大喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『百美新詠図伝』大喬小喬

大 橋(だい きょう、 Dà Qiáo 生没年不詳)は、中国後漢末期の女性。父は橋公。妹は小橋孫策

概要[編集]

正史では「大橋」とされ、橋公の娘で孫策のとしか記述されていない。『三国志周瑜伝によれば、199年12月、妹と共に皖城を占領した孫策軍の捕虜となり、孫策の妻妾の一人に加えられた。裴注の『江表伝』には、孫策が小橋を娶った周瑜に「橋公のふたりの娘は故郷を失うことになったわけだが、われわれを婿どのにすることができたのだから満足だろうよ」と言ったという。しかしその後、四ヶ月足らずで孫策が死亡、所生の子供の記録もない。孫策の妾にされた直後、袁術劉勲の妻子らと共に呉(江蘇省蘇州市)へ送致された後の消息は一切不明である 。

野史『庸庵筆記』では、複数の魅力を併せ持つ女性の一人として名が挙がる。なお、夫の死後の数ヶ月後に亡くなったと伝承される。

小説『三国志演義』においては、いわゆる「毛宗崗本」など一部の版本において姓を「喬」に改められ、「沈魚落雁閉月羞花」ほどの絶世の美女とされている。妻となった経緯は語られていない。孫策臨終の際、喬夫人の名前で登場し、遺命により姑である呉夫人を養う。赤壁の戦い時に諸葛亮が周瑜に対し、曹操が二喬を奪おうとしているとほのめかしたため、周瑜が激怒し開戦を決意させたように描かれている。

京劇『鳳凰二喬』では喬靚(きょうせい)という名で登場する。

関連項目[編集]