ブン山郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「汶山郡」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

汶山郡(ぶんざん-ぐん)は、中国にかつて存在した文山郡とも書かれた。漢代から隋代にかけて、現在の四川省北部に設置された。

概要[編集]

紀元前111年元鼎6年)、漢の武帝が冉駹の首長を殺害し、その地に文山郡を立てた[1]紀元前67年地節3年)、文山郡は廃止され、蜀郡に併合された[2]

後漢の末年、劉備を平定すると、蜀郡北部の地を汶山郡と改めて、陳震を汶山太守とした[3]

231年建興9年)、蜀漢馬忠張嶷らを率いて汶山郡で反抗するを討った[4]

のとき、汶山郡は汶山・升遷・都安・広陽・興楽・平康・蠶陵・広柔の8県を管轄した[5]

南朝宋のとき、汶山郡は都安・晏官の2県を管轄した[6]

南朝斉のとき、汶山郡は都安・斉基・晏官の3県を管轄した[7]

北周のとき、汶州が置かれ、汶山郡は汶州に属した。

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、汶山郡は廃止されて、蜀州に編入された。まもなく会州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、会州は汶山郡と改称された。汶山郡は汶山・北川・汶川・交川・通化・左封・平康・翼水・翼針・江源・通軌の11県を管轄した[8]

618年武徳元年)、により汶山郡は会州と改められ、汶山郡の呼称は姿を消した[9]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』武帝紀および西南夷伝
  2. ^ 『漢書』宣帝紀
  3. ^ 三国志』蜀書陳震伝
  4. ^ 『三国志』蜀書馬忠伝
  5. ^ 晋書』地理志上
  6. ^ 宋書』州郡志四
  7. ^ 南斉書』州郡志下
  8. ^ 隋書』地理志上
  9. ^ 旧唐書』地理志四