村上克司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 克司(むらかみ かつし、1942年9月23日[1] - )は、日本の玩具工業デザイナー岐阜県出身[1]

バンダイの専務であり、2015年現在、株式会社ライブ・ワークス主宰[1][2]超合金をはじめとする、デザインや商品を数多く世に送り出したことで知られる。

来歴[編集]

少年時代から絵を描くのが得意で、手塚治虫小松崎茂に大きな影響を受けた。やがて工業デザイナーを志望し、理数系の岐阜県立岐山高等学校に入学する。

1961年に同校を卒業後、父親の反対や経済的な理由から美大への進学を断念し、バンダイに入社[1]。当時のバンダイには企画やデザインといったセクションが存在せず、営業部に配属された村上は、工場や返品係などで玩具作りのすべての仕事をこなしつつ、就労後にデザイン画を描きアイデアを練っていた[3]。その後は仕入部研究室に入り、商品やパッケージのデザインを行なっていたが、約1年後「商品開発の役に立つ」との社長命令で、2年間大阪へ営業の修行に出た。このときの経験は後の開発などの仕事に役立ったという[4]

バンダイが子会社のポピーを設立する直前の1971年に、ポピーのロゴをデザインした直後、自動車デザイナーを目指すため一時退社し、フリーの工業デザイナーとして独立。この時期には変身サイボーグ関連商品などの玩具デザインも行っていた[5][3]

1973年、ポピーの専務・杉浦幸昌の誘いでポピーに入社し、大ヒット商品となった超合金ポピニカマシンロボタマゴラスTOKIMAといった、玩具史に残る名商品の数々を企画、デザインして世に送り出す。

村上は超合金シリーズの第1号である『超合金マジンガーZ』の発案者であるため、「超合金の生みの親」として書籍などで紹介されることが多い。『超電磁ロボ コン・バトラーV』以降、自らキャラクターデザイン[注 1]も直接行うことが多くなり、大河原邦男らとともに「メカデザイナー」としてもアニメファンから知られるようになる。

玩具デザイン集団の必要性を提唱し、1981年にバンダイの子会社プレックスの前身のポピー企画室を発足。マシンロボシリーズや平成ウルトラシリーズ、スーパー戦隊シリーズのデザイナーであるプレックス大石一雄は、このポピー企画室に創立時より参加した村上の最初の弟子である[6]

1983年にポピーがバンダイと合併し、ボーイズトイ事業部へ変更された後も、長きにわたってバンダイの男児向け玩具の開発に腕を振るってきた。1984年にバンダイの専務取締役に就任。

1984年以降の、監修的な立場になった後でも合体ロボットの場合は頭部のみデザインしたものもいくつか存在する(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の大獣神など)。メタルヒーローシリーズは『テツワン探偵ロボタック』まで主役のキャラクターのみ、ラフデザインは自身で担当している[注 2]。スーパー戦隊シリーズでは、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』まで、主役のヒーローのデザインにタッチしている。

その後も村上は1990年代まで、プレックスのデザインの監修を担当している。そのプレックスやメガハウスなどバンダイナムコグループ数社の社長を務めた後、2002年にグループから離れ、同年ライブ・ワークスの代表に就任。また、2007年には『獣装機攻ダンクーガノヴァ』のコンセプトデザインを担当している。

2011年9月1日、マッグガーデンの取締役に就任。

デザインワークス[編集]

イナズマン』へのスタッフ参加以来、ポピー、バンダイ提供でのアニメ特撮番組に数多くデザイン・アイデアを提供した。「玩具メーカー主導のアニメ・特撮番組制作」という、現在の制作体制を確立した第一人者でもある。辰巳出版の『東映ヒーローMAX』Vol.25での、内田有作東映生田スタジオ元所長)と村枝賢一の対談記事の中で内田は『『超人バロム・1』のマッハロッドは、ポピーの村上がポンコツ屋から車のシャーシだけ買ってきて、デザインを描いてものの見事にマッハロッドを作った」と語っている[7][注 3]が、村上自身がこれについて言及したことはなく「最初に担当したのは『イナズマン』のライジンゴーです」と明言している[9]

スーパー戦隊シリーズの黒ゴーグル付きヘルメットマスクと強化スーツや巨大ロボット、追加戦士案、スーパー合体ロボや黒と緑の5人共存戦隊案、『宇宙刑事ギャバン』に始まる宇宙刑事シリーズおよびメタルヒーローシリーズ路線、『ウルトラマン80』のウルトラメカ、玩具化可能な様々な変形合体アニメロボット、ライタンシリーズ、『マシンロボ』、『タマゴラス』、『TOKIMA』に至るまで数多くのデザインに携わったほか、『スペースコブラ』のサイコロイドや『機動戦士Ζガンダム』のサイコガンダムなども村上の作によるものである。1984年に村上が開発、デザインした『タマゴラス』はグッドデザイン賞を受賞した[10]。この『タマゴラス』はテレビのキャラクターではなく玩具のオリジナル企画で、卵が変形して動物(動物型ロボット)やロボットに変形するという、テレビのキャラクター作品で培った変形ギミックを活かしたユニークな商品だった。

メタルヒーローシリーズでは「ゴーグルの下に目がある」というデザインを多用している[11]。当時の部下であった野中剛はこれは「強面だが実は優しい」という表現であり、村上が好んで用いたパターンであったと証言している[11]

ライオンが好きで[12]大鉄人17』、『スパイダーマン (東映) 』、『未来ロボ ダルタニアス』ではいずれもライオンがモチーフになっている。他にも猛禽類や、神々をモチーフにした像にもインスピレーションを受け、『勇者ライディーン』のゴッドバードの変形と、『六神合体ゴッドマーズ』の各六神ロボも、いずれもそういったものがモチーフに活かされ、後のスーパー戦隊シリーズなどの東映作品に登場する多くのメカデザインの源的な影響を今でも与えている。

