みんな集まれ!ファルコム学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんな集まれ!ファルコム学園
ジャンル 4コマ漫画ギャグ漫画
漫画
作者 新久保だいすけ
出版社 フィールドワイ
掲載サイト 月刊FALCOM MAGAZINE
オンラインマガジン
発表号 2010年vol.1 -
巻数 既刊5巻
アニメ:みんな集まれ!ファルコム学園(第1期)
みんな集まれ!ファルコム学園SC(第2期)
原作 日本ファルコム、新久保だいすけ
監督 ぴっぷや
シリーズ構成 山下憲一
脚本 山下憲一
キャラクターデザイン 青葉みずき
音楽 Falcom Sound Team jdk
製作 ファルコム学園生徒会
放送局 #放送局参照
放送期間 第1期:2014年1月5日 - 3月30日
第2期:2015年1月4日 - 3月29日
話数 第1期:全13話
第2期:全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

みんな集まれ!ファルコム学園』(みんなあつまれ!ファルコムがくえん)は、新久保だいすけによる日本4コマ漫画作品。ゲーム会社・日本ファルコムのオフィシャルオンラインマガジン『月刊FALCOM MAGAZINE』(発行:フィールドワイ)に2010年vol.1(創刊号)より連載中。略称は「ファル学」。

2014年1月から3月までテレビアニメが放送された。また第2期が2015年1月より3月まで放送され、第3期の製作も決定している。詳細はテレビアニメを参照。

概要[編集]

日本ファルコムのゲーム作品に登場するキャラクターが一堂に会する、クロスオーバー作品。ベースとなっているのはゲーム『イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ』で、漫画版はゲームと繋がりがある設定となっている。

本来は正義の戦士として活躍する英雄たちは異世界ザナドゥ」に召喚されてしまい、「理(ことわり)」の力によって性格が歪められてしまう。これを矯正すべく、本来人間でやはり「理」の力で小動物と化していたラッピィが「ファルコム学園」(本作品での「ファルコム」は、古代語で「理想郷」の意味)という学校を作り彼らを元に戻そうと奮闘するが、そんな事はおかまいなしに生徒たちはおバカな日常を繰り広げる。

登場人物[編集]

カッコ内は登場作品。また人物設定はこの作品におけるものでゲームでの設定とは大きく異なる。 なお、ここでは漫画版、アニメ版ともに登場した者の紹介のみに留める。 原作における人物設定は英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物などを参照。

