守信、字は子義、1912年2月14日 - 1935年7月17日)は、中華民国作曲家中華人民共和国国歌義勇軍進行曲』の作曲者として知られている。

経歴[編集]

1912年、中華民国雲南省昆明市生まれ。幼少の頃から楽器に親しみ、師範学校時代には共産主義活動に目覚める。卒業後は、主に上海市を拠点に「採掘の歌」「波止場労働者の歌」など左翼映画演劇の楽曲を数多く作曲した。

学生運動に参加するようになると時の雲南軍閥政権の眼にとまり逮捕状が出される身となったため、1930年、上海に出奔。小商店の見習店員になるも倒産、失業して路頭に迷っていたが、一転して明月歌舞団のバイオリン奏者に採用された。[1]

聶耳(左)と田漢(右)、1933年上海で

1933年中国共産党に入党する。周囲の左翼文化人たちが中国国民党当局に次々と拘束され獄死する中、盟友の劇作家・詩人の田漢も逮捕。近日中に聶耳逮捕予定との情報を受けて、1935年4月に大日本帝国滞在中の兄を頼って来日する(この来日は一般に「日本への亡命」と説明される事が多いが、最終的には日本を出て欧州ソビエト連邦に留学する予定であったともされる)。『義勇軍進行曲』は抗日映画『風雲児女』の主題歌として、田漢が獄中から密かに送った歌詞に合わせて、日本在留中に最終的に書き上げた。

しかし、聶耳は1935年(昭和10年)7月17日の午後、神奈川県高座郡藤沢町(現在の藤沢市)の湘南海岸鵠沼海岸)にて友人と遊泳中に行方不明になり、翌日水死した遺体が見つかった(日中関係中台関係が緊張すると、聶耳の最期を「中国国民党または日本国政府による謀殺」とする陰謀論が出てくるが、当時捜索に携わった地元関係者は、他の水死者と特に変わった点はなかったと証言している)。享年24歳。聶耳の遺骨は1937年(昭和12年)に、聶耳の友人の留学生たちが、出身地の中華民国昆明市に持ち帰り、西山美人峰に埋葬された。

エピソード[編集]

聶耳記念広場[編集]

日本神奈川県藤沢市にある湘南海岸公園(県立公園)の東端には、聶耳記念広場がある[2]

写真集

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 岩崎富久男 (1999). “1930年代の“抗日救亡”文化 最耳と抗日救亡歌曲運動”. 明治大学人文科学研究所紀要 第44冊: 39-57. 
  2. ^ 聶耳記念碑(藤沢市)

外部リンク[編集]