馬化騰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬 化騰ま・かとうマー・フアテン、Mǎ Huàténg、1971年10月29日 - )は、海南省東方市生まれの実業家[1][2] 。広東省深圳市を本拠とするインターネット企業テンセントの董事会主席兼CEO全国人民代表大会代表。ポニー・マー (Pony Ma) という英語名を名乗る[3]

経歴[編集]

父親の馬陳術中国語版は元官僚中国共産党党員[4]でテンセントの共同創業者[5]も務めた。馬が生まれた当時は、東方市(当時は東方県)の八所港の港務局で働いていた[1]。馬は八所港で幼少期を過ごし、1984年、13歳のときに父母とともに深圳に移り住んだ[1][2]。1993年に深圳大学計算機系を卒業。深圳潤迅通信でソフト開発を手がけた後、1998年11月にテンセントを創業した[6][7]。その代表作であるインスタントメッセンジャー『テンセントQQ』は中国で最も使用され、影響力のある通信ソフトであることから「QQの父」と呼ばれている。

中国を代表する富豪の1人でもあり、2017年にはアジアでトップの富豪となった[3]

清華大学経済管理学院で顧問委員も務めている[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c QQ帝国的创造者——马化腾的学生时代 鳳凰新聞 2018年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 腾讯公司董事会主席兼首席执行官马化腾:一路前行,我心在海南 人民網 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ a b 中国テンセント創業者「資産5兆円」でアジア一の富豪に フォーブスジャパン 2018年8月8日閲覧。
  4. ^ 起底马化腾成功背后的神秘人物和家庭背景”. 易八达华人网 (2016年5月18日). 2018年2月4日閲覧。
  5. ^ 马化腾父亲开着奔驰给儿子做账”. 博讯新闻. 2018年2月4日閲覧。
  6. ^ 公司动态 テンセント 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ “株式時価総額世界6位” 中国のおばけ企業「テンセント」を生んだ小心な革命家 文藝春秋 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ 清华大学经济管理学院-顾问委员会名单”. 清華大学経済管理学院. 2018年2月4日閲覧。