ラッピイ(イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ
声 - 進藤尚美
単行本二巻のキャラ紹介は「みんなの玩具兼非常食」
ファルコム学園の創設者にして校長。元は『英雄伝説III 白き魔女』に登場するラップじいさん(さらに遡ると『英雄伝説IV 朱紅い雫』『英雄伝説V 海の檻歌』に登場する大魔導士・ミッシェル・ド・ラップ・ヘブンに至る)だったが「ザナドゥ」への召喚の際に「理」の影響でかわいい家畜(イースシリーズのピッカード)の姿に変貌し、人間に戻れなくなった。
イースの世界ではピッカードは食用な為にアドルに食材としてしばしば狙われている。
アドルの魔手から逃れるために『軌跡シリーズ』に登場するレアモンスター・シャイニングポムの姿にも変身した。が、変身しても今度は経験値目当ての遊撃士たちに襲われるため、あまり意味をなしていない。
ダルク・ファクト先生(イースシリーズ)
声 - 興津和幸
単行本二巻のキャラ紹介は「一番の苦労人」
「ダームの塔」での入浴中に召喚された為、いきなり全裸で現れた。「理」の力で性格が真面目になったこともあり、ラッピィに懇願されファルコム学園の教師となるが、どういうわけか最後に何かしらの罪(大体は周囲から受けたとばっちり)で牢屋送りにされていることが多い(劇中で「牢屋の常連」呼ばわりされている)。
同じく「理」の影響で、「」の概念を持つモノに非常に弱くなってしまっており、構成素材が銀である物に触れる、名前・異名などに銀の文字が含まれるキャラクターとの接触、果ては銀製の楽器の音を聞くだけで瀕死になってしまう難儀な体質となった。
原作のボス戦同様、攻撃(と判断されるもの)を受けると周囲に無数の落とし穴が発生してしまう。(本人曰く「体質」)
手下A教頭
声 - 兼久和伴
元の世界ではダルクの配下だった、名無しの魔物。
かつてはダルクの風呂上がりに着替えを用意するなど小間使いのような存在だったようだが、学園設立後は上下関係が逆転しており、ダルクを叱った際に「お前に言われるとムカつく」と口答えされ「福利厚生費を削っていいんですか?」と脅す面も。(あくまで学園内での話であり、学園外では元々の上下関係が継続されている模様)
ちなみに、『イースI』に登場するジェノクレスがモデルとなっている。
アドル・クリスティン(イースシリーズ
声 - 梶裕貴[注 1]
単行本二巻のキャラ紹介は「愛欲に濡れた英雄」
無類の美少女好きでバカ。「物語の始まりは美少女に起こしてもらうことから」と考えているらしく、いつも行き倒れで登場する。
過去の時代の自分自身が多数召喚された際には彼らに「冒険の心得」と称して「冒険で大事なのは美少女、金をくれる人、そいつらを騙す笑顔だぁっ!」と布教していた。隙あらばラッピイを捕食しようと狙っている。
ヨシュア・ブライト(軌跡シリーズ)
声 - 斎賀みつき
単行本二巻のキャラ紹介は「激ナル丸出し」
原作ではいたってクールで真面目なキャラだったが、「理」によって、ナルシストかつ女装癖の持ち主に変貌している。
が、今作キャラの中ではそれでも平時はまだまともな性格をしている方。
エステル・ブライト(軌跡シリーズ)
声 - 神田朱未
単行本二巻のキャラ紹介は「常識人である不幸」
ヨシュアへのツッコミ役。元々のキャラからの変化が少ないまともな人物のひとり。
なお、アニメ版のOPでは一人だけ明後日の方向を見ている(SCで更に悪化)。
ティオ・プラトー(零の軌跡 / 碧の軌跡
声 - 水橋かおり
単行本二巻のキャラ紹介は「作者のおきに」
至ってクールで面倒くさがり。「理」の影響は(みっしい好きが「もう手遅れ」なレベルになったことを除けば)ほとんど受けていない。
アニメの第6話では寄せられたお悩み相談に対して「手遅れです」を連発。フィーやセリナ姫、リースといった、物事をめんどくさがるキャラが増加していることに「自分のキャラが喰われてしまう」と焦りを感じている。
オリビエ(軌跡シリーズ)
声 - 子安武人
単行本二巻のキャラ紹介は「変態全裸王子A」
原作通りのナルシスト……なだけではなく、「理」の影響で重度の脱ぎ癖が付いてしまった。
登場シーンではほぼ必ずファンとペアであり、大抵二人して全裸になっている。
ロイド・バニングス(軌跡シリーズ)
声 - 柿原徹也
単行本二巻のキャラ紹介は「無自覚な弩変態」
クロスベル警察特務支援課ザナドゥ出張所所属の捜査官として悪さをしたキャラを容赦なく牢屋送りにする。
原作からの「リア充」っぷりは相変わらず。……どころか、老若男女問わず口説き落とす(身内除く)「攻略王」と化している。
ファルコムジャーの決めポーズの背後で爆破される役としてファルコムジャーに加入。
ティータ・ラッセル(空の軌跡
声 - 今野宏美
単行本二巻のキャラ紹介は「機械&赤毛フェチ」
