宮崎友好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮崎友好みやざき ともよし1968年[1]-)は、日本のコンピュータゲーム開発者およびシナリオライター

来歴[編集]

中央大学理工学部管理工学科在籍中に日本ファルコムアルバイトとして参加[1]。その後正社員に登用され『イース』『イースII』のシナリオを手がけた。

『ワンダラーズ フロム イース(イースIII)』の開発終了後、同じくイースシリーズの開発スタッフだった橋本昌哉らと共にファルコムを退社・独立し、1989年ゲーム会社クインテットを設立。処女作である『アクトレイザー』から「二面性」をテーマとした作品を手がけ[2]、後にクインテット代表取締役となる。

また90年代前半には、「きのこ」というハンドルネームで草の根パソコン通信にも参加していた。

2009年、株式会社ギガファクトリの代表取締役に就任する。

その後、クレジットカード決済代行の決済ドットコム社代表取締役に就任したが、同社は多額の未払い金を抱えたまま倒産。宮崎も消息を絶ち現在に至る。

代表作[編集]

下記代表作の中には、アルバイトの立場において制作に携わったものもある。

脚注

  1. ^ a b MSX・FAN 1988年5月号116p
  2. ^ HYPERプレイステーション1999年8月号117p