こどもの城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こどもの城
(国立総合児童センター )
National-Childrens-Castle-00.jpg
こどもの城
情報
用途 児童会館
設計者 山下設計[1]
施工 大成建設大林組間組青木建設共同企業体[1]
建築主 厚生省
管理運営 財団法人日本児童手当協会
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造(低層部)
鉄骨造(高層部)[1]
敷地面積 9,923.39 m²
建築面積 6,001.49 m²
延床面積 41,481.88 m²
状態 閉館
階数 地下6階、地上13階、塔屋1階[1]
高さ 57.6m[1]
エレベーター数 9機[1]
駐車台数 112台[1]
着工 1981年11月[1]
開館開所 1985年11月1日
所在地 150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目53-1
テンプレートを表示

こどもの城(こどものしろ)は、東京・渋谷青山通り国道246号)沿いにあった、児童の健全な育成を目的として建設された施設である[2]。正式名称は国立総合児童センター。

厚生省(現:厚生労働省)によって、1985年11月1日に開館。「こどもの城」の経営や児童手当制度の充実、発展に協力することを目的として発足した財団法人日本児童手当協会(現:公益財団法人児童育成協会)が運営していた。所在地は、東京都渋谷区神宮前5丁目。

概要[編集]

『こどもの樹』

1979年(昭和54年) - 国際児童年を記念して厚生省が構想を作成、1985年(昭和60年)に新生児から高校生までの子どもたちの福祉と文化活動の拠点を目指し開館した。用地費を含め総工費は323億円[3]

こどもの城が建つ青山通り沿いには、1986年(昭和61年)頃まで4階建ての都営青葉町アパートがあり(1、2階部分には内藤一水社、渋谷青山通郵便局や飲食店などが入居していた)、都電青山車庫に隣接していた。都電廃止後、同車庫は都バス車庫として使用され、再開発によってこどもの城や国連大学が建設された[2]

正面には岡本太郎作のシンボルモニュメント「こどもの樹」を設置。館内には2つの劇場青山劇場青山円形劇場)やホテル、小児科クリニックのほか、体育室やプール、造形スタジオ、音楽ロビーがあった。またキャンプイベントなども盛んに主催。さらに各地の児童館や保育所に約3500もの遊びのプログラムを提供していた[4]

2012年(平成24年)9月 - 所管する厚生労働省が空調や電源設備の更新のほか耐震補強など改修を行う場合、120億円の費用が必要と試算。加えて、民間のテーマパークができるなど遊びも多様化していること、さらには自治体における児童館の整備も進んだとして閉館を発表[4]

2015年(平成27年)2月1日 - 閉館し[5]、同年3月末で全事業が終了した[6]。劇場やホテルの宿泊者を含め、30年間の開館中には2800万超の人々が利用した。

2016年(平成28年)1月 - 当時の舛添要一都知事が跡地の国有地を約370億円で購入し、老朽化した都立広尾病院を移転新築し「首都災害医療センター」を整備する方針を表明した[7]。しかし、東京都医師会が「決定過程が不透明」として移転に反対した。

2017年(平成29年)7月 - 小池百合子が都知事に当選後、計画は撤回され、広尾病院は現在地で建て替えられることになった[8][9]

2018年(平成30年)9月 - 都議会代表質問において、小池知事は「こどもの城」について、「誰もが利用できる施設へとリノベーションして、都民の学習やスポーツなどの場となる複合拠点を創出していきたい」と答弁[10]。建物と土地の早期取得に向け、所有者である国と協議を進める方針を示した[11]

2018年(平成29年)11月 - 都が、旧「こどもの城」の土地と建物を国から買い取るため、2019度予算案に約610億円を計上する方針を固めたことが分かった。都は跡地を2020年東京オリンピックパラリンピックで、ボランティアの拠点として活用した後に、100億円以上かけて本格的に改修し、複合型施設にリノベーションする方針である[12]

