王者栄耀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王者栄耀
ジャンル マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ
対応機種 Android, iOS
開発元 TiMi Studios
人数 1~10人
メディア ダウンロード
稼働時期 2015年11月26日
テンプレートを表示
王者栄耀
各種表記
繁体字 王者榮耀
簡体字 王者荣耀
拼音 Wángzhě Róngyào
発音: ワンゼェーロンヤオ
日本語読み: おうじゃえいよう
テンプレートを表示

王者栄耀』(おうじゃえいよう)は、TiMi Studiosが開発し、テンセントゲームズiOSAndroid向けに中国で配信している基本プレイ無料マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)。2015年11月26日に配信が開始され、ユーザー登録数は2億人を突破している[1]

2018年11月にDeNAが本作のグローバル版『Arena of Valor』の日本語版『伝説対決 -Arena of Valor-』を配信した[2]

ゲームモード[編集]

王者峡谷(5v5)[編集]

アビューズ大乱闘(5v5 [ジャングルなし])[編集]

長平攻防戦(3v3)[編集]

墨家機関道(1v1)[編集]

ランク[編集]

キャラクター[編集]

オリジナル[編集]

中国[編集]

中国神話[編集]

春秋戦国[編集]

秦・漢[編集]

三国志[編集]

南北朝・隋・唐[編集]

[編集]

日本[編集]

ヴェネツィア共和国[編集]

古代ギリシア[編集]

ギリシア神話[編集]

フランス[編集]

フランス小説[編集]

SNK[編集]

サムライスピリッツ[編集]

餓狼伝説[編集]

議論になった事項[編集]

類似ゲーム『自由之戦』の盗作疑惑[編集]

2016年7月29日、『自由之戦』開発元は、『王者栄耀』が盗作であるとして非難した[3]。「英雄連盟」(リーグオブレジェンズ)との類似も指摘されている。

キャラクター設定について[編集]

ゲームキャラクターは、歴史・伝説から取られているが、キャラクターのイメージ・設定内容が歴史・伝説とは異なっていた。このためユーザーから「歴史・伝説に敬意が払われていない」との、非難が上がった[4]

熱中のし過ぎによる事故防止(未成年者対象)[編集]

2017年7月4日以降、18歳以下のプレイヤーは、12歳以下のプレイ時間は毎日1時間(21時以降のアクセス禁止)、12歳以上は毎日2時間に限られる[5]。『王者栄耀』のプレイヤーのうち、2、30パーセントが18歳以下とされる。人民日報はゲームを親に止められた子供が、ゲームキャラクターのように空を飛べると信じて逃げ出し、両足を折るけがをしたとして「負の影響をばらまく毒」として強く非難している。プレイ時間の制限についても、登録時の年齢申告を偽って制限を突破するケースが多いといわれ、実効性には疑問が持たれている。

他作品とのコラボレーション[編集]

SNK
日本のゲームメーカー。『サムライスピリッツ』『餓狼伝説』のキャラクターが本作にゲスト出演している。
また、2020年8月には『SAMURAI SPIRITS』に本作の公孫離が無料DLCキャラクターとしてゲスト出演している。公孫離の声は市ノ瀬加那が担当。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]