原作では控えめなキャラだったが、「理」の影響で赤毛な人物や機械であれば見境なく興奮するようになってしまった。
アダリーが転入してきた際には彼女の仕組みを理解すべく、彼女を分解しようとスパナを持って襲い掛かった(アダリーについて妄想する彼女を見たアガットは「こいつやっぱり母親似」と評している)。
ちなみに、召喚された時期は「碧の軌跡」終了時くらいの設定であるため、年齢は十四歳である。エルディールの策謀で大半のキャラが子供になってしまった際には年下となったアガットに「ティータお姉ちゃんと呼びなさい」と威張っていた。
レン(軌跡シリーズ)
声 - 西原久美子
単行本二巻のキャラ紹介は「ほぼイメージ通り」
原作から全くキャラの変化がない人物の一人(強いて言えば原作にあった黒い部分がほとんど無くなっている)。原作での「博士号も持っている」「レンは教わるよりも教える側」との発言からダルクに「今すぐ教師になるべき」と言われた際には「そんなの(生徒たちの更生)無理だってわかってるから生徒側にいるんじゃない」と返した。
ドギ(イースシリーズ)
声 - 馬場圭介
単行本二巻のキャラ紹介は「レギュラー熱望」
「理」の影響で、「『アドルの相棒』だが出番が少ないことを気にしている」だけのキャラになってしまい、更には出番が与えられただけで幸せと喜びを感じるようになってしまっている。
ガッシュ(イースシリーズ)
声 - 佐藤拓也
単行本二巻のキャラ紹介は「兄弟漫才のツッコミ」
ブラコン全開のヘタレ…とされているが、ヘタレな一面はあまり見られない。
「理」の影響はほとんど受けておらず、イースシリーズのキャラクターの中では常識人ポジション。朴念仁。
アガット・クロスナー(空の軌跡)
声 - 近藤孝行
単行本二巻のキャラ紹介は「マトモな違和感」
ロリコンと言われることが多いが、本人は「シスコンだ!」と弁明する(実際のところシスコンが正しいのだが)。
みっしい(英雄伝説 軌跡シリーズ
声 - 小寺可南子
軌跡シリーズのマスコット的存在で、イースシリーズにも出演経験がある。
テレビアニメでは最初と最後に現れて、「みししっ」としか言わない[注 2]
SC6話で妹の「みーしぇ」も登場している。
リリア(Ys)
声 - 喜多村英梨
単行本二巻のキャラ紹介は「貧乳その1」
一見は優しい美少女だが、実は腹黒。アドルにご執心で、隙あらば既成事実を作ってしまおうと狙っている。
過去の時代のアドル達(イースシリーズ)
声 - 梶裕貴
突如大量に出現した、YsVII以前の時間軸から召喚されたアドル達。
まだ旅に出たばかりの頃と思しきアドルや、フェルガナを冒険している真っ最中と思しきアドル等大量に出現。
珍しく「理」の影響を受けていなかったため、周囲から悪影響を受ける前に全員元の世界に送還される運びとなった。
が、下記の北米版を始め一部アドルはザナドゥに残留したままである。
ちなみに、ゲームブック版アドルの「ひろゆき」(現実世界の人間がアドルになりきっているという設定だった)の声も梶が当てている。
違う世界のアドル達(イースシリーズ)
声 - 草尾毅
単行本二巻のキャラ紹介は「北米一の出オチ王」(北米版アドル)
作中メインとして登場するYsVIIの頃のアドルとは別次元からやって来たアドル達。
アニメでは彼等に草尾が「別世界・時代のアドル役」として声を当てている[注 3]
草尾は北米仕様のメガドライブ版『イースIII』のアドル(元はパッケージイラストなので平面の存在で裏面はグレー一色)と草尾自身が演じたOVAイース 天空の神殿』のアドルとして出演した。OVA版アドルは登場早々ダルクを抹殺しようとした。
北米版アドルは大量の過去及び異世界のアドルたちが元の世界に送還された後も登場し続け、事あるごとに登場している。
アニメSCではファルコムジャーに「《赤毛の戦士》ファルコムレッド」として立候補したが、満場一致で却下され、空の彼方へ吹きとばされている。(原作では当該話とは関わりがない)
ちなみにアドルが自身の住居としてダームの塔を出現させた際に登場した、アドルの形をしたレアモンスター・ドッペルゲンガー[注 4]への声当ても草尾が行っている。
アネラス・エルフィード(空の軌跡)
声 - 大河内雅子
「可愛いは正義!」。「理」の影響なのか、かわいいものが絡むと人を陥れることも厭わないキャラと化している。
ケビン・グラハム(軌跡シリーズ)
声 - 中尾良平
教育の強化のため、新たにファルコム学園の教師となる。
リースともども、「理」による改変は全く見られない。学園のごく一部から「天国の万能ネギ」という本人が帰りたくなるような渾名を拝命している。
リース・アルジェント(軌跡シリーズ)
声 - 桑島法子
ケビンと同時に教師となる。ちなみに、「碧の軌跡」に出演した時の衣装となっている。
