葦原大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
葦原 大介
生誕 (1981-02-13) 1981年2月13日(36歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2008年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 ワールドトリガー
受賞 第75回手塚賞準入選受賞
(『ROOM303』)
テンプレートを表示

葦原 大介(あしはら だいすけ、1981年2月13日 - )は、日本漫画家東京都出身、岡山県育ち[1]

来歴[編集]

高校卒業後はビジネスホテルフロントマンアルバイトをしていた[2]

入選を目指して第75回手塚賞にミステリー漫画『ROOM303』を投稿し、準入選を受賞する[3]。この『ROOM303』が『週刊少年ジャンプ』(集英社2008年33号に掲載され漫画家デビューを果たす。

同誌では2008年51号に読切『賢い犬リリエンタール』を、2009年8号・9号に『トリガーキーパー』前後編を掲載した後、同年42号から2010年23号まで『賢い犬リリエンタール』で初連載する。

その後、勝負要素の入った作品を描こうと考えスポーツ漫画の構想を練るも、担当の服部から「自由にやった方がいい」と言われ、既存のスポーツものを描くのではなく、一から勝負もののルールを起草することからSF漫画に帰着[3]

『週刊少年ジャンプ』2011年44号に読切『実力派エリート迅』を掲載、好評を博する[3]。この読切を大きなステップとして[4]『週刊少年ジャンプ』2013年11号より『ワールドトリガー』の連載を開始する。

2013年末頃から体調を崩すことが多くなり、『ワールドトリガー』の休載が増えている[5]。「頚椎症性神経根症」を患っており、それにより一時期は体が動かなくなり、『ワールドトリガー』85話は最終回のつもりで話を考えていたが、その後は快方に向かった[6]2014年10月から2016年4月まで、『ワールドトリガー』のテレビアニメが放送された。

2016年11月、本誌50号を体調不良を理由に『ワールドトリガー』を休載、翌号の51号に『ワールドトリガー』の長期休載を発表。現在、再開時期は未定としている。

人物[編集]

趣味・特技は「音楽を聴く」「読書・本屋めぐり」。好きな漫画は『ドラえもん』(藤子・F・不二雄)、『ブラック・ジャック』(手塚治虫[1]。『ドラゴンボール』(鳥山明)で育った世代を自認している[3]。好きな小説として『李陵・山月記』(新潮文庫)、好きな映画として『キッド』(チャールズ・チャップリン)・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』・『ヒックとドラゴン[7]、好きなSF作品としてロバート・A・ハインライン作品(『宇宙の戦士』・『ルナ・ゲートの彼方』)[8]。を挙げている。『リリエンタール』では「苦手なキャラ物に挑戦した」と述べる[9]

僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)のキャラクター人気投票で登場人物の飯田天哉に投票した[10]

作品[編集]

連載作品 読切作品
作品名 形式 掲載誌 収録 注記
1 るうむさんまるさんROOM303
(ルームサンマルサン)
読切 01WJ 2008年33号
+2014年10月26日(再)
デビュー作、第75回手塚賞準入選、31P
ミステリー漫画
2 かしこいけんりりえんたある賢い犬リリエンタール 読切 02WJ 2008年51号 R - 2 センターカラー49P
3 とりかあきいはあトリガーキーパー 読切 03WJ 2009年8号・9号 前後編、センターカラー21P+23P
4 かしこいけんりりえんたある賢い犬リリエンタール 連載 04WJ 2009年42号 - 2010年23号 R 初連載
5 しつりよくはえりいとしん実力派エリート迅 読切 05WJ 2011年44号
LIVE 2号(再)
+ 2014年10月26日(再)
0(再)
BBF ワールドトリガーのプロトタイプ
センターカラー49P
6 わあるととりかあワールドトリガー 連載 06WJ 2013年11号 – 連載中 W 代表作 2016年51号より連載休止中

アシスタント[編集]

デビュー時から2016年現在まで、アシスタント(作画協力)兼マネージャーのこまとともに作品を作っている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊少年ジャンプ2008年33号
  2. ^ 葦原大介『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』332ページ。
  3. ^ a b c d 『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』384ページ。
  4. ^ ジャンプLIVE』2号「実力派エリート迅」2014年1月30日配信
  5. ^ マンガ質問状 : 「ワールドトリガー」 ジャンプの人気SFアクション 作者は災難続き”. MANTANWEB (2014年5月5日). 2014年1月14日閲覧。
  6. ^ 『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』325ページ。
  7. ^ 『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』327ページ。
  8. ^ 『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』328ページ。
  9. ^ 読切版掲載時、巻末目次コメント、『週刊少年ジャンプ』2008年51号巻末、集英社
  10. ^ 『週刊少年ジャンプ』2016年12号巻末堀越コメント
  11. ^ a b 『賢い犬リリエンタール』1巻巻末
  12. ^ 村瀬Twitter 2015年6月7日