馬忠 (蜀漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馬忠
成都武侯祠の馬忠塑像(中央)
成都武侯祠の馬忠塑像(中央)
蜀漢
平尚書事・鎮南大将軍
出生 生年不詳
益州巴西郡閬中県
死去 延熙12年(249年
司隷河南郡
ピン音 Mǎ Zhōng
徳信
別名 狐篤(改名前)
主君 劉備劉禅

馬 忠(ば ちゅう、? - 249年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。蜀漢に仕えた。字は徳信益州巴西郡閬中県の出身。子は馬修。弟は馬恢。『三国志』蜀志に伝がある。

生涯[編集]

かつて母方の家で養われ、姓は狐、名は篤であった。後に馬忠と改めた。郡吏を務め、建安年間の末に孝廉で推挙され、漢昌県長となった。劉備夷陵の戦いで敗れた際、巴西太守閻芝が諸県の兵五千人を徴発して馬忠に率いさせ、援軍として派遣した。劉備は永安で馬忠に会い、劉巴に「黄権を失ったが、狐篤を得た」と言った。

建興元年(223年)、諸葛亮丞相府を開幕した時、馬忠を門下督とした。建興3年(225年)、諸葛亮が南中に至ると、馬忠を牂牁太守とした。朱褒の反乱を鎮圧した後、馬忠は威厳と慈しみをもって民の慰撫に勤めた。建興8年(230年)、召されて丞相参軍となり、蒋琬の副長吏となって留府の事務にあたった。このとき益州の治中従事を兼任した。建興9年(231年)、諸葛亮の祁山出征にあたり、馬忠は諸葛亮の下で軍事に携わった。祁山から戻ると張嶷らを率い、汶山郡で反乱した族を討った。

建興11年(233年)、南夷の豪帥であった劉胄が反乱した。庲降都督中国語版には、建興9年(231年)に李恢と交代して張翼が就任していたが(「李恢」伝)、張翼は厳格に法を執行しようとしたため、異民族の反発を買っていた(「張翼伝」)。朝廷は張翼を召還して馬忠に交代させた。張翼が軍備を前もって整えていたこともあり(「張翼伝」)、馬忠は劉胄を斬って南土を平定した。監軍・奮威将軍を加えられ、博陽亭侯に封ぜられた。かつて益州の郡では、太守が殺されたり捕えてに送られたりしていたので(「張裔伝」も参照)、前任の庲降都督は平穏な県に常駐していた。しかし馬忠は敢えて庁舎を奥地の県に移した。また張嶷を率いて越巂郡の失地を回復した。この功により安南将軍となり、彭郷亭侯に封ぜられた。

延熙5年(242年)、朝廷に召還され、ついで漢中に駐屯していた蒋琬へ詔を伝えた。馬忠は鎮南大将軍を拝命した。延熙7年(244年)、費禕軍の攻撃を防戦するにあたり、馬忠は成都に留まり平尚書事に就任した。費禕が帰還すると、馬忠はまた南方に派遣された。延熙12年(249年)、死去した。

子が跡を継いだ。弟の子であった馬義は、西晋代に建寧太守となっている。また、『晋書陶璜伝によると、「巴西の馬融」が交趾太守に任命されているが、馬融と馬忠の血縁関係は不明である。

馬忠は人となり寛大で公正、度量があり、戯言に大笑するが怒りは顔に出さなかった。決断力に富み、恩威を並び施したため、任地の住民から畏敬された。馬忠が亡くなると住民は涙を流して哀しみ、馬忠の廟を立てて祭った。庲降都督は張表閻宇が後任となったが、風格や功績の点ではいずれも馬忠には及ばなかった。

物語の中の馬忠[編集]

小説『三国志演義』では、南蛮戦で登場し活躍している。祝融との一騎討ちで飛刀を受け負傷し、張嶷と共に祝融に生け捕られる。だが、その後に魏延が祝融を捕らえたため、人質交換により諸葛亮の陣へと戻されている。また北伐の際に諸葛亮の指示に従い、弩の伏兵を用い魏の張郃を射殺するという大功を挙げたことになっている。