Portage

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Portage
Portage-oppdatering.png
Portage in action
対応OS Gentoo LinuxおよびGentoo/FreeBSD
プラットフォーム POSIX互換 / Python-capable
種別 Package management system
公式サイト http://www.gentoo.org/proj/en/portage/
テンプレートを表示

PortageGentoo Linuxで使われているパッケージ管理システムである。Gentoo Linuxの他にSolarisにもPortageが移植されているが、このオペレーティングシステムでは標準的なパッケージ管理システムではない。よく似たパッケージ管理システムとしてportsと呼ばれるものが、FreeBSDOpenBSD、およびMac OS Xに存在するが、Portageはこのパッケージ管理システムを参考にして作られたものである。

Portageはebuildの階層的なツリーと、emergeなどのコマンドとgentoolkitなどの関連ツールから構成される。ebuildは各ソフトウェアパッケージの依存関係やライセンスなどのメタデータと実際の構築手順が書かれたファイルである。利用者はprofileを選びemergeを走らせることでPortageにオペレーティングシステムを構成するソフトウェアやアプリケーションソフトウェアのパッケージのインストールやメンテナンスを行わせる。Portageによるインストールは基本的にソースコードからのコンパイルである。

Portageの名前とデザインはFreeBSDやOpenBSDなどのBSD系OSportsシステムに由来する。portsはMakefileに基づいたシステムであるが、PortageはPythonで記述されている。

コマンドの例[編集]

emerge -pvuDN world
pオプション
実際には作業を実行せず、どんなことをするのか表示させる。
vオプション
省略せずコンパイル過程などをすべて表示する。
uオプション
アップグレードを意味する。
Dオプション
依存関係のあるソフトウェアまでたどる。
Nオプション
新しく設定されたUSEフラグを検知する。
world
今までにユーザの指示でインストールされたパッケージ。

全体としてこのコマンドは、システム上にあるすべてのプログラムのうち、変更や更新があったものについてのリストを表示せよ、という意味になる。pオプションを取り除くと、実際に更新作業が実行される。

関連項目[編集]