豊道春海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

豊道 春海(ぶんどう しゅんかい、1878年明治11年)9月1日 - 1970年昭和45年)9月26日)は、大正から昭和に活躍した天台宗の僧、書家。幼名は川上 寅吉(かわかみ とらきち)、得度後の僧名は慶中(けいちゅう)。別号に龍渓(りゅうこく)、谷門道人(こくもんどうじん)、天門海翁(てんもんかいおう)がある。栃木県佐久山町(現大田原市)の出身[1][2]。子に天台僧で書道家の印南溪龍、孫に天台僧で書道家の印南溪峻がいる。

略歴[編集]

六歳で僧籍に入り、1890年東京浅草華徳院住職となる。91年より書を西川春洞に学んで、六朝風の楷書に独自の書風を作り出した[2]。1914年東京大正博覧会千字文が銀牌となる。同年瑞雲書道会を主宰、1930年(昭和5年)に泰東書道院を設立し、戦後は日本書道美術院創立に尽力し、1947年日展に五科〈書部門〉を設置することに力を尽くした。1947年(昭和22年)に院芸術院会員となり、62年天台宗大僧正、1963年大田原市の初代名誉市民[2]、1967年(昭和42年)には文化功労者に選ばれた[3]

著書[編集]

  • 勅語四体帖 乾,坤 豊道慶中 瑞雲会, 1920
  • 草書正気歌 瑞雲書道会, 1933
  • 飲中八仙歌 瑞雲書道会, 1934
  • 聚宝帖 豊道慶中 阿会茂, 1935
  • 華甲記念墨蹟帖 豊道慶中 泰東書道院代理部, 1939
  • 草書法本 五禾書房, 1962 (昭和十六人集)
  • 天門春海帖 豊道慶中 二玄社, 1965

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田光二 (2010年2月25日). “豊道春海没後40年で顕彰碑除幕”. 毎日新聞: p. 栃木版、25面 
  2. ^ a b c “大田原市が豊道春海の顕彰碑建立へ 名誉市民の功績後世に”. 下野新聞. (2010年1月21日). http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/otawara/news/20100121/271560 2010年3月8日閲覧。 
  3. ^ 大田原の人物”. 大田原市. 2010年3月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 林淳 『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』勝山城博物館 2017年4月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]