潘淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
潘皇后
の皇后
Protrait of Empress Pan1.jpg
『百美新詠図伝』
在位 太元元年5月 - 神鳳元年2月
251年5月 - 252年2月)

全名 潘淑
死去 神鳳元年(252年
建業
埋葬 蔣陵
配偶者 大帝
子女 廃帝
姉妹 譚紹妻
立后前身位 夫人
テンプレートを表示

潘 淑[1][2](はん しゅく、? - 252年)は、三国時代の大帝孫権の皇后。揚州会稽郡句章県(現在の浙江省寧波市江北区)の出身。父母の名は不明。呉の第2代皇帝である孫亮の母。

生涯[編集]

下級役人の次女として生まれた。

父が法を犯して処刑されたため、姉とともに、連座して奴婢に落とされて織室に送り込まれた。孫権に見初められ、織室から召し出されて後宮に入った。赤烏6年(243年)、孫亮(後の廃帝)を出産んだ。孫亮は孫権に可愛がられ、赤烏13年(250年)11月に皇太子に立てられる。そのとき、姉を織室から解放して嫁に行かせてほしいと願い出て、孫権に許された。太元元年(251年)5月、皇后に立てられた。

孫権の晩年の寵愛深かった妃であり、生前に立后された唯一の人物でもある。しかし嫉妬深い性格で、袁夫人をはじめとする人を中傷したことは甚だ多い。孫権が重体になると、前漢呂后が高祖(劉邦)の死後に称制した経緯を、人を遣って孫弘に質問し、幼帝に代わって政治を執行への意欲を見せたが、孫権の看病の疲れから自身も病になり衰弱した。神鳳元年(252年)2月、内宮にて突然死去した(後述)。同年4月に孫権も崩御し、蔣陵へ合葬された。

孫亮が即位すると、淑の姉婿である譚紹を騎都尉に任用して兵権を与えた。太平3年(258年)孫亮が廃位させられ、譚紹は一族もろとも故郷の廬陵郡に左遷された。

逸話[編集]

拾遺記』には潘夫人が後宮に入ったという話が収録されている。

世に並ぶもののない美人であり、「江東の絶色」と賞される。哀愁に駆られご飯を食べられないため、細くて弱々しい体だったという。

はじめは織室に入り、織室の者から「神女」と呼ばれて敬遠された。この噂を聞いた孫権は潘氏の肖像画を所望して、そこで画家が写実的な姿を描いて献上する。孫権は見て「この子は確かに神女だ。たとえ憂色ても人の心を動かす。うれしそうな顔は言うまでもない」と言ってかわいがり、豪華な車で潘氏を夫人に出迎えた。

潘夫人は孫権の寵愛を得て、昭宣台への行幸にも同行し、そのときに酒に酔ってルビーの指輪をザクロの枝に吊る。そしてあそこに高楼を建て、元々は環榴台と命名されたが、大臣たちは「環榴」は「還劉」に似ていて縁起が悪いと諫言したため、榴環台と改称した。ある日、孫権とともに釣りをしていた際、夫人は竜陽君が魚で涙を流した故事を思い出して「今日はとても楽しかったです。将来は悩む日がありますか?」との言葉を残した。孫権の末年になると、誹謗中傷によって追い払われる人がだんだんにいます。その釣台は東晋の時代まで残っていたという[3]。後世において、民間で神格化されて石榴の花の神として祀られる。

備考[編集]

  • 中国歴代王朝では、夫帝とは最も年の離れた皇后と言われている。
  • 懐妊した際は誰かが龍の頭を自分に授けて、彼女自身がそれを受け取るという夢を見たという。こうして生まれたのが孫亮であった。
  • 立后の前年には仙人が書を授け、改年と立后のことを告げた。また崩御後は部将や官吏たちが王表という神のもとをおとずれて、福を祈ったと記されている。
  • 死については諸説がある。昏睡の中で宮人や宮女たちによって縊殺され、急病で死んだことにされた。後に事実が判明すると、この件に関わったとして6・7人が死刑に処せられた。このことから、宮女の恨みを買って殺害されたという説があるが、史料にこのような記述は見られず、南宋歴史家である胡三省もこの説を否定した[4]
  • 仏祖統紀』によると武昌で仏教寺院の恵宝寺を建て、これは南朝梁の時代に有名になった。

三国志演義などでは[編集]

小説『三国志演義』では、孫権の第三子になった孫亮の母という設定になっている。

蔡東藩の小説『後漢演義』では、孫権は罪人の娘である潘氏を手に入れている。小柄で華奢な体型と温順な性格のため、孫権の寵愛を一身に受けたとされている。全公主と親交を結び、自らの子の孫亮を皇太子にするよう運動した。孫亮が皇太子に立てられた後、皇后に昇格された。以降、潘后は驕り高ぶり、宮女たちに疎まれ、暗殺された。孫権は潘皇后の死を深く悲しみ、彼女の殺害に加わった宮人たちを処刑して、間もなく崩御したとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 文淵閣本『四庫全書』引『建康実録』卷2:皇后潘氏暴崩于内宮。后諱淑,会稽句章人。后自織室召入得幸。
  2. ^ 光緒28年の文津閣本『四庫全書』では「后謹淑」となっているが、「后諱淑」の誤字だと考えられている。
  3. ^ 『百美新詠』:満面啼痕涙不収,堪憐織室竟同幽。誰知感動君王處,就在圖中一點愁。
  4. ^ 資治通鑑』の注で、潘皇后が幼帝の後見として必ず摂政を行い、その結果として権臣の利益が損なわれるのが予想され、それを防ぐために権臣が暗殺を画策した。

参考文献[編集]