Artistic License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Artistic License
作者 The Perl Foundation
バージョン 1.0 and 2.0
公開元 The Perl Foundation
リリース日 ?
DFSGとの適合性 Yes[1]
FSFの承認 1.0 No (Yes, for Clarified Artistic License), 2.0 Yes
OSIの承認 Yes (both)
GPLとの適合性 1.0 No (Yes, for Clarified Artistic License), 2.0 Yes
コピーレフト No[2]
異種ライセンスコード
からのリンク
Yes
テンプレートを表示

Artistic License(アーティスティック・ライセンス)は、Perlの開発者であるラリー・ウォールが作成したオープンソースのライセンスの一種である。主にPerlParrotで採用されている。

GNU General Public License (GPL) に近いライセンスであるが、ユーザが修正して再配布する場合に原版と同名を名乗ることを禁止している点が異なる。Artistic Licenseというネーミングは文学の "Poetic License"(詩的許容。"Artistic license"というそのものの英語句もあり)を捩っている。

フリーソフトウェア財団 (FSF) は、当初このライセンスを「曖昧過ぎる。いくつかの部分は利益を気にし過ぎており、また意味が明瞭でない」として非難した[3]。また彼らは、PerlプロジェクトにはALとGPLのデュアルライセンスを用いるよう開発者に勧めていた。

これに対する返答として、後にFSFで勤務することになるブラッドリー・クーンはライセンスを書き直し、意味の不明瞭な部分を修正した。このドラフトは "Clarified Artistic License"(明確化されたアーティスティック・ライセンス)として公開され、FSFによって承認された。このライセンス下で公開されているソフトウェアにはSNSeSeFakeNES英語版等のエミュレータ、Paros ProxyNcFTP英語版がある。

Perl 6に対するArtistic Licenseのあり方を見直すことを目的としたRequest for commentsに対する作業の結果、Perlコミュニティにおける議論を通して、このドラフトはロベルタ・カーニー (Roberta Cairney) とアリソン・ランダルにより可読性と法的明確性を確保するために大幅に書き直された。これはArtistic License 2.0として公開され、フリーかつオープンなライセンスとして認証されている[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]