既成のヒーロー概念に捉われることが無く、様々な新味を出すことに惜しみない部分があり、『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』は当時日本のヤンキー文化をモチーフにした作風にしたり[注 4]、『仮面ライダー』をバイクだけでなく車に乗せる(『仮面ライダーBLACK RX』)発想も村上によるものだといわれる[13]

逸話[編集]

  • 太陽の使者 鉄人28号』の制作にあたって、原作者の横山光輝は『鉄人28号』の新作(アニメ第2作目)の制作に乗り気ではなかったが、村上がアレンジしたデザインみて、その場で即決でゴーサインを出したという[14]
  • 虫嫌いで、「虫は弱いイメージだからヒーローに使うな」と主張していた。しかし、そういいながらも重甲ビーファイター(ブルービート、ジースタッグ、レッドル)は村上のデザインである。虫モチーフの戦隊が今まであまり出てきていないのはそれが影響しているという声も少なくは無い[要出典]
  • 勇者ライディーン』の頃にライディーンの元になる絵を描いてきて「俺はこういうのを描いた。これを何とかしろ!と悪魔のようなこと言って来るんですよ(笑)」と、後年安彦良和に述懐させた[15]
  • 新世紀エヴァンゲリオン』ブームの頃に出版された徳間書店の「超合金魂」のインタビュー[要ページ番号]で、「猫背のロボットじゃオタクは騙せても子供は騙せない」と発言した。
  • プレックス社内で『ビーファイターカブト』の後番組企画として、海洋生物をモチーフにした『シーファイター』が提案されたが、途中で『がんばれ!!ロボコン』的な路線による新番組に変更。コミカルロボットに不慣れなデザイナー陣に対し、村上が「これで行け!」と言いつつ提出したイラストを元にデザイン作業が進行したという。かような経緯で完成したのが、『ビーロボカブタック』であった(徳間書店『超合金魂』に掲載[要ページ番号])。
  • シド・ミードと親交があり、シド・ミードが∀ガンダムのヒゲのデザインに悩んでいた時に、超合金の書籍を見せた。コメントでは、他にも自身のデザインの「ゴッドシグマ」にも顎鬚がある件に言及している[16]
  • 宇宙刑事ギャバン』製作中に東映のスタッフと議論になったときに「おれがギャバンだ!」と叫んだといわれているらしい。しかし、村上本人は東映のスタッフと議論した記憶はあるものの「おれがギャバンだ!」という言葉は記憶にないという[17]
  • 『宇宙刑事ギャバン』放送から3年後、ポール・バーホーベンから、自作の映画『ロボコップ』の主人公にギャバンのデザインを引用させてほしいという手紙が村上のもとにきて村上は快諾した[18]
  • マスク造形の粘土原型をチェックする際は右側だけに修正を施し、反対側へはゲージを使用して同じ処理を施していた[19]。東映のヒーロー作品で造形の多くを担当したレインボー造型企画の小松義人へは全幅の信頼を置いており、小松の原型をチェックする際は全体を一瞬見てボールペンのキャップなどでディテールを追加する程度であったという[19]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 主に劇中に登場する商品化の予定のあるロボットやスーパーメカ。
  2. ^ 超人機メタルダー』はのぞく。
  3. ^ エキスプロダクション三上陸男は雑誌のインタビューで、マッハロッドのデザインは自分が描いたことや、車はエキスプロが作ったと語っている[8]
  4. ^ アニメ版『ビーバップハイスクール』の基になったといわれる[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 宇宙船113 2004, pp. 124-125, 「ごっつい あの人に会いたい」第4回 村上克司(前編)
  2. ^ 村上 克司 超合金の生みの親と呼ばれるスゴい人! - 日刊スゴい人!
  3. ^ a b 宇宙船114 2004, pp. 116-119, 「ごっつい あの人に会いたい」第5回 村上克司(後編)
  4. ^ THE 超合金 1988, pp. 98 - 99.
  5. ^ 『超合金魂 ポピー・バンダイキャラクター玩具25年史』(1998年、徳間書店)の本人インタビューの発言より(p70〜71)
  6. ^ 大石一雄 - OB,OG 仕事/作品-ギャラリー (NUDN)
  7. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.25、辰巳出版2008年6月10日、 87頁、 ISBN 978-4-7778-0526-6
  8. ^ 『別冊映画秘宝 特撮秘宝』Vol.2、洋泉社2015年11月13日、 242頁、 ISBN 978-4-8003-0766-8
  9. ^ THE 超合金 1988, p. 100.
  10. ^ THE 超合金 1988, p. 79.
  11. ^ a b 宇宙船148 2015, pp. 110-111, 「特別対談 横山一敏×野中剛
  12. ^ 超合金の男 2009, p. 84.
  13. ^ 『ロマンアルバム超合金魂』の大石インタビューと、二見書房『不滅のスーパーロボット大全』の『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』の項より[要ページ番号]
  14. ^ 『超合金クロニクル 村上克司セレクション』(2004、バンダイビジュアル)の本人インタビューより
  15. ^ キネマ旬報刊『動画王』Vol.7掲載の安彦良和インタビューより[要ページ番号]
  16. ^ 超合金の男 2009, pp. 126 - 128.
  17. ^ 超合金の男 2009, pp. 173 - 175.
  18. ^ 超合金の男 2009, pp. 177 - 178.
  19. ^ a b 宇宙船149 2015, pp. 124-125, 「特別対談 小松義人×前澤範×野中剛

参考文献[編集]