原作同様の腹ペコシスターかつ毒吐きであり、アドル同様ラッピィを食料として付け狙っている。
クルツ・ナルダン(空の軌跡)
声 - 金子英彦
単行本二巻のキャラ紹介は「無意識の達人」
カルナ、グラッツともども、ダルクを迎える前から教師職に従事している。いたって真面目に教師をしている。
暇な時にはボート遊びに興じている模様。「理」の影響かは不明だが、船に乗るとその船はまともに航行できなくなる。
グラッツ(空の軌跡)
声 - 近藤孝行
単行本二巻のキャラ紹介は「エア教師」
存在が空気のようで、名前を憶えているキャラの方が希少(雇い主のラッピィすら彼の存在を憶えていない)、新しい教師を迎えるたびに首を切られる話が持ち上がるなど、かなりひどい扱いを受けている。
さらには酔ったカルナに「あんたは昔から要らない子だったでしょ」と言われて傷つく。
カルナ(空の軌跡)
声 - 大河内雅子
最初期から登場しているが、めだった活躍はない。更に、原作でもチームを組んでいるクルツ、グラッツと異なり、彼女だけキャラ紹介が用意されていなかったりする。
アイシャ・サリ・エドナス(YsSEVEN)
声 - 三上枝織
単行本二巻のキャラ紹介は「貧乳その2」
貧乳なのが悩み。たびたびガッシュにちょっかいを出している。
ガイウスに書いてもらった肖像画はまな板(アニメ版では洗濯板)だった。
エルディール(Ys セルセタの樹海)
声 - 田中秀幸
原作では白い翼が善の人格で、黒い翼が悪の人格だったが、「理」の影響でそれらの要素が逆転している(アニメ版では多少マイルドになった)。
「太陽の神殿」で見つけた謎の薬を自分含め様々な人に飲ませた結果、対象の容姿や行動が子供になってしまった。
モナ君(モナークモナーク
声 - 三上枝織
学園食堂兼何でも屋のMONASHOP店長。かなりあこぎで腹黒なキャラ。
ファン(ロマンシア
声 - 草尾毅
単行本二巻のキャラ紹介は「変態全裸王子B」
ザナドゥに来た当初はネガティブかつ人間不信な性格で周囲を心配させていたが、オリビエに感化されて開放的になった。
度々彼とともに登場し、全裸ではしゃいでは逮捕されている。
オリビエとともに幼児化した際には「なにがさいこうって、はだかでもモザイクなしでおっけーなとこ!」と二人して衣服を脱ぎ捨ててはしゃぐが、幼児化の原因だった薬の効力が切れ、薬を飲ませたエルディールともども御用となった。
戦士(アニメではドラゴンスレイヤー)(ドラゴンスレイヤー
声 - 金子英彦
原作の仕様につき、ドット絵。左利き。パワーリングやクロスといったアイテムを所持している。
パワーリング装備時は家屋やダームの塔を軽々と動かし、暴走車を真正面から受け止めたりできる。
基本的に真面目な性格だが、ノリが良かったり天然だったりもする。
アニメでは英雄たちのご先祖様との紹介が加わっている。
アリサ・ラインフォルト(閃の軌跡
声 - 堀江由衣
「理」の影響はほとんど受けていないようだが、原作よりは性格がおとなしめ。
時たま「アリサちゃん」と呼ばれる二頭身の存在に変貌する。
アニメではSCより登場。ふつう組。「アリサちゃん」はエンディングに毎回登場する。
リィン・シュバルツァー(閃の軌跡)
声 - 内山昂輝
漫画では「理」によって「すべてに全力をかける男」と化している。クラス分けのテストにすら命をかけて取り組む。
アニメではSC第1話より登場。漫画版の設定に加え、落下とあれば全力で(女子の)胸に顔を埋める男となった。ロイドに現行犯逮捕される。やればできる組。
リーシャ・マオ(軌跡シリーズ)
声 - 佐藤利奈
単行本二巻のキャラ紹介は「揉まれ役」
劇団アルカンシェルの新人アーティストであり、伝説の凶手《銀(イン)》その人。《銀》であることは絶対の秘密…なのだが、ラッピィが周囲に言いふらしてしまったためザナドゥではほとんどの人物が彼女の正体を知っている(事が露見した際にラッピィの頭を握りつぶした)。
《C》にファルコムジャーの一員《ファルコムシルバー》として勧誘された際には《C》にピンクならやってもいいと耳打ちし、参加を受諾した。
アニメではSC第1話より登場。
イリア・プラティエ(零の軌跡 / 碧の軌跡)
声 - 浅川悠
単行本二巻のキャラ紹介は「おぱいソムリエ」(脱字にあらず)
劇団アルカンシェルのトップスター……かつ、おっぱいソムリエ。隙あらばリーシャの胸を揉みしだこうと狙っている。ちなみに、自分が変態だという自覚はない。
落下してくるVII組の巨乳女子三人を一度に受け止めるべく、その場の思いつきで分け身(軌跡シリーズにおける一部のボス専用の技)を覚える。
アニメではSC第1話に登場。
エリオット・クレイグ(閃の軌跡)
声 - 白石涼子
ふつう組。理の影響か黒い一面をのぞかせる。
ラウラ・S・アルゼルド(閃の軌跡)
声 - 橋本ちなみ伊瀬茉莉也(SC10話より)[注 5]
