太尉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太尉(たいい)は、古代中国における官職名で、今風に言えば、軍事担当宰相であり、防衛大臣国防長官国防大臣などに相当する。主に文官が任命された。

及び前漢では三公の一つとして重要な役職であったが、『史記』や『漢書』を見る限りでは、丞相御史大夫と違い、常設されなかったようである。他の三公同様、自らの府を開いて(開府)属官を任命することが許されていた。

前漢の武帝建元2年(紀元前139年)に廃止された。『漢書』百官公卿表上によれば、その後は大司馬を冠した将軍が太尉に相当したようである。また、『漢書』黄覇伝によれば、太尉を廃止した後、武を休め文を興すためにその職務は丞相が兼ねるようにした、とされている。

後漢光武帝建武27年(51年)、大司馬が太尉と改称され、太尉は再び三公の一つとなった。三国時代もこれを継承し、賈詡鍾繇らが就任した。

関連項目[編集]