高柔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高柔
安国侯・太尉
出生 熹平3年(174年
兗州陳留郡圉県
死去 景元4年(263年
ピン音 Gao Rou
文恵
主君 袁紹曹操曹丕曹叡

曹芳曹髦曹奐

高 柔(こう じゅう、熹平3年(174年) - 景元4年(263年))は、中国後漢末期から三国時代の官僚、政治家。字は文恵に仕えた。兗州陳留郡圉県(河南省杞県)の人。袁紹の甥高幹の族子にあたる。祖父は高弘。父は高靖(蜀郡都尉)。子の名は不詳。孫は高渾。

人物[編集]

事跡[編集]

初めは郷里を守っていたが、袁紹に仕えていた高幹の招きに応じ、一族を率いて彼を頼った。そこで父が任地の益州で死去したとの知らせを受けたため、高柔は3年がかりで益州に赴き、父の遺体を引き取っている。

曹操が袁氏を平定すると、高柔は菅県長に任命され、治績を挙げた。高幹が曹操に再度叛逆すると、高柔は従わず曹操に降った。曹操は彼をいつか罪に問い処刑しようと考え、高柔を刺奸令史に任命したが、その職務が優良であったため、丞相倉曹属に引き立てた。

曹操が後漢帝国内の一藩国として魏を建てると、高柔は尚書郎に任命され、その後、丞相理曹属・頴川太守・丞相法曹掾を歴任した。曹丕(文帝)が正式に魏を建国し即位すると、治書侍御史に任命され、関内侯に封じられた。その後、治書執法の官に転任し、黄初4年(223年)に廷尉へ昇進して、司法を担当した。この地位には、以後23年に渡り在任している。曹叡(明帝)が即位すると、延寿亭侯に封じられた。正始7年(246年)、太常に転任し、その10日後には司空に昇進した。その後、司徒に転任している。

嘉平元年(249年)に司馬懿曹爽を粛清した際には、皇太后の詔勅により召し出されて、仮節・行大将軍事に任命され、曹爽の陣営を占拠するという功績を立てた。これにより万歳郷侯に封じられた。曹髦(高貴郷公)が即位すると、安国侯に封じられ、さらに太尉を任された。曹奐(元帝)が即位すると、邑を加増されて4千戸となった。

景元4年(263年)死去した。享年90。孫が後継した。

物語中の高柔[編集]

小説『三国志演義』でも曹爽粛清の場面で登場し、史実同様の働きをしている。

参考文献[編集]