温恢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

温 恢(おん かい、181年? - 225年?)は、中国後漢末期から三国時代の武将・政治家。曼基并州太原郡祁県の人。父は温恕(涿太守)。子は温生(嫡子)。 

略歴[編集]

豪族の家に生まれたが、15歳の時に父を亡くした。その時は亡父の棺を守りながら、故郷に帰ったという。財産家であったが、乱世なのだから財産を持っていてもどうなるか分からないと言い、親族に亡父が遺した財産をすべて分与したという。そのことが評価されて孝廉に推挙され、郎中となった。間もなく、廩丘(りんきゅう)県令として赴任し治績を挙げた。以降も鄢陵県令・広川県令・彭城・魯国相など地方官を歴任し、曹操の評価を受け召還されて、丞相主簿に任じられた。

208年劉馥が死去すると、その後任として揚州刺史となり、再び地方に赴任した。曹操から丹陽太守だった蒋済(揚州出身)を補佐として付けられ、合肥の守将張遼楽進と相談し事に当たるよう、言い含められた。

219年孫権率いる軍勢が合肥に侵攻した。温恢は兗州刺史の裴潜に対し、揚州方面よりも関羽がいる荊州方面を警戒すべきと忠告した。温恢は「川が増水しているのに、曹仁殿は城中に孤立し、危険に備えておられない。勇猛な関羽が利に乗じて攻めてくれば、災難を引き起こすだろう」と語っている。関羽は曹仁が守る樊城を攻撃し、于禁を捕虜とした。この時、裴潜と豫州刺史の呂貢に対し、援軍として赴くよう詔勅が出たが、温恢は「すぐに襄陽方面への出兵命令が出るだろうから、そちらに備えるべき」と忠告した。裴潜は輜重を置いて軽装兵で出発することにしたが、温恢の予想があたったため、面目を保つことができた。

220年曹丕(文帝)の代になると再び召還され、侍中に昇進した。やがて魏郡太守に任命された。

数年後、涼州刺史・持節領護羌校尉として赴任するも、その途中で病に臥せてしまい、45歳で逝去した。

やがて嫡子が関内侯に封じられたが、早世したためいったん家系が断絶したという。後年に、その弟である温恭が関内侯に封じられ、亡兄の後を継いだという。

また温恢の友人の一人だった孟建(諸葛亮の親友)は、後任の刺史として涼州に赴任した時、温恢のことを懐古し「彼は優れた政治家だった」と評価したという。

親族[編集]

[編集]

[編集]

温恭の子
その他三人の男子

曾孫[編集]

温羨の子
温憺の子

玄孫[編集]

温嶠の子
  • 温放之
  • 温式之