ピクミン (ゲームキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピクミンシリーズ > ピクミン (ゲームキャラクター)

ピクミン (Pikmin) は、任天堂コンピュータゲームピクミン』シリーズに登場する架空のキャラクター。

概要[編集]

オリマーが墜落した惑星で遭遇した、植物とも動物ともつかない奇妙な二足歩行生物(作中では、歩根類と呼ばれる)。名前の由来は、最初に遭遇した赤ピクミンがオリマーの好物「ピクピクニンジン」に外見がそっくりであったことによる。

体長は2cm前後。ひょうたんをスリムにしたような体に、頭の頂点から葉・つぼみ・花のいずれかがついている。このついているものによって走る速さが変わる(花ピクミンが一番速く葉ピクミンが一番遅い)。

ピクミンは地中から大地のエキスを吸収することにより、 葉 → つぼみ → 花 の順に成長する。そしてピクミンには自分を引き抜いたものに従う習性があり、オリマーたちに引っこ抜かれることで彼に付き従うようになる(最初オリマーは刷り込みではないかと判断していたが、『ピクミン2』では下記のような推測が立てられている)。

オリマーたちによって放り投げられたり、あるいは指示によって移動し何かに接触したりすると、接触したものに応じて適当に判断し行動するように、高い知能を持つ(見送りをするなど、他の原生生物達とはかけ離れたレベルである)。原生生物には頭の天辺に生えた葉や花などによる頭突きで攻撃(一部のピクミンを除く)し、倒した原生生物はオニヨンへ運び込んで増殖のための栄養源にする。さらにオリマーやアルフ達の求めに応じてドルフィン号のパーツやお宝、果実等をドルフィン号(ドルフィン初号機、ドレイク号)へと運んでもくれる。これら栄養源とならない物体の運搬について当初オリマーは疑問に感じていたが、『ピクミン2』ではある程度の考察が出ており、ピクミンは引き抜いた者を自分たちの「リーダー」だと思い、リーダーの労働力として従順に働くが、ピクミンたちもリーダーが労働力ほしさのために自分たちの数を増やしてくれることで繁栄できるというある種の共生関係を築く生物なのではと推測されている。ピクミンにとって危険な数々の原生生物も、リーダーの指揮の下で戦えば犠牲を少なく抑えて撃退することができ、その倒した原生生物を獲物として繁栄ができるとあれば、敢えて危険な戦いに挑むことにも躊躇しない。また、オリマーが抜いた個体はルーイや社長にも付き従う。

愛のうた」の歌詞に端的に表されているように、ピクミンは一匹一匹ではあまりに弱く、あっけなく原生生物に捕食されてしまう(ピクミンの死後は、オニヨンにピクミンの魂が戻るという説が有力である[要出典])。しかしオリマーたちの下で集団(同時には最大100匹)で行動することにより、はるかに巨大な原生生物と互角以上に戦ったり、巨大な物体を運んだりすることができるのである。

ピクミンの種類[編集]

ピクミンには様々な種類が存在し、各種ごとに体色や器官の形状が異なり、それに伴って能力にも差異がある。たとえ別種のピクミン同士であったとしても、リーダーが同じであればお互いを仲間と判断して協力する。 『1』では、3種類のピクミンだったが、『2』以降からは、新種のピクミンが2種類加わり、作品によって入れ替わり立ち替わりで基本的に5種類のピクミンを駆使して行く事になる(『3』では場合により、7種類のピクミンを駆使していく)。

なお、『1』のエンディングでは多彩な色のオニヨンが飛行しているシーンがあり、まだオリマーたちが未発見の種が多数存在しているようであり、紫ピクミン、白ピクミンにもオニヨンが存在する可能性もある。

作中では、以下の7種類のピクミンが登場する。

赤ピクミン[編集]

『ピクミン』から登場。顔には尖った鼻のような突起があり、攻撃力の高さを象徴している。

花の色は白であり、黄、青のピクミンも花の色は白となる。

火に耐性があり、攻撃力が他のピクミンよりも高い(青・黄・白・岩・羽より高く、紫よりは低い)。したがって彼らを多く連れていると、原生生物との戦いに心強いと言える(『ピクミン2』の対戦モードでは他のピクミンと同じ攻撃力となっている)。

