イース -フェルガナの誓い-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イースシリーズ > イースIII > イース -フェルガナの誓い-
イース -フェルガナの誓い-
ジャンル アクションRPG
対応機種 Windows(Win)98/2000/Me/XP/Vista
S!アプリ(S!)
iアプリ(i)
プレイステーション・ポータブル(PSP)
開発元 日本ファルコム
携帯:タイトー
発売元 日本ファルコム
携帯:タイトー
人数 1人
メディア Win:CD-ROM,DVD-ROM
PSP:UMD,ダウンロード
発売日 2005年6月30日
[S!]:2005年12月22日
[PSP]:日本の旗2010年4月22日[1][2]
[PSP]:アメリカ合衆国の旗2010年11月2日
[Win]:アメリカ合衆国の旗2012年3月19日
対象年齢 [PSP]CERO:B
デバイス ゲームパッド・キーボード・マウス
必要環境

CPU:Pentium III 800MHz(1GHz以上)
メモリ:[98/Me] 128MB(256MB以上)
[2000/XP]256MB(384MB以上)
HDD容量:1.3GB
ディスプレイ:640x480、High Color

VRAM:32MB(GeForce2以降及びRADEONシリーズ推奨)
エンジン Direct X 8.1以上
売上本数 [PSP]:日本の旗4.3万本
[PSP]:アメリカ合衆国の旗5万本
その他
  • Vistaは後の対応版より
  • 必須環境の()内は推奨スペック
テンプレートを表示

イース -フェルガナの誓い-』(Ys -The Oath in Felghana-)とは、日本ファルコム製のアクションロールプレイングゲーム(ARPG)。2005年Microsoft Windows向けに発売。〈イースシリーズ〉第3作目である『ワンダラーズフロムイース (イースIII) 』 のリメイク作品[3]

1989年に横スクロールARPGとして発売された原作を、2003年に発売された『イースVI -ナピシュテムの匣-』 の3Dシステムを使って約16年振りにリメイクしており、ゲームシステム面での原作との共通性はほとんどない。ストーリーは大筋として原作を踏襲しているが、『VI』で確定された有翼人を前提とした世界設定へとファルコム自身によって大胆にアレンジされている。

他社によって携帯電話に移植されている他、ファルコム自身によってプレイステーション・ポータブル(PSP)へ移植された[1][2]

ゲームシステム[編集]

3D化されたトップビューのARPGであり、剣を振る事によって攻撃を行い、ジャンプや方向キーとの組み合わせ方によって攻撃方法(剣の振り方)と威力が変わるなど、基本的には『VI』のシステムを継承しているが、『VI』に比べよりアクション要素が強くなっている。

難易度設定[編集]

初回版では、EASY・NORMAL・HARDの3種類から選ぶことができ、HARDをクリアすることにより高難易度のNIGHTMAREが追加される。また、公式サイトから配信されているパッチによってEASYより難易度が低いVERY EASY、NIGHTMAREより難易度が高いINFERNOが追加され(INFERNOはNIGHTMAREクリア後に出現)、計6種類の難易度が用意されている。なお、Vista対応版は当初よりパッチ適用済となっている(PSP版は難易度に関わらず1週目クリア後にINFERNOが出現する)。

『VI』と比較しての新システム[編集]

ダッシュ
あるアイテムを入手すると、通常より速く走ることができる。
二段ジャンプ
あるイベントをこなした後、空中でジャンプができるようになる。二段ジャンプがある事が前提となってダンジョンが作られているため、この操作に慣れなければ先に進めない。
リングアーツ
『VI』におけるエメラス剣の剣技、剣魔法に相当。火の属性「焔霊の腕輪」、風の属性「風霊の腕輪」、地の属性「地霊の腕輪」の三種類の腕輪を装備する事によってそれぞれに対応した特殊攻撃リングアーツを発動できる様になる。(MPに相当するリングパワーを消費)また、リングアーツには攻撃以外の効果として、「火」には点灯、「風」にはジャンプ中の発動で飛距離の延長、「地」にば壁の破壊があり、ゲームを進める上での重要な要素となってくる。それぞれの腕輪に対応した宝石を手に入れる事により腕輪を強化できる。腕輪の変更にはボタンが当てられており、メニューを開かずに可能である。
コンボ
攻撃の連続ヒット数がコンボとしてカウントされ
  • 敵から取得できる経験値の上昇
  • アイテムを落とす確率の上昇
  • 秘薬を落とす。
という三つのボーナスが得られる。
経験値の上昇はコンボ数が上がることにより上昇率も上昇する。一定時間効果がありコンボが一度途切れても上昇効果が残っている間にさらにコンボを発動する事によって効果を継続できる。秘薬は「攻撃力上昇」「防御力上昇」「リングパワー回復量上昇」の三種類。こちらも効果は一定時間で消えるが、消える前に更に秘薬を取得することにより、上昇率を上げる事が出来る。
ブーストモード
時間経過と共にたまっていくブレイブゲージが最大値に達すると発動可能。発動中は攻撃速度、防御力が上昇し、敵の攻撃を受けても仰け反らなくなる。また、10回まで連続攻撃できるようになる。
スタン
下突きで攻撃すると、一定確率で敵を気絶させることができる。二段ジャンプ習得後、二段目のジャンプから下突きをすると、スタンの確率が上がる。
回復
HPの回復手段は基本的にセーブポイント(道祖神)と敵が落とす回復アイテムのみ。回復アイテムは取った時点で効果が発揮され所持する事が出来ない。従って、回復したい時に回復が出来るとは限らない。ACCESSORY「精霊の衣」を装備していると、立ち止まっていると徐々にHPが回復するようになる。また、レベルアップするとHPが全回復する。
リングパワーは何もしなくても回復する。
武器強化
『VI』の「エメル」にあたる「ラバール鉱」を集める事によって、武器屋で武器を精錬し鍛える事が出来る。『VI』では強化できたのはエメラス剣だけであったが本作では剣だけではなく、鎧・盾と全ての装備を強化できる。強化できる種類は増えたが、一つあたりの強化できる段階は2段階までとなっている。数値のみを見れば『VI』より上昇幅は低いが、強化後の能力は大きく向上している。
NotFall機能(EASY・VERY EASYのみ)
F1キーでNotFall機能をONにすると、ガケなどから落ちてもそのフロアの入り口からやり直すことができる。ただし、落ちた先での重要なアイテムを取り損ねたり、新しい場所に進めなくなるので基本的にはOFFにする事が推奨される。


