洗濯屋ケンちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

洗濯屋ケンちゃん(せんたくやケンちゃん)は、1982年[1][2]日本で発売された裏ビデオ作品。日本の裏ビデオの代名詞的な作品とされ[3]、裏ビデオの名作[4][5][6][7]あるいは傑作[8]などとも評される。

解説[編集]

題名はかつての人気ドラマ『ケーキ屋ケンちゃん』のもじりである。本作品の監督であり、俳優として『ケーキ屋ケンちゃん』に出演歴のある藤井智憲により命名された[9]。監督の藤井のほか、『コメットさん』の監督歴のある出口富雄が製作[10](出口の監修した書籍では肩書きは製作ではなく「総監督」[11])を担当するなど、テレビ・映画関係者により作られた。

女優2名のキャスティングはスカウトに任せた[10]が、主演男優はスカウトでは手配がつかず、監督の藤井と知り合いだった俳優の久野一之が起用された[10]。久野は後に「きたばやしけん」の芸名で海外輸出向けのポルノ映画『高野聖(1983年版)』に主役の僧宗朝として出演している[9]

製作スタッフがマスターテープからダビングしたのは200本程度であった[12]が、ダビング業者から流出して[12]大量に広まった。流通した総数は10万本[1]、13万本[2][12][13]、15万本[14]、あるいは50万本[14]とも言われ、視聴した者の総数は500万人に及ぶとも推測されている[14]。家庭用ビデオデッキ(特にVHS規格のデッキ[15])の購入特典として本作品のビデオテープが配られたとされ[2][13][14][15][16]、本作品は家庭用ビデオデッキの普及に貢献したとも言われる[1][2][13][14][15][16]。広く流通し、日本における裏ビデオの代名詞的な作品[3]となったが、流通後に製作スタッフと主演男優がわいせつ物頒布等の罪等で逮捕される事態となっている[9][11][4]

アメリカへの輸出を想定して製作された[9][17]ため、本格的な絡みのある演出となった[9]。日本で初めて顔射シーンを映像化した作品であるとされる[7]

あらすじ[編集]

洗濯屋のケンちゃんは、お得意様の二号さんをデートに誘い、浦安埋立地[4](現在の東京ディズニーリゾートがある場所[18])の草むらで青姦し、友達の彼女を騙してラブホテル強姦する。[3][9][14]

製作の出口によると、オリジナルには上映時間の異なる3つの版(上映時間はそれぞれ60分、30分、45分)があったという[19]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

影響[編集]

サザンオールスターズのシングル「東京シャッフル」のミュージック・ビデオには、ニュースキャスターに扮した桑田佳祐が曲を紹介する時に、「かつて日本中の若者達の人気を博しました、あの幻の“洗濯屋ケンちゃん”が…」と、他のニュース原稿と間違えて読む、というコントシーンがある。

SEX MACHINEGUNSの楽曲『人妻キラー』のミュージック・ビデオに「洗濯屋KENちゃん」と書かれたチラシが出てくる。

また日本テレビ系バラエティ番組『カックラキン大放送!!』のメインコント「お笑いお茶の間劇場」では、沢田研二が“洗濯屋のケンちゃん”という役柄でゲスト出演していた。ただしこの役柄の登場は1980年からなので、本作とは関係がない(むしろ本作が名称などを拝借した可能性がある)。

