小喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清代の書物に描かれた二喬

小 橋(しょう きょう、 Xiǎo Qiáo 生没年不詳。)は、中国後漢末期の女性。橋公の娘。姉は大橋周瑜の妻。『三国志』周瑜伝に記述がある。

199年12月、姉と共に皖城を占領した孫策軍の捕虜となり、周瑜の妻妾の一人に加えられた。裴注の『江表伝』には、孫策が小橋を娶った周瑜に「橋公のふたりの娘は故郷を失うことになったが、われわれを婿にすることができたのだから満足だろう」と言ったという。婚姻直後に袁術劉勲の妻子らと共に呉(江蘇省蘇州市)へ送致された。

戯曲、演義[編集]

杜牧の詩『赤壁』という詞では「東風不與周郎便、銅雀春深鎖二喬(当時周瑜は東風の助けがなかったら、二喬は銅雀台[1]に入っていた)」と詠まれ、二喬の名に触れている。また、北宋の詩人蘇軾の『念奴嬌』(小題「赤壁懐古」)という詞では「遙想公瑾当年、小喬初嫁了、雄姿英発、羽扇綸巾、談笑間強虜灰飛煙減(遙かに想ふ公瑾の當年、小喬初めて嫁し了り。周瑜の雄姿は凛凛として、羽扇綸巾。その周郞が談笑の間の短い時間で、敵艦隊を灰と煙にした)」と詠われている。

小説『三国志演義』においては、いわゆる「毛宗崗本」など一部の版本において姓を「喬」に改められ、小喬と称される。「沈魚落雁閉月羞花」ほどの絶世の美女とされており、二人合わせて、江東の二喬[2]と呼ばれたことになっている。妻となった経緯は語られていない。孫策の死後、夫と一緒に孫権を補佐している。赤壁の戦いでは、曹操が二喬を奪おうとしていることを諸葛亮からほのめかされた周瑜が、これに激怒して開戦を決意したことにされている。

京劇『鳳凰二喬』では喬婉(きょうえん)という名で登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 銅雀台は、曹操の多くの妾の住いとされている。
  2. ^ 厳密に言えば、二喬の本籍である廬江は江西地区に属するため、「江東の二喬」という言い方は誤りである

関連項目[編集]