ふつう組。他のキャラと違って性格、性質が全く崩壊していない。突っ込み役。
マキアス・レーグニッツ(閃の軌跡)
声 - 佐藤拓也
エリート組。「理」の影響で、金が絡む事柄に関してやりたい放題の「イヤな奴(ダルク談)」と化している。貴族を目の敵にしているのは相変わらず。
エマ・ミルスティン(閃の軌跡)
声 - 早見沙織
召喚当初は自覚がなかったが、「理」の影響で腐女子と化しており、原作では敬遠していたBLに目覚めている。パッと見はまともそうだがいつも妄想を巡らせており、周囲の会話で男性が二人絡む話題になると度々乱入してくる。エリート組。
ちなみに、原作で彼女にBLを布教していたドロテ部長は彼女とは逆に「同性愛なんて不純よ」と言うヘテロ至上主義の常識人キャラになっている。
ユーシス・アルバレア(閃の軌跡)
声 - 立花慎之介
貴族の責任を提唱している…が、「理」によって他人の頼みを見境なく引き受けるようになってしまっており、現在周囲からはパシリ扱いされている。エリート組。
フィー・クラウゼル(閃の軌跡)
声 - 金元寿子
ティオ以上の面倒くさがりで、彼女からは「キャラを喰われてしまう」と警戒されている。やればできる組。
ガイウス・ウォーゼル(閃の軌跡)
声 - 細谷佳正
ふつう組。モノの本質を捉えすぎてしまう。
アダリー(スタートレーダー
声 - 高橋未奈美
宇宙船フェンリルの航行用コンピューター。エリート組に編入してくる。なおアドルは彼女の声だけ聞いて「美少女だ!」とときめくが、人工知能の姿だと知りショックを受けていた。
SC1話より登場。SC最終話で巨大ロボットに変形させられる(ちなみに原作では当該話に一切関わりがない)。
エリィ・マクダエル(零の軌跡 / 碧の軌跡)
声 - 遠藤綾
単行本二巻のキャラ紹介は「魔界料理人」
「理」の影響によって「人間の食べるモノじゃない」ものをおいしく調理できてしまう、ただのカツどんが失敗料理になるなど、料理の腕が錬金術レベルになってしまっている。性格の方はいたって常識的。
アニメにはSC4話より登場。
ランディ・オルランド(零の軌跡 / 碧の軌跡)
声 - 三木眞一郎
単行本二巻のキャラ紹介は「どんどん薄くなる影」
他の支援課メンバーと違い、「理」の影響はオーブメントの属性縛りが火から水に変化したのみに留まっている。そのため、原作ではどちらかというと彼が突っ込まれるキャラだったのに対し、本作では逆に突っ込む側のキャラに回っている。
紆余曲折あったのち、キーアから「チャラニキ」(チャラい兄貴だから)という渾名を拝命した。
アニメにはSC4話より登場。「リア充爆発しろ…ッ!」
ミュラー・ヴァンダール(空の軌跡)
声 - 磯部弘
オリビエの幼馴染で、彼の扱いに長けている……設定なのだが、オリビエの奇行が「理」によって度が過ぎるほどに悪化したことに加え、ファン王子への突っ込みも受け持っているため気苦労が絶えない。現在ではまともなオリビエを想像するだけで体調を崩すほどになってしまっている。
ファルコムマン(ソーサリアン
声 - 中井和哉
ザナドゥへの召喚早々、自分を含めた「正義の戦隊 ファルコムジャー」を結成しようとする。
《C》(閃の軌跡)
声 - 櫻井孝宏
召喚された際にファルコムマンの股間で目覚め、しかもその際素顔の(アニメでは股間で眠っている)写真を撮られてしまい、ほとんど脅迫される形でファルコムジャーに加入させられる。ファルコムジャーとしてカウントされているが、メンバーをスカウトするなど、どちらかと言えばファルコムマンたちをサポートする立場にある。
ブルブラン(軌跡シリーズ)
声 - 三浦祥朗
怪盗B名義でダームの塔を盗む旨の予告状を出すが、現地に赴くとダームの塔が消滅しており、特務支援課に通報したところで御用となった。
その後も「銀の短剣」を盗んだ嫌疑をかけられてすねたり、《C》の誘いに乗って、美の戦士・《怪盗紳士》ファルコムホワイトとしてファルコムジャーに加入したりと、原作の彼からは想像できない姿を晒している。
ギャランドゥ(ZWEI2
声 - 若本規夫
《C》の誘いに乗り、エクササイズの戦士・《覆面超人》ファルコムブルーとしてファルコムジャーに加入。
ポリン(ぐるみん
声 - 日野まり
《C》の誘いに乗り、ガスの戦士・《ガスの仮面》ファルコムグリーンとしてファルコムジャーに加入。
アンゼリカ・ログナー(閃の軌跡)
声 - 進藤尚美
漫画、アニメともにファルコムジャーのメンバー集めの際にワンカットだけ登場。
アニメでは「ラッピィに声が似てる」と周囲から突っ込まれるも、お互いにこれを否定している。
アレックス・ダドリー(零の軌跡 / 碧の軌跡)
声 - 中井和哉
クロスベル警察捜査一課所属の捜査官。ファルコムジャーの正体を暴いて言いふらすべく追い回すラッピィ(とティオ)の前に現れ、もう暗いから早く家に帰るよう促す。しかしてその正体は……、
