勇者王誕生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勇者王誕生!
遠藤正明シングル
初出アルバム『ガ王〜勇者王誕生!10連発!!〜』
B面 いつか星の海で / 下成佐登子
リリース
規格 8センチCD
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 米たにヨシトモ
田中公平
前田耕一郎(B作詞)
遠藤正明 シングル 年表
Killed by BEAK SPIDER
(1996年)
勇者王誕生!
(1997年)
A PIECE OF THE SUN
(1999年)
テンプレートを表示
勇者王誕生!―神話マイソロジーヴァージョン―
遠藤正明シングル
初出アルバム『ガ王〜勇者王誕生!10連発!!〜』
B面 獅子の女王リオン・レーヌ / 鈴木佐江子
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP(アニメソング)
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 米たにヨシトモ
田中公平
米たにヨシトモ・貴三優大(B作詞)
チャート最高順位
テンプレートを表示
ガ王〜勇者王誕生!10連発!!〜
遠藤正明 他サウンドトラック
リリース
ジャンル J-POP(アニメソング)
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 54位(オリコン)
テンプレートを表示

勇者王誕生!」(ゆうしゃおうたんじょう)は、遠藤正明の2枚目のシングルテレビアニメ勇者王ガオガイガー』の主題歌であり、遠藤の出世作でもある。作詞は本編の監督でもある米たにヨシトモが、作曲は田中公平が担当した。「勇者王誕生!」は1997年2月21日に発売され、そこから様々な派生バージョンが作られている。

また、最初にリリースされたシングルのカップリング曲だった『いつか星の海で』も、ガオガイガーのエンディングテーマ曲として使用された。

概要[編集]

監督の米たにが「アニメ本編と一体化した歌が欲しい」と考え、多くの人々の協力を得て完成した。歌詞は当時既に減少していた、「主要ロボットの名前・技名を連呼する」というロボットアニメ主題歌の王道的なスタイルになっている。歌詞中で実に170回以上も「ガ」が登場する。米たにが仮歌詞を作り、田中公平に作曲を依頼したところ、「『ガ』の数が多すぎる」と言う事で、半分位削ったというエピソードもあり、元々は300 - 400個ぐらい『ガ』という部分があったと思われる。歌詞のほとんどは七五調だが、メロディは七五調になっていないため、聴いているだけではそれと気づきにくい。

派生バージョン[編集]

曲調や歌詞、歌い手の違う、様々なバージョンが存在する事でも有名である。2005年には、この曲のみを18バージョン集めた『ガ王〜勇者王誕生!10連発!!〜』 が発売されている。テレビアニメやOVA、CDに収録されたもの等も含め、様々な派生バージョンが存在する。

主題歌[編集]

勇者王誕生!
最初のバージョン。バックに女声コーラスが入っている。
勇者王誕生!―神話マイソロジーヴァージョン―
OVA勇者王ガオガイガーFINALで流れる最初のバージョンで、2000年1月1日に発売された。「主役ロボが変わったから」という理由で、歌詞の変更、ボーカルの取り直しのほか、曲そのもののアレンジも行っている。2番に登場する『ゴルディオンクラッシャー』は、当初の設定では何度も使用可能な通常運用ツールであったが、作中では最終決戦のラストに使用される最終兵器に変更された。1番をOVA2話から6話まで使用。FINAL及びFINAL-GGG-の1話では挿入歌という形で使用された。
勇者王誕生!―究極神話マイソロジーヴァージョン―
勇者シリーズ子供番組っぽさを出したい!」という事で、OVA7話のOPの為だけに作られた曲。この頃から歌詞の派生が乱用され始める。バックに子供(GGG少女歌激部隊)のコーラスが流れる。2番メロと3サビをOVA7話で使用。なお、OPアニメでは前述の設定変更による8話クライマックスのネタバレを回避するためか、該当する歌詞が省略されその箇所はガオガイガー、ガオファイガー、ジェネシックガオガイガーが握手しているカットが挿入されるという演出がなされている。
勇者王誕生!-集大成神話ギャザリングマイソロジーヴァージョン-
スリージーズ2005(ガオガイガーに登場する声優達)のコーラスが入ったバージョン。『勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING』のDVD-BOXの特典として、5.1chバージョンが収録されている。勇者王誕生!の女性バックコーラスから変更された歌詞に流用できる部分だけ流用されている。(例えば『舞い上がれ』の『上がれ』に勇者王誕生!の『立ち上がれ』の『上がれ』を流用している。)すでにOVAで『ネタバレ』したため歌詞はそのまま使用されている。1番を1話から9話まで、2番を10話と11話に使用。

その他のバージョン[編集]

勇者王誕生!-オーケストラヴァージョン-
2000年11月1日に『田中公平作家生活20周年記念 炎のオーケストラコンサート』で演奏されたバージョン。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団。田中公平は今までに作曲した5500曲中、一番に『勇者王誕生!』を選んだ。
勇者王誕生!〜ピアノソロ・ヴァージョン〜
TVシリーズの挿入曲として作成されたもの。OVA8話では2分45秒の曲でありながら、ノーカットでOP曲に使用された。演奏はピアニスト、作・編曲家の島健
勇者王誕生!-PREVIEW-
次回予告映像で使用されたバージョン。元々はガオガイガーの戦闘シーンに使用する曲として作曲された。実は本編で数回使用されている。
勇者王誕生!-PREVIEW-(未使用版)
オリジナルサウンドトラックに収録された、本来次回予告で使用されるはずだったバージョン。本編での使用は無かったが、FINAL-GGG-の1話から11話までの番組スポンサー提供でのBGMに使われた。(ちなみに12話のは-集大成神話ヴァージョン-のオリジナルカラオケである。)
勇者王誕生!歌唱指導付カラオケ
本編のナレーターである小林清志の歌唱指導の入ったバージョン。
勇者王誕生!-完璧絶叫パーフェクトぜっきょうヴァージョン-
無印『勇者王誕生!』と『究極神話ヴァージョン』を繋げ、武器や必殺技のセリフを入れた曲。一部のカラオケ機種に収録されている。また、完全に歌うには最低三人以上必要。    
勇者王誕生!-extra-
FINALのオリジナルサウンドトラック1に収録された、謎の吟遊詩人「※-mai-」(米たに)が歌うバージョン。
勇者王誕生!-ultimate extra-
「ガ王 勇者王誕生! 10連発!!」に収録されたバージョン。横浜港に上陸した※-mai-と、その波動を感じ取った謎の王道アニソン鉄人「⊕-den-」(田中)が歌うバージョン。歌詞は-extra-と同じ。
勇者王誕生!-デモテープ-
田中公平が自ら歌うサンプル曲。『ディバイディングドライバー』の代わりに『プロテクトシェード(ガオガイガーに装備されている防御装置)』の名前が出てくる等、歌詞に若干違いがある。

カバー(セルフ以外)[編集]

勇者王誕生!パラパラVer.
石田燿子が歌うパラパラバージョン。カバーアルバム『パラパラMAX2』に収録。このCDの収録曲の中では、唯一のフルバージョン。
勇者王誕生!-神話マイソロジーヴァージョン-ユーロビートVer.
『神話ヴァージョン』をユーロビート調にアレンジしたもの。歌手は石原慎一。オムニバスカバーアルバム『メカMAX』にフルサイズで収録されている。

外部リンク[編集]