士徽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

士 徽(し き、? - 226年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。父は士燮。兄は士廞・士祗。弟は士幹・士頌。

父の死後、孫権から安遠将軍・九真太守に任命された。しかし父の代から交州を治めていた士徽は、これに対して不満を持ち、後任の交州刺史であった戴良と共に、交趾太守となった陳時の着任を阻止しようと、呉に対して反乱を起こした。孫権は呂岱らに軍を預けて鎮圧に向かわせたが、士徽の抵抗は頑強で、城を落とすことはできなかった。

しかし援軍の無い籠城戦には展望がないため、士徽は兄の説得を受け、自らの命を保障してもらうという条件の下で開城・降伏した。しかし呂岱には許されず、士徽は兄弟達と共に会見場で処刑されてしまった。首は武昌にて晒されたという。