Synaptic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Synaptic パッケージ・マネージャー
Synaptic.png
Synaptic-package-manager-ja.png
Synapticのスクリーンショット
開発元 Michael Vogt
最新版
0.84.2 / 2017年3月9日 (4年前) (2017-03-09)
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS Linux
種別 パッケージ管理システム
ライセンス GPL
公式サイト nongnu.org/synaptic
テンプレートを表示

Synaptic とは、パッケージ管理システムAPTフロントエンドの1つ[1]グラフィカルユーザインタフェース (GUI) を備える。

概略[編集]

Synapticは、Debianパッケージ管理システムであるAPTのGUIフロントエンドである。GTKによって作成されている。一般的に debパッケージをベースとしたシステムにおいて用いられるが、RPMをベースとしたシステムでも利用できる。ソフトウェアパッケージのインストールアンインストール(削除)、アップグレードとリポジトリの追加を行う。

歴史[編集]

Synapticの開発は、Conectivaにより資金援助を受け[2]Alfredo K. Kojima[3] によって(後に従業員によって)始められた。APT RPMのバックエンドであるapt-rpmの作成により始められた作業を継続させながら、APT用のグラフィカルフロントエンドを作るようConectivaが要請したことが開発の背景にある。最終的にSynapticは Conectiva のインストールプロセスにて使われるようになった。また、Gustavo NiemeyerもConectivaに在職中、Synapticの開発に携わった。現在はMichael Vogtにより管理されている。

諸機能[編集]

  • 一度に複数のパッケージを扱える
  • FTP/HTTPやネットワークなど、混在したリポジトリ先の指定
  • パッケージの検索
  • システムの大幅なアップグレード

Kynaptic[編集]

Kynapticは、Synapticのコードを使い、Linuxデスクトップ環境であるKDEとAPTをベースとして開発されたパッケージ管理システムである[4]

注釈[編集]

  1. ^ Synaptic Package Manager - Home”. www.nongnu.org. 2020年7月5日閲覧。
  2. ^ Synaptic Package Manager Review”. Softpedia. 2020年7月5日閲覧。 “Based on this library, Conectiva company considered the development of a tool that should fuse the point-and-click simplicity of a graphical UI with the power of the apt-get command line.”
  3. ^ Synaptic Package Manager - People”. www.nongnu.org. 2020年7月5日閲覧。
  4. ^ kynaptic openDesktop.org”. cp1.hive01.com. 2020年7月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]