登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

※キャストはPSP版のもの

アドル・クリスティン
赤毛の冒険者。19歳。相棒のドギと共に旅を続けていたが、旅先で不吉な噂を聞いた事でフェルガナの地を訪れる。
ドギ
声 - 玄田哲章
アドルの相棒で、共に旅を続けている。25歳。フェルガナの不吉な噂を聞いた事で8年ぶりに故郷へ帰る事になる。
エレナ・ストダート
声 - 野中藍
レドモントの町に住む、ドギの幼馴染。17歳。相変わらず様々な場所に出没するが、「III」の時と比べるとヒロイン要素が強くなっている。
チェスター・ストダート
声 - 伊藤健太郎
エレナの兄で、ドギの幼馴染。「III」の時以上に復讐心が強くなっており、ドギに重傷を負わせたり、バレスタイン城を魔物が徘徊する場所に変えてしまうなど、見境いの無い行動を取る。

PSP版限定キャスト[4][編集]

  • エドガー
声 - 徳山靖彦
  • マーゴ
声 - 斉藤貴美子
  • シスター・ネル
声 - 久川綾
  • ジョエル、アントニオ、リカルド
声 - 寺本勲
  • ランドルフ、アドニス
声 - 竹本英史
  • ボブ、ジャン=ピエール
声 - 松野太紀
  • ニコラス司教
声 - 島田敏
  • アイーダ、エリザベータ
声 - 臺奈津樹
  • ロクス、ポール
声 - 平井啓二
  • アーニャ、シンシア
声 - 斉木美帆
  • ハロルド、デューイ
声 - 山本圭一郎
  • フィオナ、ヒューゴ
声 - 日比愛子
  • ガードナー、アンドレ
声 - 田中一成
  • マクガイア伯
声 - 大友龍三郎
  • アリーゼ、フラン
声 - 山口繭
  • クリストフ
声 - 遠藤智佳
  • ベルハルト
声 - 掛川裕彦
  • ナレーション、ガルバラン
声 - 銀河万丈

機種・パッケージによる違い[編集]

Win版[編集]

初回限定版
全ての『フェルガナ』のベース。CDとDVDの2種のパッケージで発売された。同梱特典として過去の『イースIII』関連CDおよびプレアレンジバージョンCDの合わせて8枚をセットとした「P・R・E・M・I・U・M MUSIC CD BOX in FELGHANA」が付属。次作『ザナドゥ・ネクスト』からは初回版もDVDケースサイズでの販売となっており、本作が最後の大箱での発売となっている。
Vista対応版
価格を下げ、2007年3月29日にDVDのみで発売。Vistaに対応し、DVDケースサイズのスリムパッケージとなった[5]

携帯電話版[編集]

タイトーよりS!アプリFOMAiアプリとして提供されている。基本的な内容はWindows版に準ずるが、若干の違いがある。以下はS!アプリとWindows版の相違点である。

