メメント・モリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『メメント・モリ』、ローマ時代のモザイク(ナポリ国立考古学博物館)

メメント・モリ: memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘るな」「死を忘ることなかれ」という意味の警句。芸術作品のモチーフとして広く使われる。

歴史[編集]

古代ローマでは「将軍凱旋式のパレードを行なった際に使われた」と伝えられる。将軍の後ろに立つ使用人は「将軍は今日絶頂にあるが、明日はそうであるかわからない」ということを思い起こさせる役目を担当していた。そこで、使用人は「メメント・モリ」と言うことによって、それを思い起こさせていた。

ただし、古代ではあまり広くは使われなかった。当時、「メメント・モリ」の趣旨は carpe diem今を楽しめ)ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。ホラティウスの詩には「Nunc est bibendum, nunc pede libero pulsanda tellus.」(今は飲むべきだ、今は気ままに大地を踏み鳴らすべきだ)とある。

この言葉は、その後のキリスト教世界で違った意味を持つようになった。天国地獄の救済が重要視されることにより、死が意識の前面に出てきたためである。キリスト教的な芸術作品において「メメント・モリ」はほとんどこの文脈で使用されることになる。キリスト教の文脈では「メメント・モリ」は nunc est bibendum とは反対の、かなり徳化された意味合いで使われるようになった。キリスト教徒にとっては、死への思いは現世での楽しみ、贅沢、手柄が空虚でむなしいものであることを強調するものであり、来世に思いをはせる誘因となった。

京都学派の哲学者として知られる田辺元は、最晩年に「死の哲学(死の弁証法)」と呼ばれる哲学を構想した。その哲学の概略を示すために発表された論文が「メメント モリ」と題されている。田辺はこの論文の中で現代を「死の時代」と規定した。近代人が生きることの快楽と喜びを無反省に追求し続けた結果、生を豊かにするはずの科学技術が却って人間の生を脅かすという自己矛盾的事態を招来し、現代人をニヒリズムに追い込んだというのである。田辺はこの窮状を打破するために、メメント・モリの戒告(「死を忘れるな」)に立ち返るべきだと主張する[1]

関連作品[編集]

墓石
ミヒャエル・ヴォルゲムート英語版 『死の舞踏』1493年、版画
腐敗した死体を表現したトランジ)は、15世紀にヨーロッパの富裕階級の間で流行した。
死の舞踏』は、「メメント・モリ」の最も知られているテーマで、死神が貧乏人と金持ちを等しく連れ去っており、これはヨーロッパの多くの教会に飾り付けられた。その後の植民地時代のアメリカでも、ピューリタンの墓には翼を持つ頭蓋骨、骸骨、蝋燭を消す天使が描かれている。
静物画
芸術では、「静物画」は以前「ヴァニタス」(: vanitas、「空虚」)と呼ばれていた。静物画を描く際には、なにかしら死を連想させるシンボルを描くべきだと考えられていたからである。明らかに死を意味する骸骨(頭蓋骨)や、より繊細な表現としては花びらが落ちつつある花などが、よくシンボルとして使用されていた。
写真
写真が発明されると、親族の死体を写真で記録することが流行した。
時計
時計は、「現世での時間がどんどん少なくなっていくことを示すもの」と考えられていた。公共の時計には、 ultima forsan(ことによると、最後〈の時間〉)や vulnerant omnes,ultima necat(みな傷つけられ、最後は殺される)という銘が打たれていた。現代では tempus fugit(光陰矢のごとし)の銘が打たれることが多い。ドイツアウクスブルクにある有名なからくり時計は、「死神が時を打つ」というものである。スコットランド女王メアリーは、銀の頭蓋骨の形で表面にホラティウスの詩の一文が飾られた、大きな懐中時計を持っていた[2]
文学
イギリスの作品では、トーマス・ブラウンの『Hydriotaphia, Urn Burial』とジェレミー・テイラーの『聖なる生、及び聖なる死』がある。また、トーマス・グレーの『Elegy in a Country Churchyard』やエドワード・ヤングの『Night Thoughts』も、このテーマを扱っている。
  • 藤原新也著『メメント・モリ(死を想え)』(1983年)
  • 一条真也著『ロマンティック・デス〜月を見よ、死を想え』(2009年)
  • 日野原重明著『メメント・モリ:死を見つめ、今を生きる:死を想え』 (2009年)
  • 今西祐一郎著『死を想え「九相詩」と「一休骸骨」』(2016年)
  • 岡和田晃編集『ナイトランド・クォータリーvol.25 メメント・モリ〈死を想え〉~病疾(えやみ)に蠢く死の舞踏』(2021年)
映像
  • テレビドラマ『Xファイル』 - シーズン4に「メメント・モリ」というエピソードがある。
  • 映画『メメント』(2000年公開) - 『Memento Mori』という短編小説を原案としている。
  • テレビドラマ『怪奇大家族』 - 第8怪「実録!仁義の冥土」に無縁仏の死人ヤクザ「メメント森」が登場。「死だけは皆に平等に訪れる」のセリフもあり。
  • TVアニメ『機動戦士ガンダム00』に登場する衛星軌道から太陽エネルギーを利用して、都市を壊滅できる兵器の名称が『メメントモリ』である。
  • TVアニメ『デス・パレード』 - Episode 11(第11話)のサブタイトルが『メメント・モリ』であり、作品にはカクテルの名前として登場している。
  • 小説・アニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』に登場する強豪チームの名前に使われている。略称「MMTM」。
  • ゲーム『Dead by Daylight』内でのアイテム名。通常殺人鬼側が直接生存者側を殺害する事は出来ないが、このアイテムを使用する事により可能となる。レア度により殺害出来るタイミングや人数が変わる。
音楽

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 田辺元(1964(1957))「メメント モリ」,『田辺元全集 第13巻』,pp165-175,筑摩書房
  2. ^ 'Memento mori' watch in the form of a skull, known as the 'Mary Queen of Scots' watch.”. Science Museum Group. 2022年9月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]