アニメではSC6話に登場。
ジュリオ(ガガーブトリロジー
声 - 緒方恵美
ラッピィと同じ世界から召喚された青年。「理」の影響で、原作では乱発していた寒いダジャレを全く言わなくなっている。ザナドゥへの召喚後、「銀の短剣」を紛失する。
なお「ガガーブトリロジー」シリーズの声優は、キングレコードファルコムレーベルから発売されたドラマCDがベースとなっている。
クリス(ガガーブトリロジー)
声 - 國府田マリ子
ジュリオの相方。「理」の影響で喋り方が乙女チックになっている…が、性格は変わっていない。ジュリオへの思いは「子分以上、舎弟未満」とのこと。
グース(ガガーブトリロジー)
声 - 子安武人
泥棒。元の世界で狙っていた「銀の短剣」を偶然拾うが、声が似ていたためにミュラーにオリビエと間違えられ、ボコボコにされる。人違いに遭ったことについて謝罪を要求するが謝ってはもらえなかった。
シャーラ(ガガーブトリロジー)
声 - 折笠愛
グースの相方。はぐれたグースを探す途中、グースだと思って声をかけた相手が全裸で踊るオリビエ(とファン)であり、彼らに追いかけられるがミュラーに助けられる。
ステラ(ガガーブトリロジー)
ブラッキィ(ぽっぷるメイル
ゼムン(ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー
声 - 兼久和伴
ウォーゼン家の父親で戦士。
メイア(ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー)
声 - 中友子
ウォーゼン家の母親で魔女。
リルル(ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー)
声 - 浜本しおり
ウォーゼン家の娘でエルフ。
「なんでも質問して」といったケビンに「両親が人間なのにどうして自分はエルフなのか」と純真な目で質問して答えを詰まらせた。
ポチ(ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー)
声 - 西原久美子
ウォーゼン家のペットで丸っこいモンスター。背中にチャックがある。
ロイアス(ドラゴンスレイヤーIV ドラスレファミリー)
声 - 杉田智和
ウォーゼン家の息子でレンジャー。「理」の影響で典型的な引きこもりと化している。
なお、引きこもっているためアニメでは声のみの登場である。
A久保Dすけ(漫画家)
アニメSC第9話ゲスト出演。謎の紳士。
ヨアヒム・ギュンダー(零の軌跡)
声 - 金子英彦
保健室に常駐する養護教諭。担ぎ込まれる患者に執拗にグノーシスを服用させようとする。釣りに出かけて不在だったりするのは相変わらず。
レーヴェ(剣帝レオンハルト)(空の軌跡)
声 - 緑川光
単行本二巻のキャラ紹介は「メシで人を屠る男」
「理」の影響で食べた人間が死にかけるほどの殺人メシを作るようになってしまっているが、性格やその強さなどは相変わらず(ちなみに、召喚されているのは原作で和解した後の彼の模様)。
周囲に「レーヴェ」や「剣帝」と呼ばれ続けた結果、本名である「レオンハルト」を彼自身が失念している。
アリアンロード(軌跡シリーズ)
声 - 久川綾
体力不足で倒れてしまったダルク先生を厳しく鍛えるべく、ダルクに根負けしたレーヴェによって仲間を呼ぶ鈴で呼び出された。
ジャージ姿でゲームに励むニートへと変貌してしまっているが強さは変わっておらず、校庭十周の課題に際してワープで不正をしたダルクに「聖技・グランドクロス」で制裁を加えようとした。
トヴァル・ランドナー(軌跡シリーズ)
声 - 杉田智和
魔法の特別講義の先生として呼ばれたが、「理」の影響で体が度を超して貧弱になっており、オーブメントを少しいじっただけで全身の骨を折ってしまった。
アイン・セルナート(軌跡シリーズ)
声 - 中友子
元は原作同様(?)のガサツでサディストな性格なのだが、審判の指環をつけることで一時的におしとやかになっていた。
ヨアヒムが釣りで不在のために担ぎ込まれてきたトヴァルの治療を行った。
ティーナ姫(ドラゴンスレイヤー英雄伝説
MONASHOPの商品兼店員。非売品で価格10000k。
レクター・アランドール(軌跡シリーズ)
声 - 森田成一
原作ではつかみどころがなくお気楽で遊び人のような性格だったが、ザナドゥの侵略を目論むなど今作では割と諜報員として活動している。
ギリアス・オズボーン(軌跡シリーズ)
声 - 中田譲治
原作にて《C》に狙撃され倒れたもの復活した…という触れ込みで登場したが、実際の所はどうみてもロボットボディであった。
自発的な活動も可能なようだが、初登場時はほぼレクターに使われる道具状態であった。