2019年(平成31年)2月 - 都は、施設内の青山劇場と青山円形劇場を改修し、既存施設の活用を検討。地元の渋谷区や都議会の意見を踏まえ、子供向けの施設も活用する方針で、改修費に数十億円を見込む。都の基本的な活用方針は、「子供のための機能」を盛り込み、プレイホールの活用、青山劇場を改修して多目的ホールに、高齢者や障害者も利用できるスポーツ施設、女性の起業支援施設などを検討する。2029年以降の計画では、隣接する国連大学の用地も含め、周囲の都有地を含めた約4.5ヘクタールの用地の一体的な整備を考える[13]

2019年9月10日付で都は国と売買交渉を続けてきた旧国立児童館「こどもの城」について、525億円で買い取る契約を結んだ。都では2019年度当初予算に購入費など609億円を計上していたが、不動産鑑定を受け、契約金額を見直した[14][15]。なお、旧「こどもの城」は「都民の城」に改称。館長には尾木直樹が就任の予定[16]

データ[編集]

  • 所在地:東京都渋谷区神宮前五丁目53番1号
  • 開館時間:平日12:30 - 17:30、土・日・祝日10:30 - 17:30
  • 入館料:おとな(18歳以上)500円、こども(3 - 17歳)400円

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『新建築』1985年12月号
  2. ^ a b 神宮前五丁目 『原宿 1995』 コム・プロジェクト 穏田表参道商店会1994年12月25日発行 p62
  3. ^ 「渋谷に夢いっぱいのこどもの城完成 文化・福祉の拠点」朝日新聞、1985年10月23日
  4. ^ a b 「さよなら こどもの城 上 子も親も笑顔のなれた」朝日新聞、2015年1月23日
  5. ^ こどもの城の閉館について”. 公益財団法人児童育成協会 (2014年12月). 2015年1月25日閲覧。
  6. ^ 「さよなら こどもの城 下 時代を映した 人気の遊び」朝日新聞、2015年1月24日
  7. ^ こどもの城跡地に医療拠点 都、35年度開設へ 直下地震・テロ想定 - 産経ニュース、2016.1.16
  8. ^ 広尾病院、現地で建て替え 都が方針転換 - 日本経済新聞、2017年9月9日
  9. ^ 「都立広尾病院整備 現在地で建て替え 都が計画を見直し」朝日新聞、2017年9月9日
  10. ^ “こどもの城取得に向け国と協議へ”. NHK NEWS WEB 首都圏 NEWS WEB. (2018年9月26日). https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180926/0018961.html 2018年10月1日閲覧。 
  11. ^ “「こどもの城」複合施設に 15年閉館 都、学習やスポーツの場”. 日本経済新聞. (2018年9月27日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35784160W8A920C1CC1000/ 2018年10月1日閲覧。 
  12. ^ “こどもの城購入、都610億円計上へ 生涯学習などの拠点に”. 朝日新聞デジタル. (2018年11月7日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13759312.html 2018年11月18日閲覧。 
  13. ^ 『旧「こどもの城」2劇場改修へ』「都、子ども向け施設も残す方針」朝日新聞、2019年2月11日、東京23頁、2019年2月11日閲覧
  14. ^ “旧こどもの城、東京都が525億円で購入”. 日本経済新聞. (2019年9月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49688920R10C19A9L83000/ 2019年9月21日閲覧。 
  15. ^ “旧「こどもの城」東京都が525億円で買収契約 五輪ボランティア拠点に”. 毎日新聞. (2019年9月12日). https://mainichi.jp/articles/20190912/k00/00m/040/024000c 2019年9月21日閲覧。 
  16. ^ 尾木直樹氏「実践で恩返し」 都民の城館長就任を発表 日本経済新聞 2019年10月2日配信

座標: 北緯35度39分44.3秒 東経139度42分26.7秒 / 北緯35.662306度 東経139.707417度 / 35.662306; 139.707417