国際教養科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

国際教養科(こくさいきょうようか)とは、日本の高等学校に設置される学科の一つ。

概要[編集]

高等学校設置基準第5条第2号と第6条第2項で「国際関係に関する学科」と定義されているものに該当する。設置目的は概ね「国際的に活躍できる人材を養成するため」「国際的に通用する教養を涵養し、国際的な見地をもつための教育を行うため」とされている。

普通科における教育内容と比較して、専門教科「英語」を中心とする語学教育や異文化理解に関する教育が強化されている。場合によっては第二外国語教育(ドイツ語フランス語中国語韓国語などからの選択授業となることが多い)や、国際理解教育学校設定教科によるもの)なども行われる。留学をカリキュラムに組み込むこともある。

また、帰国生徒留学生の受け入れ先としての機能も果たしている。

進路としては外国語学部国際関係学部など文系を中心に多いが、理系学部に進学するものもいる。カリキュラムも理系への進学が可能であるように組まれている高等学校が多い。

国際教養科を設置する高等学校[編集]

国際教養科を設置する高等学校(かつて設置していた学校含む)を以下にあげる。

関連項目[編集]