ラリー・ウォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラリー・ウォール
Larry Wall
Larry Wall YAPC 2007.jpg
生誕 1954年9月27日(62歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 プログラマ, 作家
著名な実績 Perl
宗教 International Church of the Nazarene
配偶者 Gloria Wall
子供 4人
公式サイト www.wall.org/~larry/

ラリー・ウォール(Larry Wall, 1954年9月27日 - )は、プログラマ言語学者、文筆家であり、1987年プログラミング言語Perlを開発したことによって知られている。また、プログラマの三大美徳を唱え始めたのもラリー・ウォールである。

1976年シアトル・パシフィック大学を卒業し、修士号を得ている。Usenet用のソフト、rnを作成し、UNIXで最も広く使われているテキスト差分適用プログラム、patchを作り出した。IOCCCで2度、優勝を収めている。1998年には、フリーソフトウェアへの貢献により、第1回フリーソフトウェア財団賞を受賞している。

言語学を学んでおり、その経験がPerlの作成とそれに関連した一連の著作に役立っている。表紙にラクダの絵が描かれていることで有名であり、しばしば「ラクダ本」と呼ばれる書『プログラミング Perl』の共同著者であり、この本はPerlプログラマーの聖典になっている。また、『Perl クックブック』の編集にも関わっている。コンピュータ関連の出版物を数多く発行しているオライリー・メディア社がウォールの著作物を出版している。

現在もPerlの発展に関わっており、このプログラミング言語を開発したことから、優しい終身の独裁者に任命されている。

関連項目[編集]

  • まつもとゆきひろ -プログラミング言語Rubyの開発者。RubyはPerlの影響を大きく受けており、まつもとはラリー・ウォールを尊敬する人物として挙げている[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]