シリーズを通して、主人公達が最初に出会うピクミンである。

黄ピクミン[編集]

『ピクミン』から登場。顔には耳のような部分があり、他のピクミンより高く投げられる。

『ピクミン』では3色のピクミンの中で唯一バクダン岩を扱うことができる。黄ピクミンを連れた状態で解散させるとバクダン岩を持っている側と、持っていない側に分けることができる(バクダン岩を葉ピクミンが持っている場合、それを持ったまま大地のエキスを吸わせることができる)。解散させた状態で笛で呼んでもバクダン岩は爆発しないが、投げた後に笛で呼べば、バクダン岩を置いて戻る。投げた後に黄ピクミンに直接触れて呼べばバクダン岩を置かずに戻る(Wii版『1』ではどちらの場合もバクダン岩を持ったまま戻ってくる)。

『ピクミン2』ではバクダン岩を扱えなくなったが、その代り電気に耐性を持つようになった。高く投げられる能力は健在である。

『ピクミン3』では高く投げられる事や電気への耐性に加え、それを利用した仕掛けを解く事が出来るようになり、穴掘りも得意になっており、再びバクダン岩を扱えるようになった模様(ただし、他のピクミンでも扱えるようになった)。

青ピクミン[編集]

『ピクミン』から登場。顔には口のようにも見えると思われる器官がある。

ピクミンの中で唯一水中でも呼吸ができ、溺れない。それ故ピクミンの中では最も行動範囲が広い。オニヨン自体も出会った時は水の中にあり、シリーズを通して一貫して水の上に位置している。また、フリー状態の青ピクミンは近くで溺れている他の色のピクミンを陸地に投げて助けることもできる(自分達よりも遥かに体重があり、体格の大きい紫ピクミンでも普通に投げて助ける)。溺れているピクミンに対して投げ入れても助けてくれる。この青ピクミンの行動についてオリマー曰く「数々の戦いで荒みに荒んだ心が潤ったように癒された」とのこと。ただし、『3』では、終盤に近いタイミングで仲間になるのに加え、前2作に比べ水辺での活動が少なめになっているためか、投げ入れても助けてくれなくなっている。 『3』では原生生物を素早い泳ぎで追い掛ける様子を見ることができる。

土の壁を壊す等の工作活動が他のピクミンと比べると早い。

シリーズを通して、最後に仲間になるピクミンである。

紫ピクミン[編集]

『ピクミン2』で初登場。体に幅があり他のピクミンより体格が大きく、少ない数で他のピクミンの隊列に紛れていてもかなり目立つ。頭に毛のようなものがある。上記の3種とは違い、花の色は濃いピンク色である。オニヨンは確認されていない。

他の色のピクミン10匹分に相当する力と重さがあり、大きな獲物でも、数匹の紫ピクミンで運べる。赤ピクミンよりも攻撃力が高い。体重が重く、投げ付けると、他のピクミンと違い、ほぼ真横に飛んだ後、一定の位置で直上落下し、着地するとドスンと音がなると同時に衝撃が走り、これを利用して原生生物に当てたり、着地の衝撃を与えるとひるませる。また、原生生物に着地すると着地の音が変わる。 敵に投げ付けた場合、アカコチャッピーやウジンコ程度の小さい生物なら一撃で倒せるほか、大きい生物の動きを気絶させて止められる事がある(気絶に至らなくとも、連投していれば、着地の衝撃で小刻みに飛び上がらせてある程度動きを止められる)上、同時にダメージも与えられる。その攻撃力は赤ピクミンをも遥かに凌ぐ程であり、赤ピクミンとくらべ、遥かに少数で尚且つ手早く原生生物を仕留めるのに有効。更には、多少狙いが外れても、敵の位置に自動的に向かって落ちてくれる。しかし、中には、当て付けてもダメージを与えられない生物もいる。

その自重の重さゆえに他のピクミンよりも移動が遅く(紫の花ピクミンより、白の葉ピクミンのほうが移動速度が速い)、投げても他のピクミンと比べ、あまり高く投げられず、ほぼ真横にしか飛ばないため、空中にいる敵や、弱点が高い場所にある敵には不向きである。ただし、空中にいる敵の場合は一匹でも張り付かせられると、一発で地面に叩き落とせる上、絶対に振り落とされる事はない(ただし、一部の生物を除く)。また、この他、バクダン岩に当てると一発で起爆して思わぬ所で爆発させてしまうという欠点もある。ピクミンの中では唯一、火、水、電気、毒のどのギミックにも耐性がない。

