コンテンツにスキップ

郭淮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郭淮

車騎将軍・陽曲侯
出生 不詳
并州太原郡陽曲県
死去 正元2年(255年
拼音 Guō Huái
伯済
諡号 貞侯
主君 曹操曹丕曹叡曹芳
テンプレートを表示

郭 淮(かく わい、? - 255年)は、中国後漢末期から三国時代の武将・政治家。に仕えた。『三国志』魏志「満田牽郭伝」に伝がある。伯済并州太原郡陽曲県の人。祖父は郭全。父は郭縕。弟は郭配(字は仲南、賈充裴秀の妻の父)・郭彰(字は叔武)・郭鎮(字は季南)。子は郭統ら少なくとも5人。孫は郭正。甥は郭奕郭嘉の息子の郭奕とは別人)。姪は郭槐賈南風の母)。

生涯

[編集]

建安年間(196年 - 220年)に孝廉で推挙され、平原の丞となった[1]

曹丕五官将になると、郭淮は召し出され門下賊曹に加えられたが、間もなく曹操へ付き漢中征伐に随行した。漢中制圧後は夏侯淵の司馬としてその地に残り、ともに劉備に備えたが、劉備軍侵攻の際は病気で参戦していなかった[2]

219年定軍山の戦いで夏侯淵が討たれると軍内は混乱したが、郭淮は混乱する兵士を取りまとめ、杜襲と協力して張郃に司令官を代行させ、機略でもって劉備の侵攻を防いだ。曹操は漢中に到着すると大いに感心し、張郃に仮節し漢中駐留軍の司令官とした上で、郭淮をその司馬に任じた[3]

220年、曹丕が王位についた時、郭淮は関内侯の爵位を与えられ、鎮西長史(曹真の長史)に転任した。このとき、征羌護軍も兼任し張郃・楊秋を監督した。周辺の賊を討伐し、関中に平和をもたらし、民衆を安んじた[4]

同年、曹丕(文帝)が帝位に就くと祝賀に出向いたが、彼は都へ向かう途上で病気に罹ったため、道のりと日数を計算した上で療養に努めた。しかし、既に彼が参内した頃には祝宴が行われていたため、曹丕は彼を咎めた。古の例を取って非難する曹丕に対し、郭淮はそれを逆手にとって弁明した。そのためかえって曹丕に気に入られ、仮の雍州刺史に任命され、5年後に正式な雍州刺史となった。何度も族らの反乱を鎮圧したため、降伏者がよく訪れてきたという。予め相手の親族関係などを調査してから面会したため、心を掴んだ[5]

228年蜀漢軍が祁山に侵攻すると、郭淮は緊急事態を察知して上邽に馳せ還った(「姜維伝が引く『魏略』」)。諸葛亮は街亭に馬謖を派遣し、列柳に高翔を駐屯させたが、張郃が馬謖を、郭淮が高翔を攻め、これを破った(街亭の戦い)。更に隴西郡の羌族の名家を枹罕で破り、建威将軍に任命された[6]

229年、蜀の陳式武都陰平を攻撃してきた。迎撃に出たが、諸葛亮自ら建威に出陣してきたため敗れ、両郡を奪われた(「諸葛亮伝」)[7]

230年、蜀の魏延が羌中に侵攻してきた。費耀と迎撃に出たが陽谿で敗れた(「魏延伝」)[8]

231年、諸葛亮が鹵城に攻めてきた(祁山の戦い)。曹真に代わって指揮官となった司馬懿の下、戴陵や費耀とともに上邽で諸葛亮を迎撃したが敗れた(「諸葛亮伝」が引く『漢晋春秋』)[9]。この時、兵糧不足に苦しめられたが、羌族を手懐け兵糧を提供させた。揚武将軍に任命された[10]

234年、斜谷に攻めてきた諸葛亮は蘭坑で屯田を始めた。長安方面への攻撃計画を見破り、迎撃して防衛に貢献した。次に諸葛亮が西方に軍を進めると、陽遂が攻撃されると予想し、再びこれを防いだ[11]

238年、蜀の廖化が守善羌侯の宕蕈を攻撃したため、王贇・游奕に廖化を挟撃させた。郭淮の上奏を受けた曹叡(明帝)は「軍隊の配置は分離を避けるもの」として急ぎ詔勅を下したが、それが届く前に王贇・游奕は廖化に敗れた(「明帝紀」)[12]

240年、蜀の姜維が隴西に侵攻してきたが、これを防いだ。羌族の迷当を攻撃し、さらに族3000余部を降参させ関中に強制移住させた。その功績で左将軍に昇進した。涼州の休屠胡である梁元碧が雍州に帰順したので、郭淮は安定郡高平に移住させることを要請し、彼らのために西州都尉の職を設置するよう取り計らった。後に前将軍へ転任となったが、州の宰領は元通り執り行なった[13]