書籍情報[編集]

「ファルコムBOOKS」として既刊5巻(発行:フィールドワイ、発売:メディア・パル)。

  1. 2012年7月23日発売 ISBN 978-4896102451
  2. 2013年9月27日発売 ISBN 978-4896102864
  3. 2014年10月24日発売 ISBN 978-4896108361
  4. 2015年10月10日発売 ISBN 978-4802130134
  5. 2016年10月15日発売 ISBN 978-4802130363

テレビアニメ[編集]

2014年1月から3月までTOKYO MXサンテレビにて3分枠のショートアニメとして放送された。『英雄伝説 軌跡シリーズ』10周年記念作で、日本ファルコムのゲーム作品を原案・原作としたアニメでは初のテレビ放送となる[1]

アニメ内ではキャラクター設定は原典と著しく異なるため、本編のラストにゲームのイメージは捨てて新たな気持ちで視聴するよう断りを入れている[注 6]

2015年1月より3月まで第2期『みんな集まれ!ファルコム学園SC』が放映された[注 7]。局は第1期と同じ。第2期では『閃の軌跡』の「トールズ士官学校特科クラスVII組」メンバーなど新規キャラクターが登場する。また、これに伴い、第1期のタイトルが『みんな集まれ!ファルコム学園FC』と改められた。

2015年8月開催のコミックマーケット88で日本ファルコムブースで配布された小冊子の紙上で第3期の製作が発表されている[2]。放送時期等は不明。

スタッフ[編集]

主題曲[編集]

「Go Fight」
作曲 - Falcom Sound Team jdk
スタートレーダー』のイントロ曲をアレンジしている。
第2期も同じ曲を使用しているが、アレンジが異なる。また各回ごとに「Go Fight!」とコールするキャラクターが入れ替わる[注 9]
挿入歌「琥珀の愛 〜ザナドゥver.〜」(第1期第2話)
歌 - 子安武人

各話リスト[編集]

第1期
話数 サブタイトル 絵コンテ -
1時限目 ファルコム学園開校 - -
2時限目 ダルク・ファクト召喚
3時限目 ダルク先生誕生
4時限目 ダルク先生の初授業
5時限目 恐怖の抜き打ちテスト!? 望月智充
6時限目 ダルクとティオが放送室で?[注 10] -
7時限目 ダームの塔を攻略せよ! 望月智充
8時限目 アドル!アドル!アドル! -
9時限目 ザナドゥのピッカード焼き
10時限目 ファルコム学園食堂開店! 朝倉カイト
11時限目 新任教師登場!
12時限目 みんな集まれ!ファルコム幼稚園 望月智充
13時限目 伝説の男登場!
第2期
話数 サブタイトル 絵コンテ OPのコールキャラ
1時限目 ファルコム学園の新学期!! - アドル、ダルク、ラッピィ
2時限目 VII組メンバー登場!! エステル、ヨシュア、オリビエ
3時限目 選考の行方!! マキアス、ユーシス、ガイウス
4時限目 宇宙からの転校生!! ティオ、エリィ、アリサ
5時限目 正義の戦隊ファルコムジャー 前編!! 福山新市 ファルコムマン、ブルブラン、ギャランドゥ
6時限目 正義の戦隊ファルコムジャー 後編!! ロイド、ランディ、リーシャ
7時限目 ザナドゥ巡礼の旅!! - 北米アドル、ジュリオ、クリス
8時限目 失われた銀の短剣!! ミュラー、グース、シャーラ
9時限目 ご存知、ウォーゼン一家!! ドラゴンスレイヤー、メイア、リルル
10時限目 それゆけ!ドトーのトレーニング!! リィン、レーヴェ、アリアンロード
11時限目 トビーとカーネリア!! トヴァル、セルナート、モナ君
12時限目 ファルコムジャー フォーエバー!! レクター、ギリアス、《C》
13時限目 エステルとヨシュアが放送室で!?[注 11] A久保Dすけ、エステル、ヨシュア