『ピクミン3』では本編には登場せず、ミッションモードにのみ登場。ドスンという音を立てて着地し、10匹分の力を持つ点は前作同様だが、戦闘能力に関しては、前作と比べると弱体化されており、攻撃力は赤ピクミンと同等の攻撃力に止まり、衝撃で敵を攻撃出来なくなっている上、ぶつけようとしても、ダメージを与えられなくなっている。

公式ガイドブックや、ゲーム中では語られていないが、タマゴムシの放つ強烈なにおいに動じない上に、フーセンドックリにも吹き飛ばされないという性質がある。 また、アメボウズに対抗でき、倒せるのも、紫ピクミンだけであり、他のピクミンでは、ダメージすら与えられない。

白ピクミン[編集]

『ピクミン2』で初登場。他のピクミンより小さな体をしており体重が軽く、赤い目をしている。また、紫ピクミンと同様にピンク色の花が咲く。紫と同様にオニヨンは確認されていない。

他のピクミンよりも速く移動できる。花ピクミンに至ってはオリマー達をも追い抜いて、後ろを向きながら走る事さえある。しかし、その速い足が災いして移動して急に止まった所で違う色のピクミンを掴んで投げようとする際、そのピクミンの前に出てしまい、思わぬ所で間違って投げさせてしまう事がある。

毒に耐性がある上に自身も体内に毒を持ち、敵が食べると毒に侵される。アカコチャッピーや、ダンゴマナズ程度の小型生物なら、一匹食べさせるだけで倒せ、チャッピーや、ヘビガラス等の大型生物でも、大ダメージを与える事が出来る。白ピクミンを食べて倒した生物の死骸をオニヨンに運んでも何ら問題なく増やせる。赤い目には探知能力があるようで、地中に埋まったお宝を掘り出せる。

『ピクミン3』では紫同様、ミッションモードのみの登場。『2』とは違い毒のギミックは登場しないので毒に強いという設定はなくなっているが、体内に毒を持つという設定は健在(ただし、毒で与えられるダメージが弱体化している)。また、攻撃力が羽ピクミンと同等となっているため、戦闘には不向きとなっている。

岩ピクミン[編集]

『ピクミン3』で初登場。

体色は黒で、丸くてゴツゴツしており、岩に似ていて、紫ピクミンほどではないが、他のピクミンよりも、体格は大きい。体が硬く、他のピクミンでは壊せないガラスや水晶の障害物を壊したり、他のピクミンでは倒せない水晶の鎧を纏った敵の鎧を破壊する事ができる。硬い身体故、イモガエル等の押し潰しの攻撃を仕掛けられても、埋まるだけで押し潰される事がなく、突き刺しの攻撃も無効化する事が出来る(ただし、原生生物には他のピクミン同様、食べられてしまう)ただし、他のピクミンのように敵に張り付いて頭の花や葉をぶつけて攻撃すると言った事が出来ず、代わりにその硬い体を利用して突進すると言った形での攻撃を行う。投げ付けた以降は標的に向かってひたすら突進を繰り返す形となる。その固い体を利用して、紫ピクミン程ではないが、原生生物に直接ぶつけることで、非常に有効なダメージを与えることができる。そのため、赤ピクミンや紫ピクミン程ではないが、他のピクミンと比べ、攻撃力は高めだが、先述のように張り付いての攻撃ではなく、突進攻撃となるため、他のピクミンと比べ、次の攻撃を仕掛けるまでのタイムラグが生じる。このため原生生物に直接投げ付ける形でサポートする必要がある。花の色は紫色。

オニヨンとペレットの色は灰色。

羽ピクミン[編集]

