中谷友紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中谷 友紀子(なかたに ゆきこ、1987年10月30日[1] - )は、日本女性アニメーター。メタスタジオ(スタジオガッツ)所属。愛知県出身[1]

略歴[編集]

子供の頃から漫画やアニメに親しみ、学校の机やノートにアニメのキャラクターの落書きを描いていたほか、父親がパソコンを使っていた関係で小学校高学年の時には自らホームページを作り自作の絵を公開していた[2]

高校進学時に上京しファッション系の専門学校と通信制の高校に進学、高校卒業後スタジオガッツに入社、アニメーターとして働き始める。2006年に『貧乏姉妹物語』で初めて原画を担当、2008年からは『ONE PIECE』の作画監督を務めるようになる。2015年、『Go!プリンセスプリキュア』で初めてキャラクターデザインを担当する[2]

絵で影響を受けた人物として漫画家の多田由美を挙げている。また一番衝撃を受けたアニメは『人狼 JIN-ROH』であるという[2]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

特別番組[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Go!プリンセスプリキュア オフィシャルコンプリートブック』71ページ
  2. ^ a b c 『中谷友紀子 東映アニメーションプリキュアワークス』P106-107,112
  3. ^ スタジオガッツスタッフ2016年2月26日閲覧
  4. ^ Febri+書籍編集部 [@febri_edit] (2018年6月25日). "【本日情報解禁】『中谷友紀子 東映アニメーションプリキュアワークス』予約受付開始!" (ツイート). Retrieved 2018年6月26日 – via Twitter.

外部リンク[編集]

参考文献[編集]