爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
爆走兄弟レッツ&ゴー!! > 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!
爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP
暴走ミニ四駆大追跡!
映画
監督 アミノテツロー
制作 XEBEC
封切日 1997年7月5日
上映時間 80分
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』(ばくそうきょうだいレッツアンドゴー WGP ぼうそうミニよんくだいついせき)は、1997年7月5日に公開された日本アニメ映画。テレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』の劇場版。監督は「WGP」編の加戸誉夫ではなく、「無印編」の監督であったアミノテツローが務めた。

同時上映作品は『ミニ四ファイター超速プロジェクト』。

ストーリー[編集]

WGP中盤、非公式ながら高速道路を利用して大規模に開催されたロイヤルフェスティバルカップの途中で突然謎のマシン・ガンブラスターXTOとその持ち主リオンが現れ、マシンを吹き飛ばしレースを滅茶苦茶にしてしまった。結果的に豪のサイクロンマグナムがゴールした事で、レースに勝利したのはTRFビクトリーズに決定するが、WGPに正式参加していないガンブラスターが先にゴールした為、豪は納得がいかないとガンブラスターを追いかけてしまい、烈達ビクトリーズのメンバーも渋々とそれを追いかける事に。

実はリオンはGPチップの開発に関わった科学者クスコ博士の息子で、GPチップの完成に遅れた結果、WGPに参加が間に合わなかったレーサーでもあった。ガンブラスターは、WGPの中盤になってようやく完成したが、搭載していた「GPチップγ」が原因で、怪電波を発しながら暴走を始めてしまったことが判明する。走る電波兵器と化したガンブラスターがこのまま暴走を続けたら、怪電波のせいで都市の全機能を滅茶苦茶にしてしまうと判断した開発者のクスコ博士は、ガンブラスターを破壊することを決定(スコシオ事務補佐官に至っては、SPF〈後述〉の戦闘機を撃墜させたことから、そんなことをする奴らの手に渡ることを懸念していた)。特殊部隊「SPF(スクランブル・ペンタゴン・フォース)」が出撃し、戦闘用の戦車型マシン「ミニ八駆」で、ガンブラスターへの攻撃を開始する。

ビクトリーズとリオンは、ガンブラスターが破壊される前に暴走を止めるべく必死でガンブラスターを追いかける。

登場人物[編集]

TV本編に登場するキャラクター[編集]

  • TRFビクトリーズ
  • ビクトリーズ関係者
  • NAアストロレンジャーズ
    • ブレット・アスティア(声:伊藤健太郎
    • エッジ・ブレイズ
    • ジョセフィーヌ・グッドウィン
    • マイケル・ミラー
    • ハマー・デーヴィッド・グラント
  • サバンナソルジャーズ
    • ジュリアナ・ヴィクトール
    • サリマ
    • ヴィッキー
    • ミシェル
    • クレモンティーヌ
  • 小四駆走行団光蠍
    • シェン・ホワァン(声:陶山章央
    • トン・ウェン・リー
    • ナン・シメイ
    • サイ・ブンキ
    • サイ・ブンエン
  • クールカリビアンズ
    • ピコ・パルティア
    • リタ・シドニア
    • タム・ビセンテ
    • パトリシア・メイヨ
    • モンティー・バリオス
  • アイゼンヴォルフ
    • ミハエル・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー
    • シュミット・ファンデルハウゼン・フォン・シューマッハ
    • エーリッヒ・クレーメンス・ルーデンドルフ
    • アドルフ・ホルト
    • カール・ヘスラー

ゲストキャラクター[編集]

リオン・クスコ(声:今井由香
ガンブラスターXTOを作ったクスコ博士の息子で、ガンブラスターの持ち主。暴走してしまったガンブラスターを助けようとマシンを追跡していたところWGPのレースに乱入してしまう。
ザビー・クスコ(声:郷里大輔
リオンの父親でガンブラスターXTOの開発者。土屋博士と鉄心とは顔見知り。
スコシオ(声:鈴木琢磨
事務補佐官。ガンブラスターXTOに危険さを感じていた。

以下、SPF関係者

ジーコブ(声:玄田哲章
暴走したガンブラスターXTO破壊のために出動した軍人たちのリーダー。ヘリ部隊を指揮する。
テドゥルート(声:関俊彦
ジーコブの部下。大人げない性格でビクトリーズに煙幕弾を放った。
ゼフィ(声:矢島晶子
ジーコブの部下。劇中で描かれた軍人たちの中では唯一の女性。

用語解説[編集]

GPチップ
「グランプリマシン」と呼ばれる種類のミニ四駆に搭載されている、学習機能を持ったチップ。普通のミニ四駆とグランプリマシンの最大の違いはこのGPチップを搭載しているかどうかで、これを搭載した状態でマシンが走行することで、GPチップがマシンの特性を記憶していき、マシン自身が自ら意思を持っているかのようにコースを走行することが出来、マシンポテンシャルを最大限に引き出せるようになる。発案者はクスコ博士。
GPチップβ(ベータ)
TRFビクトリーズを始めとするグランプリマシンに搭載されている通常のGPチップ。土屋博士、岡田鉄心、クスコ博士の3人で共同開発したもの。
GPチップγ(ガンマ)
GPチップβでは満足できなかったクスコ博士が開発した新型GPチップ。しかし、失敗作だった為、周囲の機械を壊してしまうほど強力な怪電波を発する上、これを搭載したとたんにガンブラスターは暴走を始めてしまう。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「GET THE WORLD-versionXTO-」(影山ヒロノブ
  • 「俺たち」のテーマ(影山ヒロノブ with コロコロキッズ)

DVD[編集]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントから、2008年9月24日に発売。完全予約限定生産。

DVDにはオーディオコメンタリーが収録されている(出演者は星馬豪役の池澤春菜、星馬烈役の渕崎ゆり子、ミニ四ファイター役の森久保祥太郎)。

特典として、サントラCD、劇場上映生フィルムコマ、特製ブックレットがついた。サントラCDには映画のBGMとテーマソング(『「俺たち」のテーマ』)、声優座談会が収録されている(出演者はオーディオコメンタリーと同じ)。

テレビアニメのDVDと同じで「『光過敏症』対策として原版に映像処理を施している」と説明されているが、テレビアニメ版のDVDに残像が発生している一方で、この劇場版DVDには全く残像らしき残像は発生していない。

補足[編集]

  • 前売り券にはガンブラスターXTOボディセットが特典としてついてきた。
  • 劇場ではガンブラスターXTOのキットが先行販売された。
  • 劇場では『レッツ&ゴー!!』特別仕様のプリクラが設置された

関連項目[編集]