ActivePerl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ActivePerl
開発元 ActiveState
最新版 5.24.1.2402[1] / 2017年1月17日(2か月前) (2017-01-17
対応OS Windows, macOS, Linux, Solaris, HP-UX, AIX
対応言語 英語
種別 プログラミング言語
公式サイト http://www.activestate.com/activeperl
テンプレートを表示

ActivePerl(アクティブパール)とは、ActiveState 社が提供している Perlディストリビューションである。主にWindows環境で利用される(macOS, Linux, Solaris, HP-UX, AIX 版も存在する)。

PPM (Perl Package Manager) と呼ばれる独自のパッケージマネージャが附属しており、PPMリポジトリと呼ばれるサーバからPerlモジュールをダウンロードし、インストール・アンインストールなどが行える。各モジュールはプラットフォーム固有の設定やXSコード英語版のコンパイルが済んだ状態で配布されているので、CPANからインストールする場合に比べてインストールが容易な反面、必ずしも最新版のモジュールが利用できないというデメリットもある。CPANからインストールすることもできるが、Unix系アーカイバコンパイラなどが必要である(ただし、従来は自力で用意する必要があったが、現在(v5.10.1以降)は、初めてcpanを起動すると自動的に導入されるので、多少ハードルは下がった)。

Windows版には WSH でPerlを利用できるようにする PerlScriptIIS にPerlを組み込む Perl for ISAPI など、プラットフォーム固有のプラグインも同梱されている。

ActivePerl以外のWin32向けPerl[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ActivePerl 5.24.1 and 5.22.3”. 2017年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]