『ピクミン3』で初登場。

名の通り、羽が生えており、体色はピンク色で腹部に縞模様があり、白ピクミン以上に小さく、目が青いのが特徴。常に空中を浮遊する事ができ、障害物にぶつかることは基本的にないため、青ピクミンに次いで、行動範囲が広い。空中にいたまま獲物を運ぶ事が出来るため、他のピクミンより運搬距離を短縮できる上、地形次第では他のピクミンでは投げ入れても届かない場所にある果実や物を取り出させる事も可能となる。また、ひっこぬけ草と呼ばれるピンク色のゼンマイのような植物を抜く事が出来る唯一のピクミンであるため、彼らがいなければ、回収出来ない果実も存在する。更に、投げられないものの、水辺の上をそのまま引き連れて通る事も可能(水中でない限りは、そこから突撃の指示で原生生物と戦わせたり、獲物や果実等を運搬させることが可能)。

戦いが苦手で攻撃力が他のピクミンの中でも低く、原生生物を倒すのに時間が掛かってしまう。また、他のピクミンは一撃で倒せる敵も、このピクミンでは倒す事が出来ない(1ペレットのペレット草ですらも、花にぶつけても、張り付いて叩くため、一撃でペレットを採取できない)。ただし空中にいる敵には非常に有効であり、例え振り落とされても、何度でも起き上がり立ち向かう。また、獲物を運搬する際、他のピクミンのものとして運搬している所に羽ピクミンがいると、数によっては、それを横取りしてしまい(他のピクミン数より、羽ピクミンの数が多いと他のピクミンは手放してしまう)、羽ピクミンの獲物としてオニヨンに運んでしまう事がある。 

花の色は岩ピクミン同様、紫色で、オニヨンとペレットの色はピンク色。

ピクミンの亜種[編集]

キノコピクミン
『ピクミン』に登場。キノコの原生生物・ボケナメコの胞子を浴びて洗脳され、敵になったピクミン。頭に生えている葉・つぼみ・花がキノコのかさになり、色も赤紫になり、目も白目に変わる。ボケナメコの周りについて回り、仲間やオリマーを攻撃し始める。ピクミン同士で戦闘をして正気に戻る場合もあるが、やり過ぎたり、負けると死んでしまうことが多いが、オリマーにはりついたキノコピクミンはボタン連打などで振りほどくと死ぬことなく、確実に正気にもどる。
ヤドリピクミン
『ピクミン2』で登場。作中ではハチャッピー(後述)の和名として登場するのみで、姿は不明。オニヨンを持たず、他の生物に寄生して生活するピクミンの仲間。宿主の神経に体内のピクミンが根を伸ばして自由を奪ってしまう。ただし、捕食に関しては宿主任せであり、寄生された生物は、頭から通常ピクミンの頭部と同様の葉が生える。なお、作中の図鑑説明によると、他生物との共生を積極的に行うピクミンの習性から、寄生ではなく何かしらの共生ではないかという説もあるらしい。
オニヨンやポンガシグサといった繁殖体が今のところ発見されておらず、どのように繁殖するかは不明である。また、寄生を行う経路も明かされていない。作中ではアカチャッピー(ベニデメマダラ)に寄生したもののみ登場している。
ハチャッピー、コッパチャッピー
ハチャッピーはアカチャッピーにヤドリピクミンが寄生したもの。上記の理由のため、他のピクミンを食料と認識して捕食を試みてくる。
コッパチャッピーは、ハチャッピーが連れている子供。ハチャッピーがいる間はそれについて歩くのみだが、ハチャッピーの死後、混乱しているところを笛で呼び集めると仲間にでき、ピクミン同様に扱うことができる(リーダーとなるハチャッピーを失ったため混乱したコッパチャッピーが、オリマーたちを新たなリーダーと仮に定めるためとされる。ピクミンの性質上、同じリーダーに従う他の者に対しては攻撃をしないので、ピクミンからは敵とは見なされていない)。コッパチャッピーは、炎・毒・水・電気のすべての障害に耐性を持つ。1つのエリアにピクミンと合わせて100匹以上は登場せず、1頭に付き最大10匹連れており、100匹に近い程連れている数は減る。また、地下洞窟にのみ登場し、そのまま地上に連れて帰ることはできない(死亡ピクミンにはカウントされない[1])。ただし、ポンガシグサに入れてピクミンにすることは可能であり、そうすれば地上にも連れて帰れるため、若干ではあるが、ピクミンの数を増やすこともできる。
オリマー
『ピクミン』のバッドエンドにて登場。オリマーをピクミンが運び[2]、オニヨンに運び込むことで種が生まれ、生えてくる。頭部しか確認することが出来ないが、生前髪の毛だった部分がピクミンの葉となっている。

