FSFフリーソフトウェア賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FSFフリーソフトウェア賞英語: FSF Free Software Awards)は、フリーソフトウェア財団英語: Free Software Foundation、FSF)がフリーソフトウェア進歩発展貢献した個人又は団体に授与するである。1998年から開始されたフリーソフトウェアの進歩に対する賞英語: Award for the Advancement of Free Software)と、2005年から開始された社会福祉プロジェクト賞英語: Award for Projects of Social Benefit)がある。

受賞者[編集]

1999年の授賞式はニューヨークジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで行われた[1]2000年の授賞式はパリユダヤ芸術歴史博物館で行われた[2]2001年から2005年の授賞式はブリュッセルで開催されているFOSDEM(Free and Open source Software Developers' European Meeting)の場で行われた[3]2006年以降はマサチューセッツ州ケンブリッジで開催されるフリーソフトウェア財団の年次会員会議で発表されている[4]

受賞者[編集]

フリーソフトウェアの進歩に対する賞[編集]

FOSDEM 2015 Larry Wall and Camelia the Perl6 logo.jpg
1998年 ラリー・ウォール
Miguel de Icaza.jpg
1999年 ミゲル・デ・イカザ
Brian Paul and Richard Stallman crop.jpg
2000年 ブライアン・ポール英語版
Guido-portrait-2014.jpg
2001年 グイド・ヴァンロッサム
Lawrence Lessig May 2017.jpg
2002年 ローレンス・レッシグ
Alan Cox at FOSS 2007.jpg
2003年 アラン・コックス
Theo de Raadt 2013.jpg
2004年 テオ・デ・ラート
Andrew Tridgell.jpg
2005年 アンドリュー・トリジェル
TheodoreTsoPict.jpg
2006年 セオドア・ツォー
Harald Welte 27C3.jpg
2007年 ハラルト・ヴェルテ
Wietse Venema (cropped).jpg
2008年 ヴィーツェ・ヴェネマ英語版
John Gilmore Portrait.jpg
2009年 ジョン・ギルモア
Rob savoye.JPG
2010年 ロブ・サヴォア英語版
Yukihiro Matsumoto EuRuKo 2011.jpg
2011年 まつもとゆきひろ
IPythonsm.jpg
2012年 フェルナンド・ペレス英語版
Matthew Garrett at LibrePlanet 2016.png
2013年 マシュー・ギャレット英語版
Sébastien Jodogne.png
2014年 セバスティアン・ジャドゥジン
Werner Koch Portrait 01.2015-2.jpg
2015年 ヴェルナー・コッホ
Lxo.png
2016年 アレシャンドリ・オリヴァ
Karen Sandler - Swathanthra 2017 - DSC 9737.jpg
2017年 カレン・サンドラー英語版
1998年 ラリー・ウォール
フリーソフトウェア、特にPerlへの貢献に対して。
1999年 ミゲル・デ・イカザ
GNOMEプロジェクトでのリーダシップに対して。
2000年 ブライアン・ポール英語版
グラフィックスライブラリ Mesa 3Dの開発に対して。
2001年 グイド・ヴァンロッサム
Pythonの開発に対して。
2002年 ローレンス・レッシグ
コード法律である」という考えを含め、フリーソフトウェアの政治的次元の理解の促進に対して。
2003年 アラン・コックス
プログラミングの自由の支持、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)への反対、Linuxカーネルへの貢献に対して。
2004年 テオ・デ・ラート
OpenBSDOpenSSHでの貢献、バイナリ・ブロブに対するキャンペーン、皆に分かりやすいワイヤレスネットワークカードドライバドキュメントファームウェアの公開に対して。
2005年 アンドリュー・トリジェル
Sambarsyncでの貢献、BitKeeperリバースエンジニアリングによるGitの開発の促進に対して。
2006年 セオドア・ツォー
Linuxカーネルへの貢献、ケルベロス認証ONC RPCでのプロジェクトリーダーとしての役割に対して。
2007年 ハラルト・ヴェルテ
GPL違反の是正(gpl-violations.org)、OpenMokoでの貢献に対して。
2008年 ヴィーツェ・ヴェネマ英語版
ネットワーク・セキュリティへの重要かつ幅広い貢献、Postfixの開発に対して。
2009年 ジョン・ギルモア
フリーソフトウェア運動への多大な貢献に対して。
2010年 ロブ・サヴォア英語版
GCCGDBNewlibCygwineCosなどの多数のプロジェクトへの貢献、Gnashの開発に対して。
2011年 まつもとゆきひろ
Rubyの開発、GNUプロジェクト・Rubyなどに対する20年以上に渡る貢献に対して。
2012年 フェルナンド・ペレス英語版
IPythonの開発に対して。
2013年 マシュー・ギャレット英語版
セキュアブートUEFIとフリーソフトウェアの互換性維持に対する貢献に対して。
2014年 セバスティアン・ジャドゥジン
Orthanc英語版の開発に対して。
2015年 ヴェルナー・コッホ
GnuPGの開発に対して。
2016年 アレシャンドリ・オリヴァ
Linux-libreのメンテナーとしての役割、ブラジル国民納税するために使用していた独自のソフトウェアのリバースエンジニアリングに対して。
2017年 カレン・サンドラー英語版
Software Freedom Conservancy最高経営責任者としての役割に対して。

社会福祉プロジェクト賞[編集]

2005年 ウィキペディア
2006年 Sahana
2007年 Groklaw
2008年 クリエイティブ・コモンズ
2009年 インターネットアーカイブ
2010年 Tor
2011年 GNU Health
2012年 OpenMRS英語版
2013年 Reglue
2014年 ミゲル・デ・イカザ
2015年 Library Freedom Project英語版
2016年 SecureDrop英語版
2017年 Public Lab

選考委員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1999 Free Software Awards”. Free Software Foundation. 2018年10月24日閲覧。
  2. ^ 2000 Free Software Awards”. Free Software Foundation. 2018年10月24日閲覧。
  3. ^ 2001 Free Software Awards”. Free Software Foundation. 2018年10月24日閲覧。
  4. ^ 2005 Free Software Award Winner Announced”. Free Software Foundation (2006年1月25日). 2018年10月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]