244年曹爽が蜀征伐の軍を起こすと、郭淮も夏侯玄の下で先鋒として従軍したが、形勢不利を覚った郭淮はいち早く味方の軍を脱出させたため、大敗させずに済んだ(興勢の役)。帰還後、仮節された[14]

247年から248年隴西南安金城西平にいた羌族の長達が大規模な反乱を起こし、姜維は蛾遮塞治無戴といった羌族と手を結び魏に侵攻した。姜維は為翅に駐屯していた夏侯覇を攻撃しようとしたが、郭淮がそれを読んで救援に来たため、姜維はすぐに撤退した。その後郭淮は諸軍を率いて羌族と戦い、反乱軍を大いに撃破した。敗れた治無戴・白虎文らは蜀に降伏を申し入れた為、これを迎えるため再び姜維・廖化らが出撃した。諸将が郭淮の、軍を分けて廖化を攻めるべきという判断に反対したが、郭淮はそれらの反対を退け廖化を攻撃し、また夏侯覇を姜維に当たらせた。結果、郭淮の読み通り姜維は廖化救援のために軍を引き返した。しかし姜維に郭淮と夏侯覇の軍は撃破され(華陽国志・劉後主志)、姜維らは治無戴らを迎えた上で蜀に帰還している[15]。都郷侯に昇進した[16]

249年、夏侯玄に代わって征西将軍・都督雍涼州諸軍事となり、対蜀軍戦線の総司令官にまで昇りつめた。このため、以前より不仲だった夏侯覇は不安を覚え、蜀に亡命したという(「諸夏侯曹伝」が引く『魏略』)。陳泰と協力し、蜀の句安らを降参させた[17]

250年には、長年の功績を賞され、車騎将軍・儀同三司に昇進し、引き続き都督雍涼諸軍事を兼務した。陽曲侯に封じられ、領邑は2780戸となった。その内の300戸が分割され、一子が亭侯に採り立てられた[18]

251年王淩が皇帝廃立を目論んでいたことで司馬懿に討伐され、自害に追い込まれた(王淩の乱)。郭淮の妻が王淩の妹であったため、妻は罪人として中央に赴くよう要請されてしまった。郭淮の配下や周辺の部族長が、挙って郭淮の下へ押し寄せ助命を嘆願したが、郭淮は聞き入れなかった。妻が雍州を離れることになった際、子供たちが額から血を流すほどに叩頭して請願したため、郭淮はそれを見過ごすに忍びず、妻を取り返した。また、この件を司馬懿に言上し「子供らは母親を哀んでおり、もし母親を失えば彼らも自害するでしょう。そして子供らが亡くなれば、私もまたいないことになります。故に妻を取り返してしまいました。これが法上許されないのであれば、私も然るべき罪に服す所存でございます」と述べた。司馬懿はその言を受け、彼らの罪を不問とした(『世語』)[19]

255年死去、享年不明。大将軍を追贈され、貞侯され子が跡を継いだ[20]。郭淮の一族は、晋代にはそれぞれ高官に昇ったという[21]

小説『三国志演義』での生涯

[編集]

三国志演義[22]では、蜀漢諸葛亮が領内に侵攻して来ると(街亭の戦い)、曹真に推挙されて副都督として祁山に拠った諸葛亮に対抗した。

郭淮は曹真の軍師である王朗の死に乗じて蜀軍が夜襲をに来ることを予測するが、夜襲をして来た蜀軍に敗れた。そのため、態勢が立て直るまで羌族に蜀軍を背後を攻撃させることを進言した。

228年司馬懿街亭の戦い馬謖を破ると、功績の独占をおそれ列柳城を取ろうとするが、司馬懿に先を越された。また、蜀軍にも撃退され、長安に止まった。

231年、またも祁山に出た諸葛亮を曹真と共に迎え討つが敗れた。また、孫礼と共に司馬懿の作戦に参加するが、ここでも敗れ、雍城郿城を守った。

蜀軍が持久戦のため鹵城で麦を刈り取っていることを司馬懿に報告し、蜀軍を追撃するが、諸葛亮の計略により敗退する。また、諸葛亮が開発した、木牛流馬の仕掛けを知らず、食糧を奪われた。