特殊な個体[編集]

ピクミンの中には、繁殖などの目的のために分化したと思われる個体が存在する。

オニヨン[編集]

ピクミンの母体。タマネギから3本の根が下りたような形をしている。上部にはプロペラのような構造の花がついており、3本の根を畳んで飛行することが可能(『3』では根を引っ込めて飛行する上、その部分からジェット噴射のように光を噴射している)。なお、『ピクミン』『ピクミン2』では、デザインが同一で、色毎にオニヨンが分かれていたが、『ピクミン3』では、大幅にデザインが変更され、タマネギの形とはかけ離れた形になっている。更に前2作と違い、それぞれの色の個体が合体することで一つのオニヨンに複数の種類のピクミンを格納できる模様。

「概要」で述べたように、オニヨンはピクミンの巣であると同時に、持ってきた栄養源を基に新たなピクミンの種子を生み出す繁殖個体である。栄養源は下部から吸い込まれ(明らかにオニヨンよりも巨大なものも吸い込んでしまう)、基に応じた数の種を花から放出する。

ピクミンの星には夜行性の原生生物が多く、日が暮れると原生生物がピクミンを捕食しに襲ってくるため、ピクミンは各色のオニヨンにそれぞれ戻り、オニヨンごと空へと避難する(『3』では、各色のオニヨンが合体し、一体となっていく形となるため、合体している色のオニヨンと同色のピクミンは共通のオニヨンに戻り、まだ、合体、吸収されていないオニヨンはそのオニヨンの色と同色のピクミンのみが乗り込む)。

紫ピクミンと白ピクミンはオニヨンを持たず、ドルフィン初号機に乗り込んで避難する。

名の由来はオリマー曰く、オニヨンがホコタテ星の「オニヨンタマネギ」というタマネギに似ていたことから来ている。

ポンガシグサ[編集]

ピクミンがオニヨン以外に繁殖に用いる植物。ピクミンを投げ入れると、そのピクミンを代償に花弁の色に対応したピクミンの種を一定数放出して枯れる。種を出す際は、その名のとおり穀類膨張機でポン菓子を作った際の如く勢いよく噴出させる。作中では、必ず登場するピクミンの色に対応した色のポンカシグサが登場する。また、1匹だけしか投げ入れられない代わりにピクミンの数を増やしてくれる種類も存在しており、どの色にして出すかは投げ入れた時の色によって決まる。これらは周期的に花弁の色を変えているため、特定の色のピクミンにしたいなら、タイミング良く投げ入れる必要がある。

上記のように、現在のところ紫と白のピクミンはオニヨンが発見されていないため、このポンガシグサを用いるのが唯一繁殖を行う方法である。また、特定のピクミンでなければ、回収できない物品も数多くあるため、必ずその物品の近くに設置されてある等、シリーズを通して極めて重要な役割を持つ生物となっている。

シリーズを追う毎に種類やバリエーションは増えていき、現在の所、8種類確認されている。

ピクミンの物運びについて[編集]

前述のようにピクミンを物に向かって投げると、ピクミンはそのものを運ぼうとするが、そのときにそのものの上に分数のような数字が出る。分母がそれを運ぶのに最低必要なピクミン数、分子が現在それを持っているピクミン数である。紫ピクミンは1匹で他種のピクミン10匹分の運搬能力がある。『ピクミン2』で登場する1kgの鉄アレイが重量1000であるため、重量1単位は1g程度と推定される。

どのオニヨンに運ばれるかについては、それを運んでいるピクミンの色で決まり、持っているピクミンの色の最も多いもののオニヨンに運ばれる。もし複数の色のピクミンの数が同じ場合、最初にその数になったピクミンの色のオニヨンに運ばれる。たとえば、アカチャッピー(最低定員10匹)を赤4匹、黄色4匹、青2匹をこの順に投げて運ばせたとすると、赤オニヨンに運ばれる。