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
東京都 TOKYO MX 2014年1月5日 - 3月30日 日曜 22:27 - 22:30 独立局
兵庫県 サンテレビ EPG上では日曜 22:25 - 22:30[注 12]
日本全域 ニコニコチャンネル 2014年1月12日 - 3月30日 日曜 22:30 更新 ネット配信 1月12日は第1話と第2話を同時配信
AT-X 2014年1月19日 - 4月13日 日曜 20:25 - 20:30 CS放送 リピート放送あり
第2期
東京都 TOKYO MX 2015年1月4日 - 3月29日 日曜 22:27 - 22:30 独立局
兵庫県 サンテレビ EPG上では日曜 22:25 - 22:30
日本全域 AT-X 2015年1月5日 - 3月30日 月曜 22:55 - 23:00 CS放送 リピート放送あり
ニコニコチャンネル 2015年1月11日 - 4月5日 日曜 22:30 更新 ネット配信

DVD[編集]

PlayStation Vita用ソフト『英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution』(2015年6月11日発売)の限定版、キャラアニ版の特典として、第1期(みんな集まれ!ファルコム学園FC)のDVDが付属。また同『英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution』(2015年12月10日発売)の限定版、キャラアニ版の特典として第2期(SC)のDVDが付属。さらにこの両作品がセットになった「TWINパック」(同日発売)ではFC・SCのDVDがセットで付属する。

Webラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ゲームでは『イース セルセタの樹海』以降において、アドル役を演じている。
  2. ^ 2期でも役割は同じだが、セリフは最後だけになった。
  3. ^ 草尾はOVAの他に『イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ』においてもアドル役で出演している。
  4. ^ セガ・マークIII版『イース』の初期出荷版のみに出現した。
  5. ^ ゲームでの声は伊瀬の担当。放送当時は休養中だった為、当初は代役として橋本を起用していた。なおDVDでは橋本の出演部分を伊瀬の再録音で収録している。
  6. ^ 第6話ではアテンションの代わりに原作単行本と掲載オンラインマガジン、ウェブラジオのPRを行った。
  7. ^ 「SC」はSecond Chapter(第2章)の意味で、日本ファルコムでは『英雄伝説 空の軌跡』第2章となる『英雄伝説 空の軌跡SC』で使われたことがある。
  8. ^ 第1機第13話、第2期第8話では作画協力
  9. ^ コールするキャラはバックで分身して横スクロールで登場する。
  10. ^ この日のTOKYO MXは都知事選挙開票速報で時間編成が大幅に変更されたため、アニメではなく質問コーナーの「ダルク先生とティオのみんな集まれ!ファル学情報局」を放送。
  11. ^ アニメではなく『英雄伝説 空の軌跡 FC Evoluiton』宣伝の「エステルとヨシュアのみんな集まれ!ファル学情報局」を放送。
  12. ^ このため、冒頭2分間は作品と無関係なCMだけが放送される。

出典[編集]

  1. ^ 4コマ漫画「みんな集まれ!ファルコム学園」がTVアニメ化。2014年1月5日からTOKYO MXとサンテレビで放送開始 - 4gamers.net、2013年11月29日配信
  2. ^ あと、これはもう… - 山下憲一(アニメのシリーズ構成・脚本を担当)のツイート、2015年8月16日

外部リンク[編集]

TOKYO MX 日曜 22:27 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
みんな集まれ!ファルコム学園
TOKYO MX 日曜 22:27 - 22:30枠
みんな集まれ!ファルコム学園SC
雨色ココア
※22:28 - 22:30