255年、鉄籠山で姜維に包囲された司馬昭を救うため出陣し、敵将を捕らえたが、姜維が射った矢に当たって討死した。

脚注

[編集]
  1. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 建安中舉孝廉,除平原府丞。
  2. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 文帝爲五官將,召淮署爲門下賊曹,轉爲丞相兵曹議令史,從征漢中。太祖還,留征西將軍夏侯淵拒劉備,以淮爲淵司馬。淵與備戰,淮時有疾不出。
  3. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 淵遇害,軍中擾擾,淮收散卒,推盪寇將軍張郃爲軍主,諸營乃定。其明日,備欲渡漢水來攻。諸將議衆寡不敵,備便乘勝,欲依水爲陣以拒之。淮曰:「此示弱而不足挫敵,非筭也。不如遠水爲陣,引而致之,半濟而後擊,備可破也。」旣陣,備疑不渡,淮遂堅守,示無還心。以狀聞,太祖善之,假郃節,復以淮爲司馬。
  4. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 文帝即王位,賜爵關內侯,轉爲鎮西長史。又行征羌護軍,護左將軍張郃、冠軍將軍楊秋討山賊鄭甘、盧水叛胡,皆破平之。關中始定,民得安業。
  5. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 黃初元年,奉使賀文帝踐阼,而道路得疾,故計遠近爲稽留。及群臣歡會,帝正色責之曰:「昔禹會諸侯於塗山,防風後至,便行大戮。今溥天同慶而卿最留遲,何也?」淮對曰:「臣聞五帝先教導民以德,夏后政衰,始用刑辟。今臣遭唐虞之世,是以自知免於防風之誅也。」帝恱之,擢領雍州刺史,封射陽亭侯,五年爲真。安定羗大帥辟蹏反,討破降之。每羌、胡來降,淮輙先使人推問其親理,男女多少,年歲長幼;及見,一二知其款曲,訊問周至,咸稱神明。
  6. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 太和二年,蜀相諸葛亮出祁山,遣將軍馬謖至街亭,高詳屯列柳城。張郃擊謖,淮攻詳營,皆破之。又破隴西名羌唐蹏於枹罕,加建威將軍。五年,蜀出鹵城。是時,隴右無穀,議欲關中大運,淮以威恩撫循羌、胡,家使出穀,平其輸調,軍食用足,轉揚武將軍。
  7. ^ ウィキソース出典 蜀書五 諸葛亮傳 (中国語), 三國志/卷35#諸葛亮, ウィキソースより閲覧。  - (建興)七年,亮遣陳式攻武都、陰平。魏雍州剌史郭淮率眾欲擊式,亮自出至建威,淮退還,遂平二郡。
  8. ^ ウィキソース出典 蜀書十 劉彭廖李劉魏楊傳 (中国語), 三國志/卷40#魏延, ウィキソースより閲覧。  - (建興)八年,使延西入羌中,魏後將軍費瑤、雍州刺史郭淮與延戰於陽谿,延大破淮等,
  9. ^ ウィキソース出典 蜀書五 諸葛亮傳 (中国語), 三國志/卷35#諸葛亮, ウィキソースより閲覧。  - (建興)九年,亮復出祁山,以木牛運,〈《漢晉春秋》曰:亮圍祁山,招鮮卑軻比能,比能等至故北地石城以應亮。於是魏大司馬曹真有疾,司馬宣王自荊州入朝,魏明帝曰:「西方事重,非君莫可付者。」乃使西屯長安,督張郃、費曜、戴陵、郭淮等。宣王使曜、陵留精兵四千守上邽,餘眾悉出,西救祁山。郃欲分兵駐雍、郿,宣王曰:「料前軍能獨當之者,將軍言是也;若不能當而分為前後,此楚之三軍所以為黥布禽也。」遂進。亮分兵留攻,自逆宣王於上邽。郭淮、費曜等徼亮,亮破之,
  10. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - (太和)五年,蜀出鹵城。是時,隴右無穀,議欲關中大運,淮以威恩撫循羌、胡,家使出穀,平其輸調,軍食用足,轉揚武將軍。
  11. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 青龍二年,諸葛亮出斜谷,並田于蘭坑。是時司馬宣王屯渭南;淮策亮必爭北原,宜先據之,議者多謂不然。淮曰:「若亮跨渭登原,連兵北山,隔絕隴道,搖盪民、夷,此非國之利也。」宣王善之,淮遂屯北原。塹壘未成,蜀兵大至,淮逆擊之。後數日,亮盛兵西行,諸將皆謂欲攻西圍,淮獨以爲此見形於西,欲使官兵重應之,必攻陽遂耳。其夜果攻陽遂,有備不得上。