持つのに必要なピクミン数以上のピクミン(すなわち、定員どおりの人数で運んでいる最中にさらに運ぶ人数を増加させた際の、後から加えられたピクミン)はどのオニヨンに運ぶかに関係しない。具体的な例を挙げると、たとえばアカチャッピー(最低定員10匹)を赤4匹、黄3匹、青3匹で運んでいると赤オニヨンに運ばれるが、このとき青ピクミンを2匹追加させたとしてもその青ピクミンはどのオニヨンに運ぶのかには関係しないので、赤オニヨンに運ばれる。青オニヨンに運ばせたい場合、一旦招集して改めて最初に青ピクミンを投げる必要がある。

『ピクミン2』では仕様が変更され、ピクミンを後から追加した場合でも、最終的に運搬しているピクミンの数が一番多い所へ運ばれる(目指しているオニヨンの色が表示されるようになった)。また、白と紫のオニヨンはないため、それらのピクミンのみで運搬した場合はランダムとなり、一匹でも赤、青、黄のピクミンがいた場合はそちらに優先して運ぶ。

フリー状態[編集]

オリマーが放り投げる、解散するなどして、隊列として連れていないピクミンは「フリー状態」となる。この状態のピクミンは体の色が薄くなり(『2』以降の作品では薄くならない)、頭の葉などがそのピクミンの色に発光する。また、近くのものや敵に反応し、勝手に運搬や攻撃を行う他、周りに運ぶものや獲物が無い場合は座り込んだり伸びをしたりと、好きなように行動している。オリマーがピクミンに向かって笛を吹くか直接触れることで隊列に戻すことができる。

ピクミンがフリー状態のまま日没を迎えた場合、宇宙船の周りにいるピクミンは自らオニヨンに戻るが(『3』では、宇宙船の周りに輪っかが現れ、その輪っかの内側以外のピクミンはオニヨンに戻れないようになっている)、それ以外のピクミンはオニヨンに戻れず、夜になって活動が活発になった原生生物に捕食されてしまう。

外部出演[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
大乱闘スマッシュブラザーズDX』では、ピクミンの観賞用フィギュアが登場した。
大乱闘スマッシュブラザーズX』ではオリマーとともにプレイヤーキャラクター「ピクミン&オリマー」として参戦した。赤・青・黄・紫・白の5種が登場する。なお、オリマーと同じく原作における身長設定(2cm)では戦闘が出来ないので、元の大きさよりもかなり大きくなっている。
スマブラシリーズのキャラクターはフィギュアだが、ピクミンだけは原作と同様に地面から引っこ抜いて、はかなく散るという設定で本物である。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uにも引き続き参戦。『for』ではカラーバリエーションとして3のアルフにキャラチェンジできるようになった。
マリオゴルフ ファミリーツアー
ゴルフコース「ピーチキャッスル」にあるホール近くの花畑にボールが突入すると、その中からピクミンが飛び出す演出がある。
おいでよ どうぶつの森
イベントおよび期間限定の配信アイテムとして「ピクミン」が配信されたことがあった。赤・青・黄のピクミンが埋まったプランターで、調べると原作と同じピクミンの鳴き声がする。
[1]
おどるメイド イン ワリオ
クイーンチャッピーを操作してピクミン達を押しつぶす「ピクミン2」というプチゲームがある。
街へいこうよ どうぶつの森
赤ピクミンの頭部を模した帽子が「あかピクミン」という名称で期間限定アイテムとして配信されたことがある。
すれちがい伝説ニンテンドー3DSの本体内蔵ソフト)
入手できるMii用の帽子として、ピクミンの頭部を模した帽子(フード)である「ピクミンの帽子」が登場する。赤ピクミン・黄ピクミン・青ピクミンの3種類が存在する。一度入手した帽子はすれちがいMii広場全体で使用可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、他の原生生物に捕食されるなどの要因で死亡した場合は死亡ピクミンにカウントされる。
  2. ^ 期限中にロケットが完成せず、必要なパーツが足らずに出発した場合、ロケットが墜落してオリマーが死亡してしまう。また、特殊操作でオリマーが死んだふりをした際にピクミンがオニヨンへ運び、取り込もうとするイベントもある(死骸ではないため吸収はされない)。パーツを発見できずに日記を進めていくと、自分もピクミンになりたいと願望を持っていく。

関連項目[編集]