本作の監督を務めた藤井は2001年12月、撮影の経緯と裏話を明かした回想録「さよなら、『洗濯屋ケンちゃん』」を官能小説専門の電子書籍サイト「おとなの本屋・さん」で発表した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 小室友里、菊地⾹(構成)「アダルトビデオ AV30年(上) 元⼈気女優小室友里が明かす光と影」、『サンデー毎日』、毎日新聞出版2012年7月1日、 3ページ、145ページ。
  2. ^ a b c d “日本にビデオデッキ普及させた『洗濯屋ケンちゃん』とは?”. NEWSポストセブン. 週刊ポスト (小学館). (2012年11月7日). http://www.news-postseven.com/archives/20121107_153389.html 2018年2月9日閲覧。 
  3. ^ a b c 昭和性資料研究会 『新・幻の性資料1 昭和名作裏ビデオの軌跡』 イースト・プレス2014年7月、7-10頁。ISBN 978-4781612300
  4. ^ a b c 「裏ビデオの名作『洗濯屋のケンちゃん』の凱旋」、『週刊文春』第25巻第28号、文藝春秋社1983年7月、 190-193頁。
  5. ^ 佐野眞一 「第5章 暗闇のフロントランナー・ポルノ映画の現在」『日本映画は、いま ― スクリーンの裏側からの証言』 TBSブリタニカ1996年、216頁。ISBN 4-484-96201-2
  6. ^ 「『洗濯屋ケンちゃん』の17年 日本の"裏20世紀"を駆け抜けていった藤井智憲監督の奔放人生」、『週刊宝石』第19巻第22号、光文社1999年6月、 166-167頁。
  7. ^ a b 高田次郎 『幻の性資料 第25巻 裏ムービー傑作選』 イースト・プレス、2003年5月、5頁・34-42頁。ISBN 978-4872573510
  8. ^ 丸茂ジュン「性相突撃ルポ 『洗濯屋ケンちゃん』幻の名監督の新作に大欲情す」、『宝石』第12巻第11号、光文社、1984年11月、 353-359頁。
  9. ^ a b c d e f g h i “『洗濯屋ケンちゃん』監督 ジョン・レノンの家に居候の過去”. NEWSポストセブン. 週刊ポスト (小学館). (2015年8月19日). http://www.news-postseven.com/archives/20150819_341459.html 2018年2月9日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f 藤井智憲 (2001年12月7日). “さよなら、『洗濯屋ケンちゃん』 日本初の本番ビデオの監督の告白(試し読みページ)”. おとなの本屋・さん. 2018年4月25日閲覧。
  11. ^ a b c 山本純也・小原俊一(編); 出口富雄・大野順一(監修) (1983年1月). アダルトビデオを69倍楽しむ方法. 群雄社出版. p. 3. ISBN 4-87617-045-2. 
  12. ^ a b c 山本純也・小原俊一(編); 出口富雄・大野順一(監修) (1983年1月). アダルトビデオを69倍楽しむ方法. 群雄社出版. p. 38. ISBN 4-87617-045-2. 
  13. ^ a b c “『洗濯屋ケンちゃん』 13万本が流通し累計売り上げ12億円説”. NEWSポストセブン. 週刊ポスト (小学館). (2015年8月16日). http://www.news-postseven.com/archives/20150816_341442.html 2018年2月9日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f “500万人を魅了した伝説の昭和裏ビデオ『洗濯屋ケンちゃん』とは!?(2ページ目)”. LITERA (サイゾー). (2014年8月26日). http://lite-ra.com/2014/08/post-400_2.html 2018年2月9日閲覧。 
  15. ^ a b c “「洗濯屋ケンちゃん」で始まった“裏モノ”の栄枯盛衰史”. NEWSポストセブン. 週刊ポスト (小学館). (2017年10月1日). http://www.news-postseven.com/archives/20171001_615760.html 2018年2月9日閲覧。 
  16. ^ a b “[ぽっぷかるちゃ〜]⽉例講座 アダルトビデオ”. 毎日新聞: p. 6. (1998年7月21日東京夕刊) 
  17. ^ 菊地⾹「アダルトビデオ AV30年(下) プレー化、短絡化、童貞増… 変えた男と⼥」、『サンデー毎日』、毎日新聞出版、2012年7月15日、 3ページ、133ページ。
  18. ^ 藤木TDC「みんな「洗濯屋ケンちゃん」をひっそり見たものだ」、『昭和の謎99 衝撃の真相解明号』、ミリオン出版2017年8月25日、 18-21頁、 ISBN 978-4-8130-7940-8
  19. ^ 山本純也・小原俊一(編); 出口富雄・大野順一(監修) (1983年1月). アダルトビデオを69倍楽しむ方法. 群雄社出版. p. 52. ISBN 4-87617-045-2.