  12. ^ ウィキソース出典 魏書·明帝紀 (中国語), 三國志/卷03, ウィキソースより閲覧。  - 《魏書》曰:九月,蜀陰平太守廖惇反,攻守善羌侯宕蕈營。雍州刺史郭淮遣廣魏太守王贇、南安太守游弈將兵討惇。淮上書:「贇、弈等分兵夾山東西,圍落賊表,破在旦夕。」帝曰:「兵勢惡離。」促詔淮勑弈諸別營非要處者,還令據便地。詔勑未到,弈軍爲惇所破;贇爲流矢所中死。
  13. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 正始元年,蜀將姜維出隴西。淮遂進軍,追至彊中,維退,遂討羌迷當等,案撫柔氐三千餘落,拔徙以實關中。遷左將軍。涼州休屠胡梁元碧等,率種落二千餘家附雍州。淮奏請使居安定之高平,爲民保鄣,其後因置西川都尉。轉拜前將軍,領州如故。
  14. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 五年,夏侯玄伐蜀,淮督諸軍爲前鋒。淮度勢不利,輙拔軍出,故不大敗。還假淮節。
  15. ^ 三国志にはどちらが戦勝したという記載はなく、姜維が白虎文や治無戴らを救援して帰還したことのみ書かれている
  16. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 八年,隴西、南安、金城、西平諸羌餓何、燒戈、伐同、蛾遮塞等相結叛亂,攻圍城邑,南招蜀兵,涼州名胡治無戴復叛應之。討蜀護軍夏侯霸督諸軍屯爲翅。淮軍始到狄道,議者僉謂宜先討定枹罕,內平惡羌,外折賊謀。淮策維必來攻霸,遂入渢中,轉南迎霸。維果攻爲翅,會淮軍適至,維遁退。進討叛羌,斬餓何、燒戈,降服者萬餘落。九年,遮塞等屯河關、白土故城,據河拒軍。淮見形上流,密於下渡兵據白土城,擊,大破之。治無戴圍武威,家屬留在西海。淮進軍趨西海,欲掩取其累重,會無戴折還,與戰於龍夷之北,破走之。令居惡虜在石頭山之西,當大道止,斷絕王使。淮還過討,大破之。姜維出石營,從彊川,乃西迎治無戴,留陰平太守廖化於成重山築城,斂破羌保質。淮欲分兵取之。諸將以維衆西接彊胡,化以據險,分軍兩持,兵勢轉弱,進不制維,退不拔化,非計也,不如合而俱西,及胡、蜀未接,絕其內外,此伐交之兵也。淮曰:「今往取化,出賊不意,維必狼顧。比維自致,足以定化,且使維疲於奔命。兵不遠西,而胡交自離,此一舉而兩全之策也。」乃別遣夏侯霸等追維於沓中,淮自率諸軍就攻化等。維果馳還救化,皆如淮計。進封都鄉侯。
  17. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 嘉平元年,遷征西將軍,都督雍、涼諸軍事。是歲,與雍州刺史陳泰恊策,降蜀牙門將句安等於翅上。
  18. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 二年,詔曰:「昔漢川之役,幾至傾覆。淮臨危濟難,功書王府。在關右三十餘年,外征寇虜,內綏民夷。比歲以來,摧破廖化,禽虜句安,功績顯著,朕甚嘉之。今以淮爲車騎將軍、儀同三司,持節、都督如故。」進封陽曲侯,邑凡二千七百八十戶,分三百戶,封一子亭侯。
  19. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 《世語》曰:淮妻,王淩之妹。淩誅,妹當從坐,御史往收。督將及羌、胡渠帥數千人叩頭請淮表留妻,淮不從。妻上道,莫不流涕,人人扼腕,欲劫留之。淮五子叩頭流血請淮,淮不忍視,乃命左右追妻。於是追者數千騎,數日而還。淮以書白司馬宣王曰:「五子哀母,不惜其身;若無其母,是無五子;無五子,亦無淮也。今輒追還,若於法未通,當受罪於主者,覲展在近。」書至,宣王亦宥之。
  20. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 正元二年薨,追贈大將軍,謚曰貞侯。子統嗣。統官至荊州刺史,薨。子正嗣。咸熈中,開建五等,以淮著勳前朝,改封汾陽子。
  21. ^ ウィキソース出典 魏書 二十六 滿田牽郭傳 (中国語), 三國志/卷26#郭淮, ウィキソースより閲覧。  - 《晉諸公贊》曰:淮弟配,字仲南,有重名,位至城陽太守。裴秀、賈充皆配女壻。子展,字泰舒。有器度幹用,歷職著績,終於太僕。次弟豫,字泰寧,相國參軍,知名,早卒。女適王衍。配弟鎮,字季南,謁者僕射。鎮子弈,字泰業。山濤啟事稱弈高簡有雅量,歷位雍州刺史、尚書。
  22. ^ 三国志演義事典. 株式会社大修館書店. (2019年7月20日) 

参考文献

[編集]
  • 小説三国志演義
  • 三国志演義事典
  • 郭淮伝

関連項目

[編集]