ロードモナーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロードモナーク
ジャンル リアルタイムストラテジー
発売元 日本ファルコム
1作目 ロードモナーク
1991年3月)
最新作 携帯版ロードモナーク
2004年12月)
テンプレートを表示

ロードモナーク』 (LORD MONARCH) は、日本ファルコムによる箱庭系リアルタイムストラテジーゲーム

概要[編集]

1991年PC-9800シリーズ用としてオリジナルが発売。その後スーパーファミコンWindows等でも発売され、現在では携帯電話でも楽しめる。ドラゴンスレイヤーシリーズの7作目という位置付けだが、シリーズ中唯一ドラゴンが登場しない作品でもある(ただし、アドバンスドロードモナークには、プレイヤーユニットとして、デフォルメされたドラゴンを主人公としたマップセットが存在する)。

発売以来多くのマイナーチェンジが施され多くの製品が発売されている。詳細は下記の関連商品の節を参照。

なお、PC-9800シリーズ用として発売された二作(無印、アドバンスド)にはエディットモードが用意され、独自のマップを作成・プレイする事が可能であった。この機能は後々の製品には受け継がれなかったが、後に有志の手によってマップ作成用ソフトが制作されており、オンラインなどを始めとする一部の製品ではこのソフトで作成した独自のマップをプレイする事が可能となっている。

ルール・システム[編集]

各マップには4つの国が配置されている。勝利条件は、決められた国の君主や兵士に命令を出し、他の3つの国を滅ぼすことである。兵士は家から生産され、家は兵士が作成する。日数が経過すると家や兵力が増えるが、他国と接触すると領土合戦になり、最終的に国王を攻め倒すか、家と兵士を全て倒すと、国が滅びる。自国(および他国)の勢力は「総人口(家内人口)・(兵士人口)」と「資金」で表される。税率設定があり、税率を上げると資金が集まるが兵が生産されづらくなり、税率を下げるとその反対になる。また、どの国にも属さない中立の敵が存在し、家や兵士を無差別に破壊する。

上級マップになると、「障害物を置く」「橋を架ける」「兵を一か所に集めて拠点を防衛する」などの命令を駆使したり、総人口(領土)と資金のバランスを考え、税率をこまめに変更せねば勝利できなくなり、パズルゲーム戦略シミュレーション要素も含まれる。

PC-9800版アドバンスド・ロードモナークより、全体命令の指示、ユニット登場時の初期命令が指定できるようになり、よりスムーズな操作が可能となった。 ウィンドウズ版として作成された移植作では、マウスによる範囲指定で全体命令を指定することも可能となっている。

各マップには一律に日数制限があり、それを超えると失敗となる。日数内で勝利すると次の面への繰り越し日数が生じるが、消費日数や占領率などの成績によって日数が決定される。初段までは繰越日数が1000日増えるごとに級が1つ、初段以降は1万日増える毎に段位が1つあがり、クリア後に段位認定証が表示される。最高段位は名人であるが、初代ロードモナークでは繰越日数65535を超えることが想定されておらず、65535日を超えた場合、繰越日数がマイナス表示されるといった事象が発生した。

マップは、中世のヨーロッパ戦国時代などの戦時的なものから、赤ちゃんや動く食べ物などのメルヘンな世界感も用意されている。しかし、キャラクター名、グラフィックBGMコマンド名が変わるだけでゲームシステムに変更はない。

関連製品[編集]

ロードモナーク (LORD MONARCH)
1991年3月PC-9800シリーズ用に発売された。ファルコムの10周年記念作品である。その後グラフィックやサウンドが強化されFM TOWNSにも移植された。
2002年9月、プロジェクトEGGから、PC-9800シリーズ版をエミュレートしたMicrosoft Windows版が発売された。
アドバンスド ロードモナーク (Advanced LORD MONARCH)
1991年11月発売。PC-9800シリーズ用。アルゴリズムが強化されノーマル・アドバンスドの2つのモードがある。その後FM TOWNSにも移植された。
2002年12月、プロジェクトEGGから、PC-9800シリーズ版をエミュレートしたWindows版が発売された。
ロードモナーク (LORD MONARCH SUPER FAMICOM)
1992年10月発売。スーパーファミコン版ロードモナーク。キャラクターがいくつか追加された。
ロードモナーク とことん戦闘伝説
1994年6月発売。メガドライブ版ロードモナーク。PC版のロードモナークとアドバンスドロードモナークのマップを収録。更に32のストーリーが追加された。発売はセガ・ファルコム、開発は大宮ソフト2008年8月29日にはWiiバーチャルコンソールダウンロード販売が開始。BGMは谷本真規作曲による新曲が使用されている。
ロードモナーク オリジナル (LORD MONARCH Original)
1996年6月発売。Windows版ロードモナーク。マップをロードモナーク、アルゴリズムをアドバンスドロードモナークから移植(ただし、アルゴリズムを強化した分、大半のマップにアレンジを加えることで難易度を調整している)。税率のオート設定が可能になった。
2005年9月、ソースネクストから廉価版パッケージが発売された。
ロードモナーク ファースト (LORD MONARCH First)
1997年3月発売。Windows版ロードモナーク オリジナルを初心者向けにし、価格を下げて販売。
ロードモナーク オンライン (LORD MONARCH Online)
1997年3月公開。Windows対応のフリーソフトで、オリジナルともプロとも異なる独自のマップを収録している。有志者によってマップエディタなどが作られた。なお、オンラインとつくが、人間同士のネット対戦ができるというわけではない。
ロードモナーク プロ (LORD MONARCH Pro)
1997年5月発売。Windows対応。アドバンスド ロードモナークの移植版。ただし、BGMはアドバンスドのものではなく、他のファルコム作品のものに変更されている。
2005年9月、ソースネクストから廉価版パッケージが発売された。
モナークモナーク (Monarch Monarch)
1998年10月発売。Windows対応。従来のロードモナークシリーズとは異なり、クォータービューになり高さの概念が加わった。
2005年9月、ソースネクストから廉価版パッケージが発売された。
ロードモナーク -新・ガイア王国記-
1998年12月発売。プレイステーションロードモナーク。従来のロードモナークと同じだが、100枚の新しいマップが作られた。マップ作成用ソフトの開発者など、ファンサイトの有志者によるマップも収録。発売は東芝EMI。2008年5月28日にはゲームアーカイブスPSPPS3向けにダウンロード販売が開始。
みんなのモナ2
1999年12月発売。Windows対応。システム及びマップはモナークモナークと同じ。難易度が下がった。時計、スクリーンセーバーなども付属する。
みんなのローモナ
1999年4月発売。Windows対応。今までのWindows版ロードモナーク(オリジナル、プロ、オンライン)のほとんどすべてのマップを、難易度を下げた上で収録。
ロードモナークスペシャル オリジナル&プロ
2002年3月発売。Windows対応。ロードモナークオリジナルとプロを合わせた製品。
携帯版ロードモナーク
2004年12月にVアプリ(現・S!アプリ)版、2005年4月にiアプリ版として登場している。

関連CD[編集]

外部リンク[編集]