  • 難易度設定はない。それに伴い、Not Fall機能も削られている。
  • コンボ、秘薬、ブーストモード、ダッシュが削除されている。また、下突きのスタン効果も削除されている。
  • リングアーツは常に溜め打ち状態である。
  • 方向キー入力時にその方向に攻撃が発生する。攻撃は簡単になるが、例えば移動中に方向転換しつつジャンプ、といった操作を行いたい時は注意が必要(攻撃のモーション中にはジャンプができない)。
  • 一部のモンスターの外見や挙動が違う。省略されているモンスターも居る。
  • 一部のイベントが削られている。
  • 一部のアイテムが削除されている。
  • 街のマップは自由に移動できるが、全画面表示であり、建物の入り口に入ると会話と選択肢のみとなる。それに伴い街でのイベントは会話、状況説明の文のみとなる。
  • 一部のマップは削除、もしくは書き換えられている(例:バレスタイン城・西翼の地下フロアは溶岩から槍に変更)。
  • バレスタイン城のボスモンスターの殆どが削除され、代わりにザコモンスターが登場する。
  • セーブはどこでも可能になり、道祖神は回復のみとなっている。
  • アドルの装備ビジュアルが変更されない。
  • 携帯電話を上に振る事でジャンプが可能となっている(モーションセンサー搭載機種のみ)。

PSP版[編集]

[6] ファルコム自身によって開発・販売が行なわれ、2010年4月22日に発売。2011年3月3日より『空の軌跡FC』、『零の軌跡』、『イース 7』と共に、無料体験版がダウンロード配信されている。

  • 戦闘時のカットイン導入他、演出面の強化
  • イベント完全フルボイス
  • 『イースIII』PC-8801版、X68000版、Win版の3タイプのBGMから選択可能
  • 設定イラストが見られるミュージアム機能の搭載
  • NotFall機能が難易度に関わらず使用可能
  • 2週目以降にクリアーデータを引き継げる
  • Wブースト(後述)の追加
Wブースト
ブレイブゲージが200%までたまるようになっており100%以上ためることでブーストモードが、最大までためることでWブーストが発動できる。発動時に周囲の敵を弾き飛ばしてダメージを与え、発動中はブーストモードの効果に加えて自然にHPが回復するようになる。

関連CD[編集]

  • P・R・E・M・I・U・M MUSIC CD BOX in FELGHANA:初回特典。『プレアレンジ』以外は過去の『イースIII』関連CDの復刻版。
    1. イース -フェルガナの誓い-プレアレンジバージョン
    2. ミュージック・フロム・イースIII 〜ワンダラーズ・フロム・イース〜
    3. パーフェクトコレクション・イースIII-1
    4. パーフェクトコレクション・イースIII-2
    5. 交響詩ワンダラーズ・フロム・イース(FALCOM SPECIAL BOX'92より)
    6. ワンダラーズ・フロム・イース 〜スーパーアレンジバージョン〜
    7. イースIII J.D.K.スペシャル
    8. ベストセレクション・オブ・イースIII
  • イース -フェルガナの誓い- オリジナルサウンドトラック (OST)
  • イース -フェルガナの誓い- スーパーアレンジバージョン (SAV)
  • パーフェクトコレクション イース-フェルガナの誓い-:OSTとSAVのセットパッケージ。
  • イース-フェルガナの誓い-jdkスペシャル:PSP版の初回限定特典。
  • イースドラマCD 異説 〜もう一つのフェルガナ冒険記〜:PSP版限定ドラマCD同梱版。
    アドル、カーン(声 - 草尾毅
    ドギ、トーレス(声 - 玄田哲章
    エレナ、アナスターシャ(声 - 野中藍
    チェスター、ジェノス(声 - 伊藤健太郎
    シスター・ネル、イザベラ(声 - 久川綾
    ベルハルト(声 - 掛川裕彦
    マクガイア(声 - 大友龍三郎
    ニコラス、オリバー(声 - 島田敏
    エドガー(声 - 徳山靖彦
    マーゴ(声 - 斉藤貴美子
    ホフマン(声 - 坂熊孝彦
    ジェラルド(声 - 松村幸洋
    ナレーター、ガルバラン(声 - 銀河万丈

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b シリーズ最高傑作、衝撃のイースアクション誕生! 『イース 〜フェルガナの誓い〜』 2010年4月22日発売決定! (PDF)”. 日本ファルコムIR情報. 日本ファルコム (2009年11月27日). 2009年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 「電撃特報 イース フェルガナの誓い」『電撃PlayStation』Vol.460(第15巻第43号通巻503、2009年12月11日号)アスキー・メディアワークス、90-91頁
  3. ^ 『公式ガイドブック』108頁
  4. ^ 新紀元社イース-フェルガナの誓い- PC&PSP両対応版公式ガイドブックより
  5. ^ この段落は、日本ファルコムの人気タイトルが Windows Vista 版として登場 2007年3月29日に13タイトル一挙発売!! (PDF)”. 日本ファルコムIR情報. 日本ファルコム (2007年2月15日). 2009年12月6日閲覧。 を参照。
  6. ^ この節は、『日本ファルコムIR情報』(2009年11月27日)および、『電撃PlayStation』Vol.460を参照。

関連項目[編集]

  • フェルガナ - 同音の実在の地名。ただし英語でのスペルはFerganaでゲーム中の地名Felghanaとは異なる。
  • RINNE - 2005年発売当時に『フェルガナ』とのセット販売もされていた。

外部リンク[編集]