REX 恐竜物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
REX 恐竜物語
監督 角川春樹
脚本 角川春樹
丸山昇一
原作 畑正憲
『恐竜物語〜奇跡のラフティ〜』
出演者 安達祐実
渡瀬恒彦
大竹しのぶ
伊武雅刀
音楽 朝川朋之
主題歌 米米CLUBときの旅路 〜REXのテーマ〜
撮影 飯村雅彦
編集 板垣恵一
荒川鎮雄
配給 松竹
公開 日本の旗 1993年7月3日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 22億円[1]
テンプレートを表示

REX 恐竜物語』(レックス きょうりゅうものがたり)は、1993年7月3日に公開された日本映画である。安達祐実の映画デビュー作。キャッチコピーは「それは、地球からの贈りもの。レックス。ともだちは、レックス。」。2002年の『ロード・オブ・ザ・リング』に抜かれるまで松竹の歴代興行収入配給収入)1位だった[2][3]

CLAMPにより漫画化(コミカライズ)、関修一により絵本化されている。

あらすじ[編集]

古生物学者・立野昭良と娘の千恵は、北海道の山奥の洞窟で恐竜(ティラノサウルス)の卵を発見した。孵化した恐竜はレックスと名付けられ、千恵が母親代わりとなって育てる。

スタッフ[編集]

登場人物[編集]

立野 千恵(たての ちえ)
演 - 安達祐実
立野 昭良(たての あきら)
演 - 渡瀬恒彦
伊藤 直美(いとう なおみ)
演 - 大竹しのぶ
福富 吉行(ふくとみ よしゆき)
演 - 伊武雅刀
信田 仙次郎(しのだ せんじろう)
演 - 常田富士男
伊藤 早苗(いとう さなえ)
演 - 草笛光子
盛岡 大助(もりおか だいすけ)
演 - 平田満
愛川 健太(あいかわ けんた)
演 - 山崎裕太
坂本 久夫(さかもと ひさお)
演 - 佐藤蛾次郎
CFガール
演 - 樹木希林
犬を連れた婦人
演 - 塩沢とき

その他[編集]

  • ロケは愛知県豊橋市豊橋自然史博物館ハッシーワールドなどを中心に撮影されている。なお、この豊橋自然史博物館愛・地球博で話題になった冷凍マンモスのユカギル・マンモスの展示でも有名。
  • 劇中で安達祐実扮する千恵が使用しているオカリナは、オカリナ奏者の寿和が製作したものである。また、劇中で流れるオカリナの演奏は、同じくオカリナ奏者である宗次郎による。
  • 千恵は引きこもりがちな性格に過ぎないにもかかわらず、自閉症と呼ばれるなど、過度に社交性を求める社会の問題点を加えて描いている(原作では単に喘息という設定)。
  • 当時安達は別の映画の仕事が内定していたが、この映画の話を聞いた事務所社長(当時)の相澤秀禎自らの裁定でこの映画に出演させたという。
  • レックスの着ぐるみは『E.T.』などの造形も担当したカルロ・ランバルディによるもので、製作には500万ドルを費やしたといわれる[4]
  • 高稼動のため10週間興行を14週間興行に変更する予定だったが、角川春樹製作者兼監督のコカイン事件のため当初の10週間興行で打ち切られた[5]。また、事件で世間を騒がせたお詫びとして、チケットが100円で販売された[要出典]
  • テレビ番組などメディアへの安達らの露出を多用した強力な宣伝活動が行われたが、監督逮捕後は一転して同じテレビ番組でコメンテーターらが「子どもと観に行ったが、つまらなかったと言っていた」などと否定的なコメントを急に連発する光景が見られた。

受賞歴[編集]

関連商品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 139頁。
  3. ^ キネマ旬報2003年2月下旬号では配給収入を24億円としている[2]
  4. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、358頁。ISBN 4766927060
  5. ^ 「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社1994年、 155頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]